フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ウクライナ侵略と真珠湾 | トップページ | ウクライナ民謡「小さなグミの木」 »

2022/03/25

今季の阪神で気がかりなのは、スアレス・ロスと矢野リスク

いよいよ2022年プロ野球の開幕だ。
昨シーズンの阪神タイガース、途中までは優勝を確信していたが、後半の足踏みが響き、ヤクルトに優勝をさらわれてしまった。
今シーズンだが、とりわけて補強もしていないので、ほぼ昨年なみの戦力で戦うことになるが、気がかりな点が2点ある。
①絶対的な抑えの存在だったスアレスが退団して、穴埋めが未だ定まっていないこと。今季は昨年までと違い、延長が12回になるので、リリーフやクローザーの役割が特に重要になる。いずれにしろ、スアレス以上の成績は期待できないだろうから、マイナスの懸念が強い。
②矢野リスク、矢野監督がシーズン前に今季で退団することを公表してしまった。本人の真意はともかく、非常識な判断と言わざるをえない。特に大事なシーズン後半になると、来期の監督が誰になるかが大きな話題となる。それにより選手が動揺したり、浮足立つことも起こりうる。
今季のセリーグも混戦状態が続くだろうし、どのチームが出てきてもおかしくない。少しの戦力の差が、順位に大きく影響を及ぼすことになる。阪神も優勝の可能性もあれば、Bクラスに沈むこともありうる。
カギを握るのは、今年も藤浪の出来だろう。藤浪がシーズン通して先発ローテを守れるようであれば、優勝のチャンス有りと見ている。
シーズンが終わった時には、美味い酒を呑みたいものだ。

« ウクライナ侵略と真珠湾 | トップページ | ウクライナ民謡「小さなグミの木」 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウクライナ侵略と真珠湾 | トップページ | ウクライナ民謡「小さなグミの木」 »