« 新治主義と白酒ナリズム「三田落語会・夜」(2015/6/27) | トップページ | 2015年6月記事別アクセスランキング »

2015/06/30

2015年上半期佳作選

恒例により、今年の1-6月に聴いた落語の中で優れたと思われる高座を下記に紹介する。
演者、演目、月日、会の名称の順となっている

桂文我『吉野狐』1/16「桂文我新春二夜連続落語会」
春風亭一之輔『芝浜』1/20「鈴本演芸場正月二之席」
三遊亭萬窓『花見小僧』2/5『第28回四人廻しの会』
桂吉坊『猫の忠信』2/9「第4回吉坊・一之輔二人会」
桂かい枝『胴乱の幸助』2/13「第21回西のかい枝・東の兼好」
春風亭一朝『包丁』2/21「第36回三田落語会」
桂梅團冶『鴻池の犬』3/3「第18回文我・梅團冶二人会」
五街道雲助『お直し』3/6「雲助蔵出しぞろぞろ」
桃月庵白酒『子別れ(上)強飯の女郎買い』4/3「第43回白酒ひとり」
露の新治『中村仲蔵』4/24「まいどおおきに露の新治です」
柳家権太楼『らくだ』5/1「鈴本演芸場5月上席」
桂雀々『鶴満寺』5/6「雀々・生志・兼好 密会」
桂枝光『紙屑屋』5/9「第45回上方落語会」
入船亭扇辰『団子坂奇談』5/21「扇辰・白酒二人会」
露の新治『紙入れ』6/27「第38回三田落語会」

上方が半数を占めたのが特徴的だ。噺の中に唄や踊り、芝居の所作を取り込んだネタが多くタップリ感があり、満足度が高くなるからだろう。
東京では、権太楼、雲助、一朝といったベテラン勢の活躍が目立った。

|

« 新治主義と白酒ナリズム「三田落語会・夜」(2015/6/27) | トップページ | 2015年6月記事別アクセスランキング »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

「らくだ」は権ちゃん。談春に言わせれば「どうしようもない酔っぱらいの噺」ということになります。
大人しかったのに、「オイ注げよ、早く、なめんじゃねえぞ」
と豹変するあたりがうまいんでしょうか。

一之輔「芝浜」。
想像もつきませんが、あの女房の造型が見事だった?

投稿: 福 | 2015/06/30 20:52

福様
『らくだ』という噺は、昔の士農工商の更に下の最下層の人たちを描いた作品で、権太楼の高座ではそうした貧しい人々への共感があります。
一之輔の『芝浜』ですが、魚勝が酒に溺れて自堕落な生活に至るまでを簡潔に描き、3年後も相変わらず棒手振りという暮らしながら、仕事に生き甲斐を感じた勝を描いていました。
クールながら説得力のある高座でした。

投稿: ほめ・く | 2015/06/30 22:01

丁寧に答えていただき、恐縮です。
権太楼の人物造形のうまさは定評のあるところですが、
そうした共感までも表現されていたとすれば、お見事の一言です。

前に出た演者の印象的な一節を巧みに噺の中に裁ち入れるなど、
一之輔には自己プロデュース力があると感じます。

投稿: 福 | 2015/07/01 06:54

福様
権太楼は現在の落語界の最大の功労者と言って良いと思います。
一之輔は10年に一人の逸材です。

投稿: ほめ・く | 2015/07/01 10:04

ご無沙汰しております。
今年前半は、寄席や地域落語会を中心、そして、二ツ目など今まで聴くことなかった噺家さんの会などに行くことが多く、ほめ・くさんのリストアップと、まったくかぶりません(^^)
後半は、ご贔屓の噺家さんの会にも行くつもりなので、どこかでニアミスがあるかもしれません。
萬窓や、かい枝が入っているのが、私としては嬉しいです。

投稿: 小言幸兵衛 | 2015/07/02 08:27

小言幸兵衛様
今年前半は上方落語に重点を置いてきたので、上方の演者の比重が高くなりました。こちらの所在地でも地域寄席があるんですが、好みや日時が合わなかったりで未だ行っておりません。
後半はもう少し寄席に行く機会を多くしようと思います。

投稿: ほめ・く | 2015/07/02 09:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82117/61816516

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年上半期佳作選:

« 新治主義と白酒ナリズム「三田落語会・夜」(2015/6/27) | トップページ | 2015年6月記事別アクセスランキング »