« 『アルトナの幽閉者』(2014/2/20) | トップページ | 三田落語会『志ん輔・喜多八』(2014/2/22昼) »

2014/02/22

見応えがあった女子フィギュア

「女子フィギュアの丸きおしりをみてありて しばしほのぼのと灯れり夫(つま)は」
歌人・馬場あき子さんの短歌だそうだ。
この歌を見て、私どうようにニヤリとさせられる男性諸君も多いのではあるまいか。男子にはさっぱり興味を示さず女子になると途端に熱心にTV観戦していると、「あんた、どこ見てんのよ」と妻から度々お小言を頂戴する。
サトウサンペイの漫画「フジ三太郎」に、札幌オリンピックでフィギュアのジャネット・リン選手が尻餅をついたその部分の氷を切り取り、オンザロックにして飲むというのがあったが、気持ちは分かる。
現役とは言いがたいが、まだ戸籍上は男だから大目にみて欲しい。

それは別にしても、昨日の女子フィギュアスケート・フリーの演技は見応えがあった。浅田選手をはじめ、鈴木、村上両選手も自分たちの力を出し切っていた。特にオリンピックという舞台で自己最高を出した浅田真央の演技には感動した。SPで出遅れてしまったが、メダル以上のものを観客に与えたに違いない。

上位3人はいずれもノーミスで甲乙つけ難い演技だった。
銅メダルのコストナー選手も今までとは見違えるような出来栄えだった。コストナーはメダルは無理だと断言していたのだが、取り消します。
2位のキム・ヨナと1位のソトニコワ、どちらが上位になってもおかしくなかったが、TVで見たかぎりでは今の採点基準でいけばソトニコワに軍配を上げる。過去のメダリストの中には採点に疑問を投げかける人もいるようだが、審判は公平だったと思う。
それより大会の度に採点基準を変えてくる競技のあり方に問題がある。
ジャンプ偏重でとにかく跳んだりはねたりだけの競技になってしまったら、女子フィギュアの魅力が失われると思う。滑りの優雅さでいえば、明らかにキム・ヨナが1枚上だった。
韓国国内では採点を不満とした署名運動まで起きているそうだが、キム・ヨナ自身が結果を受け入れると語っているのだから、そっとしておくべきだろう。

森元首相が浅田選手について「見事にひっくり返ってしまった。あの子、大事な時には必ず転ぶんですよね」と講演で語ったことが問題になっている。
森喜朗氏はなんかのパーティの時に身近にいたが、印象としては大きな悪い事はしそうにない人物に見えた。ただ頭がねぇ・・・。
元々ああいう失言居士を東京五輪組織委員長になんかしたのが間違いだった。これからも何を言い出すか分からない。
ただ森の発言の中で、フィギュア団体戦に関する部分だけは同感できる。というより、何だってあんな競技をオリンピックの正式種目にしたのか意味が分からない。
個人競技を集めて団体種目にするというなら何でもアリで、陸上100m走団体なんて種目だって出来てしまう。
種目を増やせばIOCのフトコロは潤うんだろうが、オリンピックの巨大化は弊害を招くだけだ。

でも、やはり冬季五輪の花はスキーの滑降や大回転ですね。観ているだけで爽快な気分に浸れる。スピードスケートやクロクカントリーでの競り合いは手に汗を握る。
ストップウォッチやメジャーで勝負が決まるというのが、本当のスポーツじゃないかな。

|

« 『アルトナの幽閉者』(2014/2/20) | トップページ | 三田落語会『志ん輔・喜多八』(2014/2/22昼) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

フィギュアはスポーツというよりアートなんでしょうね。
アメリカABCでも金妍児の採点騒ぎについて触れてましたが結論は妥当という感じでしたね。

投稿: 佐平次 | 2014/02/22 11:01

佐平次様
審査員の採点で勝敗を決めるなんて純粋なスポーツとは言い難い。半分はショウとして見ています。でも金か銀ではその後の収入に大差がつくそうで、そういう生臭い世界でもあります。

投稿: HOME-(ほめ・く) | 2014/02/22 18:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/59177507

この記事へのトラックバック一覧です: 見応えがあった女子フィギュア:

« 『アルトナの幽閉者』(2014/2/20) | トップページ | 三田落語会『志ん輔・喜多八』(2014/2/22昼) »