« M子のお相手Kはアメリカ人だ、と思えば(敬称略) | トップページ | 「看護師500人は可能」それならいま直ぐにやれよ »

2021/04/30

「体外」監視から「皮下」監視へ~withコロナの社会~

身内の話で恐縮だが、高校生の孫娘が陸上部のキャプテンをしている。ある時、顧問の教師から彼女にスマートウオッチなるものが貸し出された。何でも体温や脈拍から運動量(カロリー消費量)まで計れるという優れもので、価格もかなり高いそうだ。これにより、日常的に自己管理が出来るからと孫娘も喜んでいた。
だが、上記の諸データは顧問のスマホにも転送されるので、常に彼女のコンディションは顧問に掌握される。離れていてもちゃんと練習メニューをこなしているかが一目で分かる仕組みだ。熱心な先生だなと感心していた。
でも、母親がその教師が20歳代の独身ときいて、もしかして個人的な興味からスマートウオッチを着けさせているのではと心配し出した。「リモート・ストーキング」ではあるまいかと。相談されたコッチも返答に困った。
このわずかな経験から、あらためて先日の記事で紹介したユヴァル・ノア・ハラリ氏がFINANCIAL TIMESに「新型コロナウイルス後の世界―この嵐もやがて去る。だが、今行なう選択が、長年に及ぶ変化を私たちの生活にもたらしうる」を読むと、これが決して夢物語の世界ではないのを実感できる。
以下、「体外」監視から「皮下」監視への当該部分を紹介する。

今後、多くの短期的な緊急措置が生活の一部になる。非常事態とはそういうものだ。非常事態は、歴史のプロセスを早送りする。平時には討議に何年もかかるような決定も、ほんの数時間で下される。未熟なテクノロジーや危険なテクノロジーまでもが実用化される。手をこまぬいているほうが危いからだ。いくつもの国がまるごと、大規模な社会実験のモルモットの役割を果たす。誰もが自宅で勤務し、遠隔でしかコミュニケーションを行なわなくなったら、何が起こるのか? 小学校から大学まで、一斉にオンラインに移行したら、どうなるのか? 平時なら、政府も企業も教育委員会も、そのような実験を行なうことにはけっして同意しないだろう。だが、今は平時ではないのだ。
この危機に臨んで、私たちは2つのとりわけ重要な選択を迫られている。第1の選択は、全体主義的監視か、それとも国民の権利拡大か、というもの。第2の選択は、ナショナリズムに基づく孤立か、それともグローバルな団結か、というものだ。

感染症の流行を食い止めるためには、各国の全国民が特定の指針に従わなくてはならない。これを達成する主な方法は2つある。1つは、政府が国民を監視し、規則に違反する者を罰するという方法だ。今日、人類の歴史上初めて、テクノロジーを使ってあらゆる人を常時監視することが可能になった。

数か国の政府が、新型コロナウイルス感染症の流行との戦いで、新しい監視ツールをすでに活用している。それが最も顕著なのが中国だ。中国の当局は、国民のスマートフォンを厳重にモニタリングしたり、何億台もの顔認識カメラを使ったり、国民に体温や健康状態の確認と報告を義務づけたりすることで、新型コロナウイルス感染症の病原体保有者であると疑われる人を素早く突き止められるだけでなく、彼らの動きを継続的に把握して、接触した人を全員特定することもできる。国民は、感染者に接近すると、多種多様なモバイルアプリに警告してもらえる。

こうした措置には1つとして新しい点はないと主張する向きもあるだろう。近年は、政府も企業も、なおいっそう高度なテクノロジーを使って、人々の追跡・監視・操作を行なっているからだ。とはいえ、油断していると、今回の感染症の大流行は監視の歴史における重大な分岐点となるかもしれない。一般大衆監視ツールの使用をこれまで拒んできた国々でも、そのようなツールの使用が常態化しかねないからだけではなく、こちらのほうがなお重要だが、それが「体外」監視から「皮下」監視への劇的な移行を意味しているからだ。

これまでは、あなたの指がスマートフォンの画面に触れ、あるリンクをクリックしたとき、政府はあなたの指が何をクリックしているかを正確に知りたがった。ところが、新型コロナウイルスの場合には、関心の対象が変わる。今や政府は、あなたの指の温度や、皮下の血圧を知りたがっているのだ。

監視技術は猛烈な速さで進歩しており、10年前にはサイエンスフィクションのように思えたものが、今日では早くも新鮮味を失っている。1つ思考実験をしてみよう。体温と心拍数を1日24時間休みなくモニタリングするリストバンド型センサーの着用を、ある政府が全国民に強要したとする。得られたデータは蓄積され、政府のアルゴリズムが解析する。そのアルゴリズムは、あなたが病気であることを、本人が気づきさえしないうちに知るだろうし、あなたがどこに行き、誰と会ったかも把握している。そのおかげで、感染の連鎖を劇的に縮め、完全に断ち切ることさえできるだろう。そのようなシステムがあれば、ほんの数日で感染症の拡大を止められることはほぼ間違いない。素晴らしい話ではないか?

ぜひとも思い出してもらいたいのだが、怒りや喜び、退屈、愛などは、発熱や咳とまったく同じで、生物学的な現象だ。だから、咳を識別するのと同じ技術を使って、笑いも識別できるだろう。企業や政府が揃って生体情報を収集し始めたら、私たちよりもはるかに的確に私たちを知ることができ、そのときには、私たちの感情を予測することだけではなく、その感情を操作し、製品であれ政治家であれ、何でも好きなものを売り込むことも可能になる。
(以上は「WEB河出」より引用)

いま、コロナ感染下の緊急事態の中で、私たちは政府や自治体から色々な提案を受けている。政府による国民監視の強化もその一つで、確かに感染を防ぐためには有効だと思われるものもある。
しかし、そうした方策の多くはコロナ後の社会にも継続されるのを肝に銘じるべきだろう。

 

|

« M子のお相手Kはアメリカ人だ、と思えば(敬称略) | トップページ | 「看護師500人は可能」それならいま直ぐにやれよ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« M子のお相手Kはアメリカ人だ、と思えば(敬称略) | トップページ | 「看護師500人は可能」それならいま直ぐにやれよ »