フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ウクライナ問題に関する多様な意見を排除すべきでない | トップページ | 近ごろの日本ちょっと変だぜ »

2022/03/21

東京新聞主催の落語会「ひびらく」がスタート

3月20日付東京新聞で、東京新聞主催の落語会「日比谷らくご倶楽部」(「ひびらく」)がスタートすると報じられている。全国紙主催の落語会は出揃っているが、東京の地方紙では初だろう。
特長は、
・二ツ目を対象にしたレギュラー制
・3つのグループに分けて毎月開催
グループ分けは次の通り(*チームリーダー)。
「花言葉」*三遊亭わん丈、春風亭昇りん、昔昔亭昇
「飴御前」*林家つる子、林家あんこ、春風亭一花
「らくご少年」*桂竹千代、春風亭昇咲、立川談州
わん丈はバンドのボーカルからの、竹千代は漫才からの転身という変わり種だ。わん丈は独演会に何度か行ってるし、つる子と一花はお馴染みだが、他は未見。
第1回は4月20日午後7時開演で、「花言葉」が出演。会場は日比谷の中日新聞東京本社1階ホール。

« ウクライナ問題に関する多様な意見を排除すべきでない | トップページ | 近ごろの日本ちょっと変だぜ »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウクライナ問題に関する多様な意見を排除すべきでない | トップページ | 近ごろの日本ちょっと変だぜ »