フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 「イーハトーボの劇列車」(2013/10/9) | トップページ | 国立演芸場10月中席(2013/10/12) »

2013/10/11

ストーカー心理って、どうも分からん

♪惚れた数からふられた数を 引けば女房が残るだけ♪
ってぇ都々逸があるが、上手いことを言ったもんだ。
アタシの人生など正にこの通りなので、ついつい苦笑してしまう。

今まで付き合った女性はなぜか皆、相手の方から去って行ってしまった。
喧嘩別れじゃない、いつも静かに振られてしまう。
寂しいと思ったことはあるが、口惜しいと思ったことはなく、まして憎いと思ったことは一度もない。
振られたんだから原因はこちらにあるわけで、誰を恨むこともできない。
かと言って、私のどこがいけなかったんでしょうと訊くのも野暮だから、黙っているしかない。

10月8日、三鷹市で私立高3年鈴木沙彩さんが刺殺されたという痛ましい事件が起きた。ご本人はもちろんのことご両親の無念さはいかばかりか。
この事件で逮捕された池永チャールストーマス容疑者が、別れ話しから恨みを募らせストーカー行為を繰り返したあげく殺害に及んだと見られる。
こうした極端な例を別にしても、周囲にストーカー行為をしていた人物はけっこう居る。それが社会的地位も分別もあり、人生経験もそこそこ積んでいる人間がやるんだから始末に悪い。
かつて私の同僚が社内の女性に付きまとい行為をして困っているという相談を受けたことがある。
妻子あるその同僚が、毎日退社の時に待ち伏せして交際を迫るという明らかなストーカー行為だ。
上司に相談して本人に注意するよう依頼したところ、上司は「あれは男性が悪いわけじゃない、女性の方から誘っているんだから気にするな」と言われた。でもその女性は真剣に嫌がっており恐怖さえ感じていた。
後で分かったことだが、実はその上司も別の女子社員に付きまとい行為を行っていた。同病相憐れむっていうヤツで、これじゃ説教など出来ない筈だ。
「嫌よ嫌よも好きの内」なんて変な諺を信奉しているのか、はたまた男のプライドだかメンツだか知らないが、実に困った連中だ。

振られたり、嫌われたりしたら、
「ふん、裏のドブじゃねぇが、こちとら、女なんてものは後から後からつっかえてんだ」
と独り言をつぶやいて、自棄酒呑んで寝ちまおう。
その方が恰好いいじゃん。
あ、これは女房にゃ内緒だぜ。

« 「イーハトーボの劇列車」(2013/10/9) | トップページ | 国立演芸場10月中席(2013/10/12) »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

衝撃の告白、笑劇かな。

佐平次様
こうやって自分を笑いものにする、「自虐悲観」てぇヤツですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストーカー心理って、どうも分からん:

« 「イーハトーボの劇列車」(2013/10/9) | トップページ | 国立演芸場10月中席(2013/10/12) »