« #1立川談春一門会(2013/2/8) | トップページ | 「生きてることの素晴らしさ」を学ぶ »

2013/02/10

上野「ぼたん苑」

2月9日、上野東照宮で1月から2月中旬まで開かれている「ぼたん苑」を鑑賞。
ガラにもない所へ行ったのは、妻から同行を求められてのこと。「牛にひかれて」ナントヤラです。
どうも草花にはあまり興味がなく無粋な性格なもんで、しょっちゅう叱られている。
上野には頻繁に行ってるのに、そういえば東照宮という所を訪れてことがないなぁと思い立ち、今回付き合った次第。
冬の牡丹(寒牡丹)というのは新春を祝う花だそうで、雪よけのワラ囲いの中に寒さに耐えながら咲くという。健気なんですね。
この「ぼたん苑」には600本の牡丹が咲いているそうで、季節が遅くなってしまい盛りが過ぎていたのが残念だが、それなりに美しい。
場所は動物園の脇で、ここが入り口付近。
Imgp1002

以下、牡丹の画像の数々を紹介します。
Imgp1013

Imgp1016

Imgp1023

Imgp1025

Imgp1030

Imgp1032

Imgp1035

Imgp1040

Imgp1042

Imgp1050

Imgp1053

Imgp1059

これは「木賊(とくさ)」で初めて見た。
良く落語で色白の美女を「雪に鉋をかけ木賊で磨いたような」という形容をするが、その木賊。
Imgp1052

ぼたん苑を出て、東照宮の社殿だと思って近寄ったらただいま工事中。
なんのことはない、工事のパネルに実物大の絵が描かれていたのだ。
まるで落語の「だくだく(書割盗っ人)」だね。
Imgp1062

これが五重塔。こっちは本物。
Imgp1063

「銭湯で上野の花の噂かな」の季節には、もう一度公園内をゆっくり回ってみようと思った。
気が変わらなければの話だが。

|

« #1立川談春一門会(2013/2/8) | トップページ | 「生きてることの素晴らしさ」を学ぶ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

どうしようかなあ、このブログで行ったつもりになるか、久しぶりに行くか。

投稿: 佐平次 | 2013/02/11 09:31

佐平次様
全体として私同様、盛りを過ぎておりました。
もう少し早く行けば良かったと思っています。

投稿: HOME-9(ほめ・く) | 2013/02/11 09:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/56734571

この記事へのトラックバック一覧です: 上野「ぼたん苑」:

« #1立川談春一門会(2013/2/8) | トップページ | 「生きてることの素晴らしさ」を学ぶ »