« 三田落語会「小里ん・白酒」(2019/7/20) | トップページ | お知らせ »

2019/07/22

花形演芸会(2019/7/21)

第482回「花形演芸会」
日時:2019年7月21日(日)13時
会場:国立演芸場
≪   番組   ≫
前座・春風亭朝七『金明竹』
柳家花いち『宿へゴースト』
三遊亭好の助『よいよいそば』
のだゆき『音楽パフォーマンス』  
桂福丸『女侠客・奴の小万』
   ―仲入り―
三遊亭竜楽『片棒』
母心 『漫才』
三遊亭萬橘『子別れ』

朝七『金明竹』
以前にも書いたがベテラン風の前座だ。例の早口の口上で噛んでしまったが、それを笑いに返すあたりは、やっぱりベテランだね。よく受けていた。

花いち『宿へゴースト』
幽霊と一緒に宿に泊まる噺で、大して面白くなかった。

好の助『よいよいそば』
田舎者二人が江戸に出てきて蕎麦屋に入るが、食べ方が分からず悪戦苦闘していると、そこに職人風の鯔背な男が現れ蕎麦を食う。食い終わると「中から釘が出てきたぜ、このヨイヨイ!」と言って店を出て行った。田舎者が店主にヨイヨイの意味を尋ねると、店主は良い良いという誉め言葉だとごまかす。その後で芝居見物に出かけた二人が、舞台の役者に「ヨイヨイ」と掛け声をかけると、周囲の客からお前こそヨイヨイだと叱られるが、二人は褒められたと喜ぶ。
前座からここまで、次第に客席が冷えてきた。

のだゆき『音楽パフォーマンス』  
ここでようやく客席が温まる。

福丸『女侠客・奴の小万』
演者の略歴は以下の通り。
2007年 4代目桂福団治に入門。同年初高座。
2013年 クラシック音楽と落語のコラボレーション「寄席クラシックス 東京・代々木公演」に12カ月連続で出演。
2014年 ビジネス書「怒られ力~新社会人は打たれてナンボ!(明治書院)」を出版。
2017年 「平成29年度 文化庁芸術祭賞・大衆演芸部門 新人賞」を受賞。
2018年 「平成29年度 花形演芸大賞 銀賞」を受賞。
入門して12年ということは、東京なら二ツ目といった所か。

『女侠客・奴の小万』、珍しいネタで、あまり演じ手がいないそうだ。
奴の小万は実在の人物で、大阪長堀の豪商である三好家のむすめ、お雪。 望みあって20歳のとき長局に奉公する女祐筆となったが、父の死去後に遺産を相続し、お亀およびお岩という召使いをおいて女伊達となり、その侠気をもって知られた。のち尼となり三好正慶と号した。
女侠客というのは珍しい存在であり奇行も多かったためか、歌舞伎や小説、映画などフィクションの世界でも大活躍している。
この噺もその類と思われる。
大阪島之内にある三好屋の娘・お雪は、仲の良かった娘の家が破産し身を売られる所を助けたく父親に頼むが、断られてしまう。父親と言い争う内に勘当となり、家を出て侠客の道を進む。女伊達として孤児の面倒を見るなど善行を施し「顔」となってゆく。ある年、米が不作で路頭に迷う人々が溢れるなか、小万は豪商たちから寄付を募り、大規模な炊き出しをして人々を救い、父親との絆を取り戻す。

福丸は落語家というより歌舞伎役者のような風貌で、声が良く目に色気がある。凛とした姿は奴の小万の姿を彷彿とさせていた。笑いの取れない噺にも拘わらず、高座に引き込まれた。
この日一番の収穫だった。

竜楽『片棒』
海外公演のエピソードをマクラに振って本題へ。
久々だったが、やはりこの人は上手い。

母心 『漫才』
見るたびに面白くなっている。ボケの嶋川武秀が舞踊や歌舞伎の所作が達者で、芸の裏付けがあるのが強み。

萬橘『子別れ』
亀吉が金持ちの子に独楽で殴られ額に傷を負うという所や、50銭の出所を言わぬ亀吉を母親がゲンノウで折檻しようとする所をカットしていた。噺の湿っぽさを嫌ったのかも知れないが、締りのない高座になってしまった。萬橘にこのネタはニンじゃないのかも。

|

« 三田落語会「小里ん・白酒」(2019/7/20) | トップページ | お知らせ »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

個人的に未知の領域の一つに圓楽党があります。
兼好も萬橘もいまだしです。
竜楽も聴いたことがありません。圓楽の体調芳しからざることが伝えられる今、
雪解けが待たれます。

投稿: 福 | 2019/07/23 06:49

福様
私の認識の範囲内では、円楽一門の中で最も噺が上手いのは竜楽だと思っています。若手ではやはり兼好と萬橘が抜けています。協会に復帰し、圓生の名前を再興して欲しいと願っています。

投稿: home-9 | 2019/07/23 07:15

このブログ記事で竜楽のことが書かれていて気になっており、トリではありませんでしたが、昨日国立演芸場に行きました。まるでお寺の僧侶のような風貌で、海外公演でのマクラから親子酒をかけていました。確かに圓楽一門ではこの人が上手いと思いました。

投稿: ぱたぱた | 2019/08/13 19:01

ぱたぱた様
予てから円楽一門では竜楽が最も上手いと思っていました。ご賛同頂けたようで幸いです。

投稿: home-9 | 2019/08/13 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三田落語会「小里ん・白酒」(2019/7/20) | トップページ | お知らせ »