« 鈴本演芸場8月中席・夜(2016/8/19) | トップページ | 春風亭小朝独演会(2016/8/23) »

2016/08/22

オリンピック雑感

2016年のリオ五輪が閉幕した。プロ野球と大相撲以外のスポーツにはそれほど関心がないので、TVでダイジェストのシーンを見る程度だった。
家族からはシラケテルという批判もあるが、その通りかもしれない。
いくつか感じたことを書いてみる。

最も印象に残ったのは、トラックの400mリレーだった。日本選手の銀メダルは誰もが予想できなかっただろう。チームの力が個人記録の足し算ではなかったことは、スポーツ以外の分野でも教訓になる。
早く走れた者、高くor遠くに跳んだ者で勝敗が決まるというスポーツはいい。潔いし、これぞスポーツだ。
点数だのポイントだので勝ち負けを決める採点競技なんてぇのは、まだるっこしくていけない。

オリンピックを国威発揚に利用する傾向が年々高まっているように見える。ナチスじゃあんめぇし。国歌を声を出して歌えなんて命令はその典型だ。
競技をするのは選手であり、国家ではない。
メダルを獲得して称賛されるべきは選手個人やチームであり、それを支えてきたスタッフたちだ。
国威発揚の行き着く先は国家ぐるみのドーピングだ。
勝利した選手たちが国旗を背負って歩く姿がすっかりお馴染みになったが、長いオリンピックの歴史の中では最近の傾向らしい。
どうもイヤな感じなのだ。

破れた選手や、成績の振るわなかった選手が謝罪する場面を度々目にしたが、あれは誰に対して謝っているんだろう。国にか?
負けたら謝らなくちゃいけないなら、阪神なんざぁ1年中頭を下げっぱなしになっちまう。「今度の監督は謝りっぷりがいいから、来年も続投か」なんてね。
気持ちだの気力だのというが、相手だって必死なのだ。
謝らずに前向きな発言をしたり、敗因を冷静に述べたりすると、ネットなどでバッシングされると聞く。まるで集団リンチだ。一部の人間の憂さ晴らしの標的にされる選手はかわいそうだ。

次のオリンピックは東京になるようだが、前回の東京五輪の後のオリンピック不況を経験してるので、いいイメージを持っていない。
オリンピック成功のためという錦の御旗の元で、国や地方自治体が大盤振る舞いをしてしまう。その反動が五輪が終わってからどーんと来て、そのツケは国民が負うことになる。
次のオリンピックに向けての予算の膨張は、既にそのことを予告している。
動く金が巨額になればなるほど、甘い汁を吸う人間には好都合なのだ。
国民がよほど監視の目を強めていかないと、とんでもないことになる。

|

« 鈴本演芸場8月中席・夜(2016/8/19) | トップページ | 春風亭小朝独演会(2016/8/23) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

東京オリンピックを返上せよ、フクシマはますますコントロールできてないです。

投稿: 佐平次 | 2016/08/23 10:04

佐平次様
安倍は世界に向かってフクシマは「完全にコントロールされている」とウソをついたわけで、あの落とし前だけは付けて貰わねばなりません。

投稿: ほめ・く | 2016/08/23 11:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鈴本演芸場8月中席・夜(2016/8/19) | トップページ | 春風亭小朝独演会(2016/8/23) »