« こまつ座「きらめく星座」(2014/9/10) | トップページ | 「江戸しぐさ」はトンデモ学説 »

2014/09/12

タカはナチを呼ぶ

「類は友を呼ぶ」という諺がピッタリの出来事があった。
因みにこの諺を補足すると、以下のようになる。
【意味】類は友を呼ぶとは、気の合う者や似通った者同士は、自然に寄り集まって仲間を作るものであるということ。
【類義】 牛は牛連れ、馬は馬連れ/同類相求む/似るを友/目の寄る所へ玉も寄る/同じ穴の貉(むじな)など。類は友を以て集まる/類は類を呼び友は友を呼ぶ/類をもって集まる
【英語】 Birds of a feather flock together.(同じ羽毛の鳥は群がる)

その出来事というのは、 安倍晋三首相による内閣改造で総務相に就任した高市早苗衆院議員と自民党三役のポストである政務調査会長となった稲田朋美衆院議員と、「ネオナチ」思想を掲げる活動家とのツーショットが海外メディアで大きく報じられた。
以下J-CASTの報道によれば、その活動家とは「国家社会主義日本労働者党」と名乗る政治団体代表の山田一成氏だ。2011年6~7月に自民党議員を議員会館にたずね、そこで会談したと団体のサイトには書かれていて、写真はこの時に撮影したものとみられる。
他にも自民党の西田昌司議員と一緒に収まったスナップショットも載っている。
山田代表の稲田議員と高市議員に対する評価は高く、サイトでは「将来自民党を背負って立つ」「愛国保守議員」と位置付けていた。
西田昌司議員について「ウィキペディア」にはこう書かれている。
【稲田朋美との信頼関係は厚く、各種シンポジウムや部会で行動を共にすることが多い。稲田は「自民党の中で頼りになるのは西田昌司くらいです」「味方がほしい時には西田昌司にメールして、すぐ来てと。来たら、彼が自説を言いますから」と述べている。】

「国家社会主義ドイツ労働者党」のサイトをのぞいてみたら、思ったよりマトモな団体のようだ。もちろん主張は私とは180度異なるが。
「ナチスのユダヤ人虐殺の否定」や「民族浄化を推進」といった過激なスローガンが掲げられているが、要は歴史修正主義的な主張であり、高市大臣らが所属する「日本会議」と根本思想においては相通ずるものがある。
違いといえば、ネオナチがいわゆる「サンフランシスコ体制」(講和条約と安保条約)を否定している点だが、これも「日本軍の侵略性と東京裁判の否定」という「日本会議」の文脈から反するとは思えない。
ネオナチ代表が高市、稲田議員らにシンパシーを抱いたのは当然といえる。
両者は互いに極右どうし、まさに「兄たり難く弟たり難し」の間柄のように見える。

欧州各国はネオナチへの嫌悪感が強く、この件は海外メディアの関心を集めた。
仏AFP通信は9月8日付記事で、「写真は、安倍首相が自分の周りを『右寄り』の政治家で固めているとの主張をますますあおる可能性がある」と論評。英ガーディアン紙電子版も2枚の写真を載せて、「(高市議員と稲田議員が)山田氏とネオナチ思想を共有しているとの証拠は何もないが、2人の(総務相と党政調会長への)任命で安倍政権の右傾化がますます進むとの批判が強まってきた」としている。

大方の人は高市総務大臣や稲田政務調査会長が、ネオナチ代表と一緒に写真に納まっていたと聞いても、そう驚かないだろう。二人の日頃の言動からして、「やっぱりね」という感想を抱いた方も少なくなかろう。
ネオナチとの関係について当人たちは真っ向から否定するだろうが、「火の無い所に煙は立たぬ」のだ。

|

« こまつ座「きらめく星座」(2014/9/10) | トップページ | 「江戸しぐさ」はトンデモ学説 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

読売と産経がこのニュースを報道しなかったそうです。
誤報に匹敵する不作為です。

投稿: 佐平次 | 2014/09/13 11:28

佐平次様
産経が「アベノキカンシ」なら、讀賣は「アベノトモ」。自分たちの偏向は棚に上げて他紙の偏向ばかり声高に追及している。困った連中です。

投稿: ほめ・く | 2014/09/13 17:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/60301970

この記事へのトラックバック一覧です: タカはナチを呼ぶ:

« こまつ座「きらめく星座」(2014/9/10) | トップページ | 「江戸しぐさ」はトンデモ学説 »