« 立花家橘之助襲名披露in国立(2017/12/19) | トップページ | 「雲助蔵出し~さよなら公演~」(2017/12/23) »

2017/12/23

喬太郎『掛取り』ほかin鈴本(2017/12/22)

鈴本演芸場年末特別企画興行「暮れの鈴本掛取り三昧」

前座・橘家門朗『元犬』
<  番組  >
柳家やなぎ『つる』
翁家社中『太神楽曲芸』  
柳亭こみち『熊の皮』
蜃気楼龍玉『強情灸』
ロケット団『漫才』
柳家小ゑん『長い夜』
春風亭一朝『片棒』
~仲入り~
林家楽一『紙切り』
橘家文蔵『時そば』
桃月庵白酒『新三十石』
立花家橘之助『浮世節』
柳家喬太郎『掛取り』

鈴本演芸場12月の特別企画として、様々な演者が交代で『掛取り』に挑むという趣向。
22日は喬太郎とあって、立ち見の出る盛況だった。
会場は程よい熱気に包まれいい雰囲気だった。

門朗『元犬』、ここ最近は前座というとこの人だ。あちこちで使われていると言う事は、上手いからか。いくら前座でもあまりに下手だと、雰囲気を壊してしまうからね。先日も「今朝ほど犬になりました」でサゲた酷いのがいた。

こみち『熊の皮』、もちろん改訂版で、オリジナルは女流ではやりにくいだろう。この人はあまり女性を感じさせない所が良い。

龍玉『強情灸』、古今亭の本寸法で演じた。この日はよkぅ受けていた。

ロケット団『漫才』、時事ネタも多く挟み、勢いのある舞台だった。一時、元気がないかなと心配していたのだが、すっかり脱した様だ。

小ゑん『長い夜』、空と大地の神様が人間社会を観察するというストーリーで、だいぶ前に創作したが、時々に風俗を織り込んで新しくしているようだ。ラップを披露したり、難しい芸術論を戦わせたりと、面白く聴かせていた。

一朝『片棒』、短縮版だったが、得意の囃子の口ぶりを聴かせ所にして、前半を締めた。

楽一『紙切り』、この日のお題は、シャンシャン、戌年、曲芸。最後のお題は小さな女の子からだった。

文蔵『時そば』、時間を間違えて楽屋入りが遅れていたようで、後から他の演者からイジラレテいた。二人目の男が蕎麦を不味そうに食う所が見せ場。

白酒『新三十石』、寄席で毎度お馴染みだが、初めてのお客も多かったようで、珍妙な浪曲が大受けだった。

橘之助『浮世節』、襲名披露が終わったばかりだが、すっかり橘之助が板に付いてきた。風格さえ感じる。

喬太郎『掛取り』、、本人によれば10年以上前に一度か二度、このネタを掛けた記憶がある程度で、この日は演者が楽しくお客は楽しめないという風に演ると宣言してネタに。
内容は、小ゑんが「喬太郎の掛取りなんて、どうせまともじゃないよ」と言っていた通り。
出だしは通常通りだったが、掛取りに来る人たちの趣味が異なる。
一人目は人情噺が好きという事で、相手が「たまりたまった掛を今日は払って貰うよ」と言うと、亭主が女形になって「お前さん、夢でも見たのかい」と切り返すと、ここから落語の『芝浜』のやり取りが始まる。お終いは相手が、「じゃ、行ってくらあ」と天秤を担いで出て行ってしまう。
こんな調子で二人目は、つかこうへい作『熱海殺人事件』の舞台の再現で追い返す。
三人目は寄席好きで、馬風、円丈、雲助の形態と声帯模写を。
四人目は、ウルトラセブン50周年を記念し、TV放送の最終回を再現して宇宙の彼方に飛んで行くで、終り。
いかにも喬太郎の趣味の世界で他愛ないと言えば他愛ないのだが、喬太郎ファンが多数の客席は大喜び。
ザッツ・エンターテイメントで、年末らしく賑々しく終幕。

|

« 立花家橘之助襲名披露in国立(2017/12/19) | トップページ | 「雲助蔵出し~さよなら公演~」(2017/12/23) »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

こりゃ面白そう!
見損じが多い今日この頃です。

投稿: 佐平次 | 2017/12/23 11:15

佐平次さんのご趣味に合うかどうかは分かりませんが、とにかく楽しい高座でした。
私は『熱海殺人事件』が最も良く出来ていたように思います。

投稿: ほめ・く | 2017/12/23 22:32

いつぞや喬太郎に「掛取り」は合うのに、と思ったことがありました。
好ましからざる事態に遭遇したヒトのドタバタを描かせたら、昇太と二強です。
それにしても、ウルトラマンとは・・・ちとドタバタ過剰ですが、それがエンターテインメントなのか(笑)

投稿: 福 | 2017/12/24 07:25

福様
「次は誰だい?」「つぶら屋さんよ」で、もう客は展開を予想していました。
今年はウルトラセブン50周年ですから、来るなと、分かるんです。
古典芸能もエンターテインメントですから、これもアリです。

投稿: ほめ・く | 2017/12/24 12:00

聴きたかったなぁ、喬太郎師は同世代なもので

顔付けも良いし、結構な芝居ですね。

投稿: 蚤とり侍 | 2017/12/24 12:54

蚤とり侍様
喬太郎のネタ下ろしと言っても良い一席、貴重な高座でした。講評だったから、再演するかもしれません。
貴重といえば、数年前に喬太郎がネタの途中で立ち往生して客席に謝り、その場でネタをリクエストして貰い、
初天神―反対俥―粗忽長屋―黄金餅―らくだ―寝床
を繋げた即席噺を演じたことがあります。
これだけは再演不能の宝物です。

投稿: ほめ・く | 2017/12/24 18:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 立花家橘之助襲名披露in国立(2017/12/19) | トップページ | 「雲助蔵出し~さよなら公演~」(2017/12/23) »