« 【街角で出会った美女】クロアチア編(4) | トップページ | 『抜目のない未亡人』(2014/7/1) »

2014/06/29

#32三田落語会「一朝・白酒 二人会」(2014/6/28昼)

第32回三田落語会・昼「春風亭一朝・桃月庵白酒 二人会」
日時:2014年6月28日(土)13時30分
会場:仏教伝道センタービル8F
<  番組  >
前座・柳家さん坊『道灌』
桃月庵白酒『転宅』
春風亭一朝『死神』*
~仲入り~
春風亭一朝『一分茶番』
桃月庵白酒『つるつる』*
(*:ネタ出し)

今年の梅雨はよく降るねぇ。こんなに降らなくてもと思うくらい。我が家には乾燥機が無いので洗濯物が乾かないで困ってる。この日も一日中傘が手放せなかった。
32回三田落語会は昼夜とも前売り完売。
驚いたのは次回チケットを買うための整理券を求める列だ。12時より配布だが11時40分時点で最後尾は6階階段に達していた。予定を早めて11時45分から整理券の配布を始めていた。後で聞いたら午前9時にはもう10人以上待っていたとか。たかが落語、ちょいと異常な気もするが。

白酒の1席目『転宅』
白酒の良い所は、泥棒に出会ったお菊が当初は動揺の色を見せるところ。後で隣家の煙草屋に駆け込むくらいだからお菊は怖かったのだ。だからここは省略できない。
お菊に夫婦になってくれと言われた泥棒の有頂天ぶりも良い。ここで天に昇らせて後半で暗転させる、その落差がこの噺の要。
以前と変えていたのは、翌日泥棒が時間稼ぎに町内を回るシーンで、泥棒が新所帯の生活を妄想する場面を加えていた。

一朝の1席目『死神』
マクラで、私は権太楼さんと違って誰にでも合せますと言っていたが、以前のこの会で権太楼が白酒との二人会に嫌悪感を示した事を指したんだろう。二人の人柄を物語るが芸の良し悪しとは別問題。
このネタも一朝が演じると何かフワッとしたムードになり死神も可愛らしいオジサンに見えてくる。終盤の死神が男を蝋燭が並ぶ洞窟に連れこむ場面でも、ゾクッとするような恐怖感がない。圓生とは対照的だ。
こういう演じ方もアリかな。

一朝の2席目『一分茶番』
前半だけで切って『権助芝居』の名でしばしば高座に掛かるが、本当の面白さはフルバージョンでないと味わえない。時間が長めになるのと、演者に芝居の素養がないと演じられないので、寄席の高座にかかる機会は少ない。そういう意味では一朝は打って付け。権助が忠臣蔵7段目のお軽を演じた時の失敗談を語るが、他に演じる人がいないので権助が番頭から一分貰って芝居『鎌倉山』の非人・権平の役を引き受ける事になる。
処がいざ幕が開くと権助はセリフは忘れるわ、客のヤジにいちいち反応し舞台をぶち壊すわ、立ち回りシーンでは本気になって相手の役者を張り倒すわで大混乱。
暴れる権助を相手の役者が縄で結わき、「さあ、何者に頼まれた。キリキリ白状しろ」「一分貰って、番頭さんに頼まれた」でサゲ。
芝居の型を踏みながら権助の朴訥さや失敗を演じるのがカナメだが、ここをきちんと押えた一朝の高座、誠に結構でした。
余談だが一朝がマクラで紹介された下ネタのエピソードを一つ。十四代目守田勘彌(玉三郎の父)と先代江戸屋猫八とが料理屋の2階で、どちらのペニスが小さいかという試合をした。双方の奥様が1階で待っていると、勘彌が見事に勝利。喜んで階段を駆け下りてきて夫人に「女房喜べ、セガレがお役に立ったわ、やい」。
ここで一言、「ペニスの証人」、くだらねぇ。

白酒の2席目『つるつる』
ご存知黒門町の十八番であり、談志に言わせれば文楽の代表作。文楽の描く幇間(たいこもち)には賑やかさの陰に常に哀愁が漂っている。この一八像がこの噺にピッタリなのだ。
文楽の型は一八が芸者・お梅に言い寄り、夜中の2時に来てくれれば所帯を持ってもいいが5分でも遅れればこの話は無かった事にしようと言われる。
この事を旦那の樋ぃさんに打ち明け夜中の12時には中座させて貰うよう頼むのだが、そうはさせじと旦那は様々な嫌がらせを仕掛けてくる。
何とか座敷を抜け出し、2階から紐を伝って下の座敷のお梅の部屋に降りる算段をするのだが、肝心の2時に寝込んでしまい、目が覚めたのは朝。慌てて紐にぶら下がり下へ降りると朝食の真っ最中。「何だそのなりは!」「へへ、井戸替えの夢を見ました」でサゲ。
白酒の演出は一八が言いよる場面はカットし経緯を旦那に説明するという演じ方だ。大師匠の師匠・志ん生の演出に沿ったものと思われる。全体に幇間の悲哀よりは可笑しさを強調した演じ方も志ん生流だ。
アタシの好みは文楽だが、志ん生流の白酒の高座も悪くない。
やはり、この人は上手い。

|

« 【街角で出会った美女】クロアチア編(4) | トップページ | 『抜目のない未亡人』(2014/7/1) »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

1番の人は8時40分に並んだそうです。
私はぎりぎりに滑り込んで97番、それでも結構いい席が取れました。
あれはプロなんでしょうかね。

投稿: 佐平次 | 2014/06/29 10:33

佐平次様
97番でいい席が取れたとはラッキー。私の時に受けつけが始まったんですが68番。
転売してもあまり高い値が付くとは思えないので、熱心なファンなんでしょう。

投稿: ほめ・く | 2014/06/29 11:58

やはり、いらっしゃいましたね。
私は一朝の一席目のマクラ、ほめ・くさんんのブログの記憶があって何のことかは分かっていましたが、彼らしくないと思っていました。二席目は結構でしたね。
白酒は底が知れませんね。志ん生版の「つるつる」を知らなかったので今日ネットで聴いたのですが、その内容も白酒なりに工夫して自分の噺にしていました。お梅が待つ家までに歌の一つもできるようになったら、より良くなるでしょう。
それにしても八時台から並ぶなんて、少し異常です。

投稿: 小言幸兵衛 | 2014/06/29 20:55

小言幸兵衛様
私は落語家の人格や人間性には興味がありません。噺家は高座が全てだと思っています。しかし三田落語会における権太楼の言動は、自らの嫌悪感を高座から直接客席に訴えたもので、明らかに一線を踏み外したものです。一朝のように内部からも批判があった事にむしろ安堵しております。
後半の2席は誠に結構でした。ただ『つるつる』の文楽流は誰か演ってくれないかなと期待をしております。

投稿: ほめ・く | 2014/06/29 22:53

こちらのチケットは、ぴあでも発売されると聞いたので、発売時間の5分前に行きましたが、数秒で完売して買えませんでした。(>_<。)。
「ぴあでの取扱いは後席の15枚だけなんです。」と申し訳なさそうに言っていましたが、会場では整理券の列に何時間も並ぶのですね…。

投稿: 林檎 | 2014/07/20 09:55

林檎様
この会は圧倒的にリピーターが多いので、ぴあでの販売枚数が制限されているのでしょう。次回チケットの整理券配布時間を50分繰り上げましたが、行列の長さは変わらない。毎回内容が充実しているのが人気の理由です。

投稿: ほめ・く | 2014/07/20 11:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/59895293

この記事へのトラックバック一覧です: #32三田落語会「一朝・白酒 二人会」(2014/6/28昼):

« 【街角で出会った美女】クロアチア編(4) | トップページ | 『抜目のない未亡人』(2014/7/1) »