フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ひろゆきの沖縄ツイートは無知か悪意か | トップページ | 独り言 »

2022/10/27

混浴バンザイ!

海外にも温泉があり、旅行者にはそれを楽しみにしている人もいるが、私は利用したことがない。理由は水着着用が義務づけられているからだ。海パンをはいたまま入浴なんて冗談じゃない。
温泉、とりわけ露天風呂は開放感や爽快感が味わえるのが魅力だ。そのためには裸が絶対条件だ。
50代のころ、九州の大分に長期出張していた時期があり、たまの休みには近隣の温泉を訪れた。
なにせ大分から福岡や熊本方面に向かう列車では、停車駅ごとに温泉がある。別府や湯布院といった全国に知られた温泉以外に、小規模の温泉が各地にある。洞窟温泉や、川底から温泉が湧き出している変わった温泉もある。露天風呂も多い。
小規模な温泉では湯船が一つしかない所が多く、時間帯を区切って男女別々に利用するケースもあったが、混浴も少なくなかった。
最初は多少の抵抗感があったが、馴れてくると気にならなくなる。
さすがに着替えの場所だけは男女別々が多かったが、湯船に入ると一緒になる。
混浴は女性にとって恥ずかしいかも知れないが、それは男も一緒だ。私のように人サマにお見せするようなリッパな体を持っていない人間にとっては、異性に裸体を晒すにはやはり恥ずかしいのだ。
そのうち湯船の中で女性とも会話も交わすようになり、双方とも意識しなくなる。
女性客は中年以上の年配の方が多かったが、たまに若い人もいた。20代と思しき女性客とも2度ほど出会ったことがある。こういう僥倖に巡り会えたのも、日ごろの行いが良いせいかな。それとも、こちらが爺さんだからどうでも良いと思われたのかも知れないが。
江戸時代の銭湯は混浴だったという。日本に来た外国人には随分と奇異に見えたようだ。法律で男女を分けるようにしたのは明治になってからだ。
混浴を伝統文化と考えれば、未だ地方の鄙びた温泉にはその伝統が残されているということかな。

« ひろゆきの沖縄ツイートは無知か悪意か | トップページ | 独り言 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ひろゆきの沖縄ツイートは無知か悪意か | トップページ | 独り言 »