« 桂米朝とっておきのバレ噺『紀州飛脚』 | トップページ | 「睦会~柳家喜多八ゆかりの演目で~」(2016/9/2) »

2016/09/03

松山善三氏の訃報

以下、日刊スポーツcom2016,9,2付記事より引用。

【「名もなく貧しく美しく」などヒューマンな作品で知られる映画監督で脚本家の松山善三(まつやま・ぜんぞう)さんが8月27日午後8時41分、老衰のため東京都港区の自宅で死去した。91歳。神戸市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は養女明美(あけみ)さん。
1948年に松竹入社。木下恵介監督の助監督としてシナリオづくりなどを学んだ後、脚本家としてデビュー。小林正樹監督「あなた買います」「人間の條件」の他、「乱れる」「人間の証明」「恍惚(こうこつ)の人」などの映画やテレビドラマのシナリオを数多く執筆した。
61年に「名もなく貧しく美しく」で監督業に進出。ろう者の夫婦愛を感動的に描いて大ヒットした。他にも「われ一粒の麦なれど」「ふたりのイーダ」「典子は、今」など、社会的弱者に温かな目を向けた作品を発表した。
映画「二十四の瞳」の助監督時代に親しくなった女優高峰秀子さんと、55年に結婚。おしどり夫婦として知られた。】

映画のタイトルを読んでいると、あの当時はせっせと映画館に足を運んでいた事を思い出す。
松山善三がシナリオを書いていた『あなた買います』ではプロ野球のスカウト活動を、『人間の条件』では戦時中の満州における帝国陸軍内部での兵士の苦悩を、といった社会派の映画だった。
監督として手掛けた『名もなく貧しく美しく』『典子は、今』では、当時としては珍しい障碍者を主人公とした映画で、いずれも大きな反響を呼んだ作品だった。
記事にもある通り、松山善三の作品は常に社会的弱者に対してあたたかい目を向けていた。

話は変わるが、9代目桂文治(留さん文治、ケチの文治)の落語の中のマクラやクスグリで、しばしば松山の作品の名が出てくる。
「日本人だから、寄席へ来なくっちゃいけません。これは『人間の条件』ですからな」
「落語てぇものは『名もなく貧しく美しい』もんですからな」
こんな調子だが、客席からは笑い声が起きる。それだけ松山作品が人口に膾炙していたという証左だろう。

ご冥福をお祈りする。

|

« 桂米朝とっておきのバレ噺『紀州飛脚』 | トップページ | 「睦会~柳家喜多八ゆかりの演目で~」(2016/9/2) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

何気なく聴いていましたが、文治は松山フアンだったのかな。
今ごろ再会を祝っているかも。

投稿: 佐平次 | 2016/09/03 09:36

佐平次様
文治のギャグはこれ以外だと、
「あきれたね。留さん、もうどっか遠くに、『エデンの東』の方に行っちゃってくれよ」
があり、映画が好きだったんでしょう。
『砂の女』を見てきて、「スケベったらしくて、もう・・・、ひどいですね。ああいう映画、アタシ大好きです。」なんてぇのもありました。

投稿: ほめ・く | 2016/09/03 10:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桂米朝とっておきのバレ噺『紀州飛脚』 | トップページ | 「睦会~柳家喜多八ゆかりの演目で~」(2016/9/2) »