« 喬太郎『掛取り』ほかin鈴本(2017/12/22) | トップページ | 師走四景(2017/12/23) »

2017/12/25

「雲助蔵出し~さよなら公演~」(2017/12/23)

「雲助蔵出し ぞろぞろ~さよなら公演~」
日時:2017年12月23日(土)13時
会場:浅草見番

前座・柳家小多け『真田小僧』
柳家小はぜ『厄払い』
五街道雲助『二番煎じ』
~仲入り~
五街道雲助『鰍沢』

永らく続いた「雲助蔵出し」もこの日が最終公演とあって、会場は一杯の入り。
雲助本人の説明によれば、一度に長講2席に軽いネタ1席の3席を演じるのは体力的にきつくなったとのことで、主催者に内容の変更を申し出たとのこと。
来年からは他の人を仲入りに入れて、雲助は2席という構成の落語会に模様変えする。
会の名称は「雲助浅草ボロ市」となる。
どんな掘り出し物が出て来るかお楽しみというところ。

小はぜ『厄払い』、年末に相応しいネタで、グッドチョイス。師匠の仕込みが良いせいか、堅実な高座。

雲助『二番煎じ』
通常の演じ方とは大きく異なるのは、火の回りを二組に分けない。宗助だけを番小屋に残して火の番をさえ、他は揃って火の回りに出る。
関西弁の人を入れているのも特徴的だ。
「火の用心」という言葉は全員が発し、人によってはそれが謡になり、浪曲になり、新内になりと、正に芸競べの様相となる。
吉原で火の回りをしていたという辰つあんは当時の思い出を語りだし、火の回りの最中に昔の馴染みと再会する経緯を話し始める。
この女との後日談が番小屋に戻ってから続きで語れらえるのも、雲助独特の演出だと思う。
「火の用心、さっしゃりやしょう~」の掛け声も、向かい風の時と追い風の時では声の出し方が変わるという芸の細かさだ。
火の回りの際の表の寒さと、番小屋に戻って酒と猪鍋を囲む暖かさが鮮やかに対比されていた。
番小屋での宴会も、いかにも町内の旦那衆の寄り合いという雰囲気が醸し出されていた。これを若手が演じると、こうはいかない。
『二番煎じ』という噺の面白さ、魅力を再認識させられた見事な高座だった。

雲助『鰍沢』
マクラで、こmのネタは圓朝の三題噺として紹介されてきたが、どうやら黙阿弥作が有力だと言っていた。確かにストーリーが世話物風である。また黙阿弥作による後日談の様な『晦日の月の輪』という作品もあるようだから、やはり黙阿弥作と考えるのが順当だろう。
そうした解釈からか、雲助の演じ方は芝居の世話物風だった。
旅人にとってはかつて好きだった女との再会で心弾むところがあったが、一方のお熊はこの男を殺して大金をせしめようとする。
その両者の心理の交差が、この噺のテーマだ。
最後は、先代正蔵の芝居噺仕立てのセリフで締めた。

さよなら公演に相応しい、雲助渾身の二席だった。

|

« 喬太郎『掛取り』ほかin鈴本(2017/12/22) | トップページ | 師走四景(2017/12/23) »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

四景も続けて、しかもオオネタばかりでは胸やけしませんでしたか。
一寸居眠りがあってよかったかな。
いつぞや楽屋の噺家たちの雑談がうるさいので怒ったのですが、この間聞いたらまだうるさいヨシ。
今回はいかがでしたか(後の方です)。

投稿: 佐平次 | 2017/12/26 09:25

佐平次様
1年の締めくくりと思い少し無理をしてしまいました。
四景の時は楽屋の外側に「この近くは少々うるさいかも知れませんが・・・」なんて紙が張られてました。
佐平次さんの記事で覚悟はしていたのですが、話し声は気になりました。
「少々じゃないわよね」なんて言ってる女性客もいました。

投稿: ほめ・く | 2017/12/26 17:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 喬太郎『掛取り』ほかin鈴本(2017/12/22) | トップページ | 師走四景(2017/12/23) »