フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 京王線刺傷事件の男、お前は落語の『刀屋』か | トップページ | 被侵略国への殺傷能力のある兵器の輸出には反対だ »

2023/06/28

古今亭八朝の死去

落語家の古今亭八朝が6月26日、老衰のため死去した。71歳だった。
八朝の経歴は、1970年4月に三代目古今亭志ん朝に入門。73年5月に志ん吉の名で前座。75年11月、二ツ目昇進し、八朝に改名。1984年9月に真打に昇進した。
残念ながら八朝のナマの高座には接していないが、ラジオ番組に出演した時の録音が残っていて、マクラで自己紹介をしている。
時期は不明だが、これから入院するような事を語っていたので、もともと持病があり、それが71歳で老衰になった原因だったのかも知れない。
前座時代に、柳家権太楼や立川談四楼と共に「仁義なき落語会」という名称の会を開いていたと言う。前座は独自の落語会を行うのは禁止されていて、それが師匠の志ん朝にばれて大目玉を食ったとある。
演じたネタは『真田小僧』だったが、志ん朝の芸風を継いだものだった。
ご冥福を祈る。

« 京王線刺傷事件の男、お前は落語の『刀屋』か | トップページ | 被侵略国への殺傷能力のある兵器の輸出には反対だ »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

八朝は「黒門亭」の責任者時代に聴きました。
演目は「幇間腹」。
鍼を打つ相手は芸者だろうと言っても、若旦那はうなづかない。嫌な予感が走る。
「お前だよ!」
ここで扇子をぽーんと放ってショックを表現していました。
ご冥福をお祈りします。

福さん
ラジオ番組では、裁判を起こされているとも言ってました。何かトラブルがあったのでしょうか。

随分と以前に、故‣田宮二郎主演の『高原へいらっしゃい』というTVドラマで視たのが最初でした。八朝師が若手の頃で、他に益田喜頓、尾藤イサオ、池波志乃といった演芸関係者(?)も脇を固めていたように思います。某氏のラジオ番組で病気療養中と聴いて、いずれカムバックを祈念しておりましたが…。

与太さん
TVドラマにも出ていたんですね。懐かしい顔ぶれですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京王線刺傷事件の男、お前は落語の『刀屋』か | トップページ | 被侵略国への殺傷能力のある兵器の輸出には反対だ »