« 不破哲三『スターリン秘史―巨悪の成立と展開(6)~朝鮮戦争の真実~』 | トップページ | 「社会主義」ソ連という幻想 »

2016/04/12

これは大人の我がままだ「保育園の子供の声がうるさい」

毎日新聞の記事からの引用。
【千葉県市川市で4月に開園予定だった私立保育園が「子供の声でうるさくなる」などの近隣住民の反対を受け、開園を断念していたことが分かった。同市の待機児童は373人で全国市区町村で9番目に多い(昨年4月時点)。説明会に同席するなどして地域の理解を求めてきた市の担当者は「(住民の反対で)開園が延期したケースは東京都内などであるそうだが、断念は聞いたことがない。残念だ」と言う。】

待機児童問題の解決が急務になっている一方で、子どもの声がうるさいという理由で保育園の開設に反対するというケースが全国に起きているらしい。
子どもの声ってそんなに気になるものだろうか。
私の住んでいる共同住宅の玄関は、狭い道路を挟んで小学校の正門と向き合っている。開門までに数十人の生徒が集まり会話が弾む。開門と同時に教師と当番の生徒が、登校してくる生徒一人一人に元気に「お早うございます」と声をかける。休み時間ともなれば校庭で遊ぶ子供たちの声が聞こえる。
共同住宅のすぐ脇に小さな公園が隣接していて、近くの保育園の子供たちの運動場になっている。
だから我が家には一日中子供たちの声が聞こえるのだ。
それをウルサイとか騒音だとか、一度も思ったことはない。
ここに引っ越す前のアパートは閑静な住宅街の中にあって、子どもの声を聞くことはなかった。
環境は一変しているわけだが、他の音ではない。子どもの声なのだ。それを騒音だの迷惑だの主張する人の神経が分からない。
その人は子どもの頃、声を立てずに静かにしていたのだろうか。

それは、大人の我がままというものだ。

|

« 不破哲三『スターリン秘史―巨悪の成立と展開(6)~朝鮮戦争の真実~』 | トップページ | 「社会主義」ソ連という幻想 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不破哲三『スターリン秘史―巨悪の成立と展開(6)~朝鮮戦争の真実~』 | トップページ | 「社会主義」ソ連という幻想 »