« 明けましてお目出度うございます | トップページ | 前進座劇場ファイナル公演「三人吉三巴白浪」(2013/1/4) »

2013/01/03

鈴本正月初席(2013/1/2)

新年の2日、鈴本演芸場正月初席第三部へ。
鈴本の初席は久々で何年ぶりだろうか。正月の寄席はじっくり噺を聴くというよりは雰囲気を楽しむのが目的。
小三冶がトリを取る第三部は立見の出る盛況。
因みに鈴本は3部構成でトリがそれぞれ、①圓歌 ②正蔵 ③小三冶。
落語協会の他の寄席をみると、浅草演芸ホールは4部構成(WOW!)で、①木久扇 ②小朝 ③圓歌 ④金馬。
東洋館は3部構成で、①木久扇 ②馬風 ③圓歌。
トリの顔ぶれにもそれぞれの寄席の個性が感じられる。
そういえば小朝は鈴本にめったに出ないが、何か理由があるのかしらん。 

<  番組  >
三増紋之助「曲独楽」
蝶花楼馬楽「しわいや(序)」と踊り
昭和のいる・こいる「漫才」
三遊亭歌奴「初天神」
伊藤夢葉「奇術」
林家正雀「紀州」と踊り
桃月庵白酒「ざる屋」
柳家紫文「三味線漫談」  
柳家さん喬「時そば」
~お仲入り~ 
太神楽社中「壽獅子」  
柳亭燕路「堀之内」
柳家権太楼「漫談」
柳亭市馬「山号寺号」
林家正楽「紙切り」
柳家小三治「金明竹」

正月の寄席というのは鈴本の場合でトリと中トリを除けば一人数分、それでも他の寄席に比べれば未だ長いほうだ。その短い時間でいかに高座をまとめアピールできるか、これも芸人の腕の見せどころだ。
馬楽や正雀のように噺はさっと切り上げ得意の踊りを見せる人もいれば、歌奴、白酒、燕路、市馬のように短縮版ながらネタを1席伺う人もいる。
時間が短いだけに余計なマクラを振らず、ネタもスピーディで普段より却ってこういう方が良いと思える程だ。
例えば白酒「ざる屋」、大師匠の十八番を5分程度で演じたが手際よくまとめ楽しませてくれた。
市馬「山号寺号」はほぼフルバージョンといって良い。この日の顔づけに引っ掛けて「噺家さん小三冶」「白酒さん肥満児」といった即興のサービス付きで誠に結構でした。
さん喬「時そば」は実は初見。喬太郎では何度も見ているのだが。そうか、喬太郎のは師匠ソックリだったのかって、当たり前だね。さん喬というと人情噺を連想するが、私はむしろこうした滑稽噺にこそこの人の良さを感じるのだ。
この日の番組で画竜点睛を欠く感があったのは権太楼。正月だから漫談は良しとしても、もうチョット何とかならなかったか。10月に半月板を損傷したとあり、体調もヨロシクなかったのかも知れないけど。

トリの小三治は「金明竹」のフルバージョン。これは望外。
なにせ一番の聴かせどころが「言い立て」なので、滑舌が低下しがちなベテランは避ける傾向がある。圓生や志ん生といった名人の録音も残されているが、圓生は「言い立て」のリズムが悪くて珍しくこの人にしては不出来。志ん生は自信が無かったのか「言い立て」前で切っている。前座噺と思われがちだが難物なのだ。
前半の猫を借りに来る場面で、「鼠を追いこんで」という所を「猫を追いこんで」と多分言い間違えたのだと思うが、咄嗟の機転で切り抜けていた。
「言い立て」はさすがに若手に比べてはユックリ目ではあったが、4回の繰り返し。
小僧と女将さんの惚けた味に小三冶らしさが出ていた。
ともかくこの日の客は小三治の「金明竹」を聴けて満足といった所ではなかろうか。

先ずは今年最初の滑り出しは順調といったところ。

|

« 明けましてお目出度うございます | トップページ | 前進座劇場ファイナル公演「三人吉三巴白浪」(2013/1/4) »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

さん喬は滑稽噺、に賛成です。
「ツル」「弥次郎」などをやる人がいなかったのですか。初席の定番なのになあ。

投稿: 佐平次 | 2013/01/03 11:52

佐平次様
「つる」を演るとしたら白酒だったでしょうが、こちらも目出度いネタで「ざる屋」を選んだようです。他に踊りはいずれも初春に因んだもので初席らしい雰囲気を醸し出していました。

投稿: HOME-9(ほめ・く) | 2013/01/03 16:54

あけましておめでとうございます。初席は独特の雰囲気でいいですね。市馬の「山号寺号」は以前に聞いたことがあります。清子さん水前寺などと言っていました。それにしても白酒には少しばかり可愛そうな感じ・・・市馬はTBS落語研究会で「七段目」を演っていましたが、芝居の台詞が巧みで感服しました。

投稿: 福 | 2013/01/05 07:56

鈴本から始まりましたね。
白酒のネタは、お家芸!
小三治の『金明竹』は良かったようですね。
私はこれから小田原に出向き、三三で今年も落語初めです。
権太楼が客演です。まさか漫談ではないと思います^^

投稿: 小言幸兵衛 | 2013/01/05 09:23

福様
おめでとうございます。
「清子さん水前寺」、やってました。
市馬の「七段目」は芝居のセリフも仕種も良いですね。このネタは市馬が一番。

投稿: HOME-9(ほめ・く) | 2013/01/05 10:19

小言幸兵衛様
この日は小三治の『金明竹』が全てでした。
私はこれから夕方、横浜にぎわい座です。

投稿: HOME-9(ほめ・く) | 2013/01/05 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/56457297

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴本正月初席(2013/1/2):

« 明けましてお目出度うございます | トップページ | 前進座劇場ファイナル公演「三人吉三巴白浪」(2013/1/4) »