« 三田落語会『志ん輔・喜多八』(2014/2/22昼) | トップページ | 産経・FNNの「慰安婦問題」世論調査 »

2014/02/24

『百年目』と『トリクルダウン』

鈴本演芸場のHPで4月1日以降の料金改定のお知らせが掲載されている。
通常興行の場合、一般と小学生は据え置きだが、シニア(65歳以上)と学生については下記の通り値上がりとなっている。
一般¥2,800据え置き
シニア ¥2,400→2,800
学生¥2,400→2,500
小人¥1,500据え置き
4月1日より消費税が3%上がるので、それを受けての措置だと思われるが、シニアに関していえば17%近い大幅な値上がりだ。
今のところ他の定席については料金改定の動きはないが、恐らくは鈴本と同様の措置に踏み切るものと予測される。
消費税率のUPは生活を直撃する。そうなると真っ先に削られるのは娯楽費など不要不急の費用だ。寄席や落語会へ行く回数を減らすというファンも少なくなかろう。

寄席の木戸銭だけではない。消費税率のUPにより4月1日からは全ての物価が上がることになる。
ここのところ年金が減額される一方、地方税や介護保険料の値上げで年金の手取りは着実に減っている。
政府はアベノミクスとやらで浮かれ、3月期決算では主要企業の多くは増益で確かに潤っているが、家族や周囲の現役世代をみてもその恩恵に与かっている人は皆無だ。

『百年目』という落語があり、その終盤に大店の主人が道楽をおぼえた番頭をよんで説諭する場面があるのだが、ここで主人は「旦那(だんな)」という言葉の意味を引いて番頭に説くのだ。
桂米朝の高座では以下の通り(【上方落語メモ】より引用した)。

「天竺。天竺も五天竺あるそぉなが、そん中の南天竺といぅところに赤栴檀(しゃくせんだん)といぅ見事な木があるんじゃてなぁ、見る人誉めざるなしといぅ木。ところがその根元に難莚草(なんえんそう)といぅ見苦しぃ雑草がはびこるのじゃて。赤栴檀は結構じゃが、この難莚草がどぉも具合が悪いっちゅうて、そいつをむしり取ってしまうと、この赤栴檀が枯れるのじゃて。
つまり、この下で難莚草といぅ雑草がほこえては枯れ、はびこっては枯れするのが、赤栴檀にとってまたとないえぇ肥やしになる。また、赤栴檀の下ろす露が、難莚草にとってはこの上ないといぅえぇ肥やしになるんじゃそぉな。
そこで赤栴檀がさかえりゃ、下の難莚草もほこえる。難莚草がほこえて枯れることによって赤栴檀はますます育つ。寺方と檀家といぅものはこれでなかったらいかんといぅので、赤栴檀の「だん」と難莚草の「なん」と取って、在家の人のことを「だんな」といぅものはこっから出たんじゃといぅて聞ぃてな。
まぁ年寄りの耳学問じゃ、違ごてても笑ろぉてくださるなじゃが。わしゃなぁ、えぇ話やと思たで。世の中はこれやなかったらいかん「有無相持(うぶあいもち)」っちゅうやっちゃなぁ。まぁこの家でいぅたら、さしずめわしが赤栴檀じゃろ。この頼んない赤栴檀、こんたといぅえぇ難莚草が居てくれるお陰で、えらほこえにほこえさしてもろてる。
が、店へ出たら、今度は番頭どん、お前さんが赤栴檀、店の若い連中が難莚草じゃ。店の赤栴檀はえらい馬力じゃが、店の難莚草がちょっとグンニャリしてへんかなぁ? いやまぁ、これはわしの見損ないじゃろぉがな……」

今の日本経済は正に「赤栴檀はえらい馬力」だが、さっぱり露を降ろさないために「下の難莚草がグンニャリ」している状態だ。
その「難莚草」を消費税率UPが追撃するなら枯れるのは目に見えている。
アベノミクスの基調は、企業が利益を増やせば労働者の賃金が上がるから先ずは企業優遇措置を取るということにある。こういう政策を『トリクルダウン』(”したたり落ちる”の意)という。
安倍政権は国際的に破たんしている『トリクルダウン』政策に、いつまでしがみついている心算だろうか。

|

« 三田落語会『志ん輔・喜多八』(2014/2/22昼) | トップページ | 産経・FNNの「慰安婦問題」世論調査 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

おやおや、痛いなあ。
回数減で対応するしかないかな。

投稿: 佐平次 | 2014/02/25 15:47

佐平次様
寄席の回数を減らすか、酒量を減らすか、悩む所でしょうか。

投稿: HOME-(ほめ・く) | 2014/02/25 17:32

チケット代も上がると思うと…。恐い…ぃぃい。
本当に観たいものだけ、それだけに猪突猛進しようと思います…ぅぅう。(>_<。)。

米朝師の「百年目」と「一文笛」を聴きました。
上方落語も浅学で、演目の多さにくらくらしております…笑。(@_@)

投稿: 林檎 | 2014/02/25 18:00

林檎様
寄席に限らず消費税増税が消費者の心理を冷やすのは避けられないでしょう。
米朝の『百年目』、いいですね。これを聴くとこのネタはやっぱり上方の噺なんだんと思ってしまいます。
私も上方落語を勉強中です。

投稿: HOME-(ほめ・く) | 2014/02/25 18:30

鈴本の新たな木戸銭、私も納得できません。
昼夜入れ替えもないし、芸協も出ないし、末広亭のような友の会の仕組みもない。
私は、地の利もあって、ますます末広亭派になってしまいますねぇ。
年に一~二回は鈴本にも行きたいとは思いますが、新宿の次は池袋の方がずっと好きです。

投稿: 小言幸兵衛 | 2014/02/25 20:53

小言幸兵衛様
お詫びしなくてはならないのは、以前に幸兵衛さんが書かれた記事に同様の主旨のものがありました。気が付かず申し訳ありません。
鈴本の件ですが確かに「上から目線」気味の所は気になります。

投稿: HOME-(ほめ・く) | 2014/02/25 22:27

いえいえ、お詫びなんてとんでもない。
「内田樹の研究室」の内容を借用したものでしたよね。
鈴本は「入れ替えなし」ではなく「入れ替え制」の間違いでした。
一杯飲みながらコメントを書く悪い癖が治りません^^
『百年目』のトリクルダウン、安倍政権と国民との関係では、ありえませんね。

投稿: 小言幸兵衛 | 2014/02/26 08:57

小言幸兵衛様
私も酔って書いてますから。
税金を吸い上げては無駄な公共投資に振り向ける。万有引力の法則に反します。

投稿: HOME-(ほめ・く) | 2014/02/26 10:51

米朝師の「百年目」もそうですが、「地獄八景亡者戯」や「三十石夢の通い路」なども好きなので、上方の噺家さんで聴く機会を増やしたいとは思うのですが…。
テレビに出ている方や前に出てくる感じの上方の噺家さん(上手く説明が出来ないのですが、新治師とは真逆のタイプ…。)が苦手で、つい音源に走ってしまいます。('-'*)(,_,*)

投稿: 林檎 | 2014/02/26 21:00

林檎様
米朝は別格だと思います。談志が米朝に匹敵する落語家は東京にはいないと言ってましたが、その通りでしょう。
東京であまり受けない上方の噺家というのは確かにいますね。私もちょっと肌が合わないかなと思う人はいます。

投稿: HOME-(ほめ・く) | 2014/02/27 19:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/59191535

この記事へのトラックバック一覧です: 『百年目』と『トリクルダウン』:

« 三田落語会『志ん輔・喜多八』(2014/2/22昼) | トップページ | 産経・FNNの「慰安婦問題」世論調査 »