« 【台風19号】もはや「異常気象」とは言えない | トップページ | 落語でおなじみ『天竺徳兵衛韓噺』(2019/10/17) »

2019/10/16

「西のかい枝 東の兼好」(2019/10/15)

第30回「西のかい枝 東の兼好」
日時:2019年10月15日(火)19時
会場:横浜にぎわい座 芸能ホール
<  番組  >
前座・三遊亭じゃんけん『金明竹』
桂かい枝『豊竹屋』
三遊亭兼好『館林』
~仲入り~
三遊亭兼好『粗忽長屋』
桂かい枝『鼠穴』

先日の台風、被害も停電もなかったが、一時期TV、ネット、固定電話が不通となった。ラジオが無いもんだから情報から取り残された状態になった。どうやら共有部分の電源に不具合が生じたようで、エレベーターが停止、廊下や階段は真っ暗。長引けば水道も止まるところだったが、管理会社に連絡して2時間ほどで正常に戻った。
この程度で済んだから良かったが、家が流されたり壊れたり浸水が続いている方はさぞかし大変な思いをされているだろうと胸が痛む。

かい枝『豊竹屋』
東京でも演じられるが、このネタはやはり上方だ。音曲噺とは言えないが、義太夫の素養が演者に求められる。かい枝の高座は語りの上手さが活きていた。
なおタイトルの豊竹屋、主人公の豊竹屋節右衛門は、昔大阪の道頓堀に「竹本座」と「豊竹座」という二つの浄瑠璃の小屋があった事から命名したものだろう。
三味線弾きの名前が花梨胴八となっているのは、三味線の胴が花梨の木から作られているからだと思う。

兼好『館林』
江戸の末期になると町人も剣術を習っていたようだ。
剣術に凝った半さんが道場の先生に武者修業の旅に出たいと言い出す。先生は止めるが半さんは聞かない。仕方なく自分の武者修行時代に話を聞かせる。
上州の館林で賊が土蔵の中に入って刀を振り回していて、周囲が難渋していた。先生は一計を案じ、空き俵を土蔵の中へ放り込んだ。賊が慌てて俵に斬りつけている隙を見て飛び込んで、先生は相手の胸元めがけて首をぬっと出して賊を取り押さえた。
良いこと聞いたと半さんが町内酒屋の前を通りかかると、酔っぱらった浪人が金を払わず蔵の中で刀を振り回して暴れている。そこで半さんが俺が生け捕りにしてやると言い出す。周囲は止めるが、先ず空き俵を放り込んで、相手が俵に斬りかかっている所に飛び込んで生け捕りにすると息巻くが、それを浪人はみな聞いてしまった。半さんが俵を放り込んでも浪人は切ってこない。「おやおや、斬り下ろさないね、中で何してんだろ」と、首をぬっと土蔵の中に入れたとたんに、浪人がエイッと斬り下ろした。半さんの首はゴロゴロッと地面を転がった。
騒動を聞きつけた先生が近づくと、半さんの首が起きて「先生、嘘ばっかり」でサゲ。
このネタ、8代目文治が演じていたがその後しばらく途絶えていたが、近年になって喬太郎が復活させている。
何ともバカバカしいストーリーだが、兼好にはニン。

兼好『粗忽長屋』
いくつか独自の工夫が見られた。
・熊が死んだ気にならないというと、八が婆さんが亡くなった時も3日経ってから実感が湧いてきたと説得する。
・熊が遺体の背中を見て俺じゃないと言うと、八がお前は自分の背中を見たことがない、俺は普段から見てるから間違いないと説得する。
・逡巡していた熊が「煙草入れが俺と同じ」と言って本人だと確信すると、係の役員が証拠が出たんだからと相槌を打つ。
そうした工夫が可笑しさを増幅していた。

かい枝『鼠穴』
東京のネタをほぼそのまま上方に移したという演じ方。
東京の噺家も色々な人が演じていて、それぞれ若干の違いがあるが、ここでは圓生の演じ方を標準として比較する。
かい枝の高座では、弟の竹次郎が兄から3文しか貰えなかったことを、自分も立派に成功した10年後も恨みが消えなかった。だから兄に金を返した後、直ぐに立ち去ろうとする。兄はそれを大声で止めて、弟がもし3文を倍にしていたら元手を10両でも20両でも貸すつもりだったと告白する。それを聞かされた竹次郎も初めて兄の真意を知って感謝する。
後半の夢の部分は東京と同じ。
サゲは、東京では「夢は土蔵(五臓)の疲れだ」としているが、かい枝は兄弟手を取りあって繁盛したで締めた。
全体に人情噺としての色を濃くした演じ方で、かい枝の技量が十分に発揮されていた。

|

« 【台風19号】もはや「異常気象」とは言えない | トップページ | 落語でおなじみ『天竺徳兵衛韓噺』(2019/10/17) »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

うん、証拠が出たんだな、は読んでもおかしい!

投稿: 佐平次 | 2019/10/17 10:00

佐平次さん
証拠という発想は面白いと思いました。

投稿: home-9 | 2019/10/17 18:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【台風19号】もはや「異常気象」とは言えない | トップページ | 落語でおなじみ『天竺徳兵衛韓噺』(2019/10/17) »