« 竹田恒泰の全面敗訴 | トップページ | 新聞広告の何が問題なんだろう? »

2022/05/12

ウクライナのオデッサの風景

過去に訪れた国が戦争や内乱で破壊されてゆく姿を見るのは辛いことです。
ウクライナに侵攻中のロシア軍は5月9日、南部の港湾都市オデッサを極超音速ミサイル「キンジャル」で攻撃し、大型商業施設を破壊したと伝えられています。
オデッサはウクライナ最高の観光地であり、貿易の拠点でもあります。
私は2017年にこの地を訪問しており、その時に撮った街の様子を紹介します。
オデッサ空港。
Photo_20220512095801
オデッサ市内のトラム
Photo_20220512100201
オデッサの街の風景
Photo_20220512095901
 黒海です。名前の由来は、ギリシアからはるばるこの地に来た人が、天候が悪かったので海面が黒く見えたので黒い海と名付けたそうです。
Photo_20220512100401
オペラ・バレー劇場
Photo_20220512100101
ポチョムキンの階段。映画『ポチョムキン』ではこの階段を、赤ちゃんを乗せた乳母車が落ちてゆくシーンが有名です。
Photo_20220512100203
中央広場に立つリシュリュー像。この地に長官として就任したリシュリューによって、オデッサの都市計画が進み現在のような街になりました。
1
オデッサ中央駅。
Photo_20220512095902
こんな静かで美しい街が破壊されないよう祈るばかりです。

|

« 竹田恒泰の全面敗訴 | トップページ | 新聞広告の何が問題なんだろう? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 竹田恒泰の全面敗訴 | トップページ | 新聞広告の何が問題なんだろう? »