« 民藝「闇にさらわれて」(2019/7/1) | トップページ | 新国立『骨と十字架』(2019/7/6) »

2019/07/05

国立7月上席(2019/7/4)

国立演芸場7月上席・4日目

前座・立川幸太『道灌』
<   番組   >
立川幸之進『寄合酒』
春風亭傳枝『持参金』
ぴろき『ウクレレ漫談』 
三遊亭笑遊『無精床』
古今亭寿輔『老人天国』
  ―仲入り―
『真打昇進披露口上』高座下手より司会の傳枝、文治、談幸、吉幸、笑遊、寿輔
桂文治『代書屋』
立川談幸『青菜』
鏡味味千代『曲芸』
立川吉幸『らくだ』

国立演芸場7月上席は芸協の真打昇進披露興行で、4日目は談幸の惣領弟子の立川吉幸のお披露目だ。
吉幸の略歴は以下の通り。
平成9年10月 快楽亭ブラックに入門「ブラ房」
平成17年8月 立川談幸門下になる「吉幸」
平成19年7月 二ツ目昇進
平成27年4月 落語芸術協会入会
平成28年4月上席まで前座として務める
令和元年5月 真打昇進
経歴から分かるように随分と回り道をしてきた人だ。特に立川流から師匠と共に芸協に移籍した時は前座修行も経験させられた。でも芸協加入後に4年で真打というのは特例で、それだけ配慮して貰えたということになる。それでも入門から真打まで24年かかったのだから、遠回りには違いない。

幸之進『寄合酒』
初見。無難な出来。

傳枝『持参金』
当代は10代目で、初代は初代談洲楼燕枝が入門時に名乗っていたというから名跡を継いだわけだ。
高座は師匠の鯉昇譲りの軽快な運び。

ぴろき『ウクレレ漫談』 
自虐ネタの後で「明るく陽気に、いきましょう」で締める。ワンパターンだがとにかく可笑しい。

笑遊『無精床』
マクラで、30代の美人理容師に髭を剃って貰う喜びを語っていた。それで思い出したのは、若いころ通っていた理髪店にバストの大きなお姉さんがいて、髭を剃る時に身を乗り出して来るので目のやり場に困った(本音は困ってなかったけど)。
ちょっと形容のしようのない不思議な芸で、楽協には絶対にいないタイプだ。

寿輔『老人天国』
こちらも楽協にはいないタイプ。この日は2列目で熟睡している客を起こさぬようにと静かにしゃべっていた。ネタは先月の中席と同じ。

『口上』では、師匠の談幸がとても嬉しそうだったのが印象的だった。行動を共にし苦労させた分、安堵した気持ちなんだろう。2年前に協会の正会員になってから一気に弟子が4人も増えたのは芸風と人柄からか。

文治『代書屋』
しゃべり方、仕草、クスグリまで全て権太楼にそっくり。きっとネタは権太楼仕込みだろう。

談幸『青菜』
江戸っ子好みのサッパリした芸とでも言うべきか。近ごろこのネタをトリに掛けるような向きがあるが、あれは邪道。談幸の様に暑い時期に軽く演じるのが正解。

味千代『曲芸』
太神楽にあるまじき、どこかのお嬢さん風な容貌。芸は堅実。

吉幸『らくだ』
しみじみ見るとなかなか凄みのある風貌だ。一昔前の東映映画にそのまま出てきそう。ちょいと固い感じだったが、屑屋が酔って兄いに啖呵を切る場面は迫力があった。それぞれの人物の演じ分けに、もっと工夫が要るかも。

 

|

« 民藝「闇にさらわれて」(2019/7/1) | トップページ | 新国立『骨と十字架』(2019/7/6) »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

談幸は風貌にも、著述にも出ているように、誠実であっさりした感じ。
自分と全く異なる個性の弟子を談志が重んじて可愛がったのです。
『青菜』は十八番。前半の屋敷の場面がうまいヒトと、後半の長屋の場面がうまいヒト、両方いますが、どちらかというと前者でしょうか。

投稿: 福 | 2019/07/05 06:35

福様
『青菜』の勘所としては、前半の主人と植木屋との会話に涼しさが感じられるかで、談幸は上手に演じていました。

投稿: home-9 | 2019/07/05 09:57

刺戟を頂いて私も申し込んでみたら、鯉斗の日、寿輔は出ないのがちょっと残念です。

投稿: 佐平次 | 2019/07/06 09:33

佐平次様
私の場合は談幸が育てた弟子の初の真打ということで、この日の披露興行にしました。寿輔にはここんとこ2回続けて逃げられています。

投稿: home-9 | 2019/07/06 10:13

当方、5日目夜の部に出向きました。
新真打3人が揃うからでした。番組は以下の通りでした。感想は、師匠である鯉昇、談幸、圓馬が格の違いを見せつけたこと、新真打のうち上手いのは勿論吉幸、トリの鯉斗はまだ若いせいか口跡が噺家のそれになっていない、藍馬は風貌が池上季実子と大地真央を足して2で割った風貌で噺はまぁまぁ、踊りもなかなかといったところです。長文失礼致しました。
牛ほめ/幸太
猫の皿/柳若
長命/圓馬
ウクレレ漫談/ぴろき
茶の湯/談幸
粗忽の釘/鯉昇
仲入り
口上 左から司会の柳若、圓馬、吉幸、藍馬、鯉斗、談幸、鯉昇
真田小僧/吉幸
皿屋敷~かっぽれ/藍馬
曲芸/ボンボンブラザーズ
紙入れ/鯉斗

投稿: ぱたぱた | 2019/07/07 12:21

ぱたぱた様
夜の部が正解でしたね。談幸の入会は芸協のために本当に良かったと思います。

投稿: home-9 | 2019/07/07 18:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 民藝「闇にさらわれて」(2019/7/1) | トップページ | 新国立『骨と十字架』(2019/7/6) »