« 国立名人会(2017/11/26) | トップページ | 「公益法人」と聞いて呆れる大相撲 »

2017/11/30

人形町らくだ亭(2017/11/29)

第75回「人形町らくだ亭」
日時:2017年11月29日(水)18時50分
会場:日本橋劇場
<  番組  >
前座・金原亭小駒『たらちね』
金原亭馬治『壺算』
柳家小満ん『御用』
蜃気楼龍玉『首提灯』
~仲入り~
五街道雲助『品川心中』
(全てネタ出し)

国会の委員会中継をTVで見たが、与党議員たちの八百長質問にウンザリ。
そりゃそうだろう。与党で決めた事を政府案として国会に提出してるんだから。
何のことはない、自分たちで作った法案に自分たちで質問してるんだから、世話はない。

今回の顔づけは、小満んを除けばみな先代馬生の弟子あるいは孫弟子となった。

馬治『壺算』
このネタに出て来る兄いは、買い物上手ではなく、ペテン師なのだ。ペテン師は相手の錯覚を利用して金を誤魔化すのが手口だ。相手に熟考させる暇を与えず、自分の主張だけをひたすら繰り返す。
だから演者に求められるのは、兄いのセリフをポンポンとテンポの良く語ることにある。
馬治の高座ではそこが足りないと思った。
あれでは相手の店員に気付かれてしまうだろう。

小満ん『御用』
初めて聴くネタだ。
調べてみると、前の師匠だった先代文楽から教わった噺を、小満んが改作したもののようだ。
今では「お酉様」というのをあまり聞けなくなったが、以前はこの言葉を聞くと年末になったなと思ったものだ。
それに因んだネタということで、いかにも小満んらしいチョイス。
ある男、一の酉の日のお参りに行った帰り、50両の小判の入った財布を拾う。
男は有頂天になり飲み打つ買うの道楽三昧で、気が付けば無一文。
家に帰ると、酒屋の御用聞きに「この辺りで偽金が出回っている」と聞かされ、大変な事態に陥った事を知る。
やがて岡っ引きが「御用!」と言って男の家に踏み込むが、その声を聞いた男の女房が、「酒屋の小僧さんかい?」でサゲ。
御用聞きの御用と、捕り手の御用を掛けたもの。
逆『芝浜』だが、こちらの方が落語らしい。
小満んの高座は、文字通り自家薬籠中の洒落た語りで魅せていた。

龍玉『首提灯』
ネタ下ろしだそうだ。
面長の顔と語りの確かさで、初演とは思えぬ完成度だった。
ただ、好みとしては江戸っ子をもうちょっと明るく描いて欲しい。

雲助『品川心中』
志ん生、先代馬生と受け継がれた雲助の鉄板ネタ。
何度聴いても面白いのは、雲助のテンポの良い語りと、人物描写の確かさだ。
特に女郎のお染と、貸し本屋の金蔵との会話が秀逸。
何を演らしても上手かった圓生もこのネタは合わなかったし、意外に志ん朝も良くなかった。
それだけ難しい噺なんだろう。

|

« 国立名人会(2017/11/26) | トップページ | 「公益法人」と聞いて呆れる大相撲 »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

筋の良い落語会を堪能なされる事、善哉善哉。

壺残⇒壺算?

小満ん師のような、聞けば聞くほど中毒??に、なる様な噺家さんはいますか。私の一回り上の知人は、橘家竹蔵(円鏡・円蔵)が秀逸と言っていましたが。
私的には、、、、、志ん朝チルドレンなもので(^^ゞ

 
先日のTBSで雲助師の品川心中(全)は良かったですネ。・・・・初めて(下)を聞きました。

投稿: 蚤とり侍 | 2017/11/30 21:01

蚤とり侍様
ご指摘有難うございます。最近、目の調子が良くないもので、こういうミスが目立ちます。
ファンと言えたのはやはり志ん朝です。
今は若手からベテランまで、雑食ですね。強いていえば、雲助の高座が多いと思います。

投稿: ほめ・く | 2017/11/30 21:46

うむ、これは行くべきだった。

投稿: 佐平次 | 2017/12/01 09:48

佐平次様
小満んの『御用』は珍しいネタで、以前の独演会での本人の解説によると、先代文楽から教わった噺をフランス映画風に改作したものだそうです。
おそらく、佐平次さん好みのネタだったでしょう。

投稿: ほめ・く | 2017/12/01 10:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国立名人会(2017/11/26) | トップページ | 「公益法人」と聞いて呆れる大相撲 »