« 「三田落語会」休会に思う | トップページ | 八代目正蔵三十七回忌追善落語会(2018/1/29) »

2018/01/27

新宿末廣亭1月下席・昼(2018/1/26)

新宿末廣亭1月下席昼の部・6日目

前座・三遊亭馬ん長『雑排』
<  番組  >
三遊亭遊かり『寄合酒』
チャーリーカンパニー『コント』
春風亭小柳『新聞記事』
三遊亭遊雀『動物園』
桧山うめ吉『俗曲』
三遊亭圓馬『高砂や』
三遊亭遊之介『河豚鍋』
ぴろき『ウクレレ漫談』
桂歌春『桃太郎』
立川談之助『?』
ナイツ『漫才』
神田松鯉『荒木又右衛門』
~仲入り~
三遊亭遊喜『宗論』
東京太・ゆめ子『漫才』
三遊亭遊吉『芋俵』
立川談幸『短命(長命)』
翁家喜楽・喜乃『太神楽曲芸』
三遊亭遊三『火焔太鼓』

プログラムにこんな数字が載っていたので紹介する。
60年前と現在との、落協と芸協の寄席芸人合計数の比較だ。立川流や圓楽一門はこの中に含まれていないので、東京全体では落語家だけでも550人近くになるだろう。

        落語  色物  お囃子
1958年    107   67   14
2018年    446  130  24

60年間を比較すると落語家は4倍以上に増えていて、色物は約2倍、お囃子は10名しか増えていない。落語家の人数増加が目立つ。
一方、寄席の件数は60年前と比べれば半数以下になっているだろうから、寄席に出られる確率は大幅に下がっている。
反面、定席以外の様々な落語会や地域寄席は現在の方が活発になっているが、今ある4軒の寄席がこれからも増える見通しはなく、寄席文化の未来は決して明るくない。

末廣亭の1月下席は芸協の芝居で、金曜日の昼にも拘わらず場内は一杯の入り。

遊かり『寄合酒』
前座当時以来で久々。ヅカみたいな短髪姿で、気風の良い喋りだ。サラの役割を果たしていた。

チャーリーカンパニー『コント』
議事堂の警備員と、バカにつける薬を議員に渡そうとする労務者風のオヤジという組み合わせのコント。「コント・レオナルド」を思い出す様な昔懐かしのスタイル。

小柳『新聞記事』
初見。テンポ良く。

遊雀『動物園』
前座ネタが続く。この人が演じるライオンは愛嬌がある。

うめ吉『俗曲』
地毛で日本髪を結っている寄席芸人は、今ではこの人だけだろう。寄席の音曲師としては声が細いのが欠点だが、年齢を感じさせない可憐さは大したものだ。
踊りも結構。

圓馬『高砂や』
この日最も上手さを感じさせたのはこの人の高座。先代の様な華やかさはないが、着実に進歩している。

遊之介『河豚鍋』
もうちょっと二人で鍋をつつく場面での風情が欲しい。時間の関係からか急ぎすぎの感。

ぴろき『ウクレレ漫談』
この日も、明るく陽気に行きましょう、で笑いを振りまいていた。

歌春『桃太郎』
ネタは3分ぐらいで、ほとんどはマクラで沸かしていた。

談之助『?』
立川流からのゲスト出演。
談志のエピソードを中心としたマクラから、TV番組のヒーローを早変わり(と言っても衣装を段々に脱いでゆくのだが)を演じて見せる珍芸。
落語というより色物に近い。

ナイツ『漫才』
最も拍手が多かったのは人気者の証明。
ボケ役の「沖縄のおみくじは『凶』ばかり、なぜならこれ以上『吉(基地)』は要らない」で客席から拍手。もっとも「これ、ねずっちのネタ」と言って、ツッコミ役から「他人のネタをやるな」と言われていた。

松鯉『荒木又右衛門』
講釈師はいま47人で、ここ数年変わっていないとか、一人入門すると一人亡くなるから。今度新人が入ってきたら、自分が死ぬ番だと言っていたが、どうして矍鑠としてますよ。

遊喜『宗論』
初見。滑舌の悪さが気になった。

京太・ゆめ子『漫才』
ボケ役の京太が本物の呆け風を演じ、それを相方がフォローするという典型的な夫婦漫才のスタイル。可笑しいというより微笑ましい高座。

遊吉『芋俵』
テンポ良く。

談幸『短命(長命)』
このネタを10分強で演じるには無理があるのでは。
端折り過ぎてこのネタの面白味が薄れてしまった。

喜楽・喜乃『太神楽曲芸』
珍しい父娘コンビの太神楽。

遊三『火焔太鼓』
本年80歳ながら、ますます元気。いかにも江戸っ子の威勢のいい高座で、志ん生流の『火焔太鼓』で楽しませてくれた。

|

« 「三田落語会」休会に思う | トップページ | 八代目正蔵三十七回忌追善落語会(2018/1/29) »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

「短命(長命)」にはプロセスの丁寧さがないと、というお話でしょうか。たしかに理想と現実のドロップ感を醸し出すにはそうなんだと思います。
談幸の本によれば、学生時代に後に師匠となる談志を学園祭に呼んだとき、披露したのがこの噺、ということです。

投稿: 福 | 2018/01/28 07:52

福様
その通りで、隠居の謎かけに男が気付くまでの時間が短かすぎて、面白みが薄れていました。
このネタや『長短』などは、時間を掛けないといけないといけないんです。

投稿: ほめ・く | 2018/01/28 09:36

かわら版で見ていてあまり食指が動かなかったのに、こうして拝見すると行きたくなり、なるほどいいメンバーだなと思います。
池袋も幸兵衛さんの記事で同じ感想、どうも捻挫のせいか雪のせいか(年とは思いたくない)出不精になってます。

投稿: 佐平次 | 2018/01/28 10:50

佐平次様
こういうノンビリとした寄席もいいもんです。
客の入りが良かったせいか熱演が続きました。

投稿: ほめ・く | 2018/01/28 11:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「三田落語会」休会に思う | トップページ | 八代目正蔵三十七回忌追善落語会(2018/1/29) »