« やはり【4月28日】は屈辱の日だ | トップページ | #20「続・志らく百席」(2013/5/1) »

2013/04/29

立川流落語会・楽日(2013/4/28)

4月26-28日の3日間、国立演芸場で行われた「立川流落語会」、その楽日の28日に出向く。
今回は「立川流真打昇進披露」という趣向。3人のうち談修は談志最後の門下生真打。こしら、志ら乃は志らく門下なので初の孫弟子真打となる。
ふだん寄席に出ない立川流をまとめて聴ける会なので、毎年来ている。本当は3日間通しで聴きたいのだが、人気が高くチケットが取れない。

前座・立川がじら「かぼちゃ屋」
<  番組  >
泉水亭錦魚「大安売り」
立川談慶「洒落小町」
立川談幸「高砂や」
立川談春「三人旅・おしくら」
―仲入り―
立川流真打昇進披露口上「談修、こしら、志ら乃」
立川雲水「看板のピン」
立川左談次「町内の若い衆」
柳家小菊「粋曲」
立川志ら乃「五貫裁き」

前座の「がじら」、志らくの11番目の弟子だとか。志らくの弟子の数だけ突出しているのは、もしかして多数派工作か。喋りはしっかりしている。
錦魚「大安売り」、小咄みたいなネタでは実力は測れなかった。
談慶「洒落小町」、ワコールから落語家へ、ということは「ブラ」が「フラ」ということか。
いつもの談志入院時の筆談エピソードで沸かせた後そのまま突っ走る。何よりテンポが良かったし、お松さんの洒落も下らないが面白く、良い出来だった。
談幸「高砂や」、本寸法の高座でまことに結構、こういうネタで実力が分かる。

談春「おしくら」
落語の「三人旅」には色々なエピソードがあるが、その内の一つ。普段あまり高座に掛からないものだ。
上方では「浮かれの尼買い」というタイトルだそうで、そのものズバリ。
伊勢参りの三人の男が、中山道で馬子に勧められた宿に着く。宿の主がお婆ちゃんで、客そっちのけで世間話に興じる。ここが最初の見せ場。
一風呂浴びて酒が入ると、そこは男同士の旅先のお楽しみ、宿場女郎をリクエスト。これが「おしくら」。
この辺りの宿では飯盛り女が夜になれば女郎、処がこの日は女が二人だけ。それじゃ男が一人あぶれてしまうので、もう一人何とか頼むと、元は江戸で芸者をしていた年増がいると。
そいつは好都合と飛びついてみたら・・・。結果は御想像にお任せする。
ストーリーとしては他愛ないもので、専ら演者の話芸だけで聴かせるネタだ。
こういう会では、やはり談春は格の違いを見せつける。
先ず、人物の演じ分けが上手い。女たちが個性的でありながら揃って可愛らしく見える。短いながら談春の実力を披歴した一席。

真打昇進披露口上「談修、こしら、志ら乃」、談春の司会に左談次、二人の師匠・志らくという顔ぶれ。志らくによれば談修は本格派、志ら乃は師匠の芸風を受け継ぎ、こしらは林家だとか。
雲水「看板のピン」、このネタの上方バージョンは初めてだったが、東京とはだいぶ違う。東京では賽子は「チョボイチ」だが、上方は「ほんびき」。隠居が使う賽は必ず五の目が出るイカサマ。東京の隠居は若者に博打をするなと説教を垂れるが、上方の隠居はイカサマを道具に使いひと儲けするという設定。これはこれで面白い。
左談次「町内の若い衆」、短縮版だったが軽く沸かせた。
小菊「粋曲」、女性の色気ってぇのは年齢とは無関係だと、しみじみ知る。

志ら乃「五貫裁き」
結論からいうと、不出来の一言。稽古不足なのか、前日の披露パーティの疲れなのか、その他の理由なのかは分からないけど。
先ず、リズムが悪い。途中に入る「エー」が多すぎるのと、セリフと説明の間の継ぎ目が良くない。だから聴いてる方が乗っていけないのだ。
一番悪いのは、人物の演じ分けが出来ていなかったこと。セリフを聴いても、いま誰が喋っているのかが分からない。
このての噺は人物の演じ分けが基本だ。

全体としては良かったが、終わりが締まらなかったのは残念。

|

« やはり【4月28日】は屈辱の日だ | トップページ | #20「続・志らく百席」(2013/5/1) »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

入手しがたいチケットでしようね。
私も来年は挑戦してみようかな。

投稿: 佐平次 | 2013/04/29 11:14

佐平次様
1日目が志らくと談笑、2日目が志の輔、3日目が談春と、敵もなかなか考えています。
でも毎年1日は取れていますから、それ程難しいことでも無いんですが。

投稿: HOME-9(ほめ・く) | 2013/04/29 11:47

談幸を認めて下さって、とてもうれしいです。気働きが出来て、談志が最も信頼した弟子と言われています。
立川流は談志の古い弟子に人材あり、と思っております。

投稿: 福 | 2013/04/30 07:08

福様
立川流より以前に入門した人たちは寄席を経験しており、師匠以外の先輩の高座を観ています。古い人たちはそうした雰囲気をどこか残していると、そう感じます。

投稿: HOME-9(ほめ・く) | 2013/04/30 09:39

わたくしも立ち見で見ていましたが、ほぼ同じ感想です。
左談次さんファンのわたくしとしては、全体を見ながらバランスを取っていたを左談次さんが軽く見られてしまったのは残念ですが、納得の感想です。志ら乃さんは志の輔みたいに状況説明がうまければ話にのめり込めたと思います。
それにしても、談春さんと志らくさんの関係はわかりませんね。仲が良いのか悪いのか。

投稿: | 2013/04/30 21:07

上様(出来たら何かお名前を入れて下さい)
左談次を軽く見たわけではありません。「軽く沸かせた」のですから、役割は十分果たしたのです。
談春と志らくはじゃれ合っていましたね。きっと仲が良いのでしょう。
高座でも志らくはよく談春の名前を出しますが、談春が志らくについて語ったのを聴いたことがありません。その辺りに二人の距離感を感じます。

投稿: HOME-9(ほめ・く) | 2013/04/30 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/57269334

この記事へのトラックバック一覧です: 立川流落語会・楽日(2013/4/28):

« やはり【4月28日】は屈辱の日だ | トップページ | #20「続・志らく百席」(2013/5/1) »