« 寄席の唄(下) | トップページ | ワタシ「皇族」稼業に向いてないモン »

2020/11/24

サクラサク

ようやくと言うべきか、とうとうと言うべきか、安倍前首相の「桜を見る会」疑惑にメスが入りつつある。
安倍晋三前首相側が主催した「桜を見る会」の前夜祭を巡り、会場のホテル側に支払われた総額が、昨年までの5年間に計約2300万円に上ったのに対し、参加者からの会費徴収額は計1400万円余りにとどまっていた疑いのあることが分かった。
東京地検特捜部は、差額の計800万円以上を安倍側が補填していた可能性があるとみて捜査している。
前夜祭は昨年まで、政治団体「安倍晋三後援会」が「桜を見る会」の前日に東京都内のホテルで開催。毎年、地元山口県の支援者ら数百人が1人5000円の会費で参加し、飲食が提供されるなどしていた。
ホテル側は安倍側から差額を受領したことを示す領収書を作成し渡していたと言い、特捜部も既に領収書の存在を把握している。
特捜部はホテルや安倍側から提出された資料を分析するとともに、公設第1秘書や私設秘書のほか地元の支援者から任意で事情を聞いた。
前夜祭を巡っては、差額分を安倍側が補填していたのではないかと野党が追及。市民団体なども政治資金規正法違反や公職選挙法違反の容疑で特捜部に告発状を提出していた。
これまで安倍は国会で、5000円の会費について「ホテル側が設定した価格だ」などと補填疑惑を否定し、ホテル側から「明細書の提示はなかった」との主張を」繰り返していた。特捜部の見立て通りであるとすれば、安倍はウソをつき続けていたことになる。

安倍が首相を退陣してから2ヶ月あまりで捜査の手が伸びたことに驚きや戸惑いの声があるかも知れない。
しかし、総理官邸をめぐる権力闘争とみればさほど不思議はない。
菅首相の国会答弁などの不手際や言い間違い読み間違いが続くなかで、自民党内にも菅に対する失望感が広がり、菅政権は長く持つまいという声が囁かれている。その反動として安倍の再登板を期待する声もある。
菅としてはいつ寝首をかかれるかも知れず、これではおちおちしてられない。先手をうって、安倍の再登板の火だけは消しておく必要があったのでは。

もう一つ、公明党が次期衆院選で広島3区に斉藤鉄夫副代表を擁立することを検討しているが、広島を地盤とする自民党の岸田文雄前政調会長率いる岸田派に波紋を広げている。広島県は6人の現職国会議員を抱える岸田派の牙城だ。
公明党が候補を立てるとしたら、予め菅首相や首相を支える二階幹事長の了解を得てのことだろう。
これも次期総裁の候補である岸田潰しと考えれば分かりやすい。

それやこれやで安倍の「桜疑惑」は波乱含みだ。
首相がウソをついても裁かれないと前例を作らせない為にも、国会への安部の喚問と、検察による徹底した捜査が望まれる。

|

« 寄席の唄(下) | トップページ | ワタシ「皇族」稼業に向いてないモン »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

さくら、兄ちゃんはな、世の人々の為に汗水たらして・・・
渥美清の俳句には面白いものがあります。
ゆうべの 台風どこにいた ちょうちょ
自問のように聞こえます。

それにしても、めでたいはずの観桜会が
かくまで醜聞まみれになるなんて、想定外のことです。

投稿: 福 | 2020/11/26 06:49

福さん
遅咲きのサクラがようやく花開いたようで。やはり天網恢恢疎にして漏らさずです。

投稿: home-9 | 2020/11/26 09:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寄席の唄(下) | トップページ | ワタシ「皇族」稼業に向いてないモン »