« 鈴本演芸場6月下席(2021/6/23) | トップページ | 政府のためか国民のためか、映画『オフィシャル・シークレット』 »

2021/06/26

宮内庁長官の「天皇は五輪懸念」発言への危惧

宮内庁の西村泰彦長官が2021年6月24日の定例会見で、東京五輪・パラリンピックに対する天皇の受け止めについて「開催が感染拡大につながらないか、懸念されていると拝察している」と発言したことの波紋が国外にも広がっている。
西村長官は、会見で次のように語っている。
「陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を大変心配されている。国民に不安の声がある中で、開催が感染拡大につながらないか、懸念されていると拝察している」
「日々、陛下とお話ししている中で、私が肌感覚でそう感じている。陛下から直接そういうお言葉を聞いたことはない」
つまり、天皇が直接語ったことではく、あくまで西村長官が感じたことを述べた形になっている。
しかし、文脈全体を捉えれば天皇の意思ともとれる。
讀賣オンラインによると、ある宮内庁幹部は「陛下は開会式で開会を宣言される立場にあるが、一方で開催による感染拡大を心配し、コロナに苦しむ人にも心を寄せられている」と指摘。「開催を巡って国論が二分する中、宮内庁長官としては陛下が片方だけを重んじているわけではないことを伝える必要があると判断したのだろう」と推察している。

発言の内容自体は多くの国民が共感するところであり、私の様な東京五輪の開催反対の立場の人間としては心強くさえ感じる。
しかし、こうした天皇(直接、間接を問わず)の意思表示が「諸刃の剣」であることは、過去の歴史が証明している。
天皇の政治利用を招きかねないことを危惧するなら、今回の発言には慎重であらねばなるまい。

|

« 鈴本演芸場6月下席(2021/6/23) | トップページ | 政府のためか国民のためか、映画『オフィシャル・シークレット』 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鈴本演芸場6月下席(2021/6/23) | トップページ | 政府のためか国民のためか、映画『オフィシャル・シークレット』 »