« 五街道雲助『栗橋宿』『関口屋』(2014/8/4) | トップページ | 【ツアーな人々】「枕銭」って必要なの? »

2014/08/05

笹井氏自殺に「なぜ?」の空々しさ

STAP細胞論文の責任著者の一人である理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB、神戸市中央区)の笹井芳樹副センター長(52)が7月5日朝、CDBと隣接する先端医療センター内で首つり自殺を図り、兵庫県警が午前11時3分、搬送先の病院で死亡を確認した。遺書が残されていたという。STAP細胞を巡っては、理研が4月以降、論文通り再現できるか検証実験を進めており、8月中に中間報告を出す予定だった。
笹井副センター長は1986年に京都大医学部を卒業。京大教授を経て理研に入り、2013年から現職。胚性幹細胞(ES細胞)研究の第一人者として世界的に有名だった。
STAP細胞論文では、責任著者の一人として、筆頭著者の小保方晴子・研究ユニットリーダー(30)を指導し、今年1月の記者会見に同席。論文が不正と認定された後の4月には東京都内で会見し、指導の不備を謝罪したが、STAP細胞の存在そのものには自信を見せていた。理研が進めている検証実験には小保方氏も参加している。

この人が自殺に追い込まれるんじゃないかとは、前から思っていた。
新聞や週刊誌などのマスメディアからネットの雑文に至るまで、あそこまで叩かれればよほどの強靭な神経の持ち主でない限り追い詰められ、最後は死を選ぶしかない。
それを今さら「なぜ?」と書くメディアの神経の方が分からない。
当ブログでもSTAP細胞論文叩き、とりわけ小保方リーダーへの異常な狂騒に対して問題視する記事を何度か書いてきた。
科学技術論文に瑕疵があるのは決して珍しくない。
STAP細胞論文にも瑕疵があったのは明らかであり、これから事実に基づいて検証していけばいいだけの話だ。周囲はそれを静かに見守っていくだけのこと。
よしや論文の内容や発表方法に問題があったとしても、それは担当者個人の問題なのか、それとも理研という法人の体質に原因があるのか、未だ分かっていない事が多すぎる。
全てを担当者の故意や過失に帰し、笹井氏と小保方氏叩きに狂奔してきたメディア及び個人は猛省せねばなるまい。

|

« 五街道雲助『栗橋宿』『関口屋』(2014/8/4) | トップページ | 【ツアーな人々】「枕銭」って必要なの? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/60102255

この記事へのトラックバック一覧です: 笹井氏自殺に「なぜ?」の空々しさ:

« 五街道雲助『栗橋宿』『関口屋』(2014/8/4) | トップページ | 【ツアーな人々】「枕銭」って必要なの? »