フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 祝!阪神タイガース2023年セ・リーグ優勝! | トップページ | 私の好きな曲(邦盤) »

2023/09/19

誰がカダフィを殺したのか

北アフリカのリビアで甚大な洪水被害が出て18日で1週間がたった。世界保健機関(WHO)は3958人が死亡し、9千人以上が行方不明だとしている。現地では遺体の身元確認を待たず、集団墓地への埋葬が始まった。国連は既に1千人以上が集団埋葬されたとした。
人口約10万人のデルナでは市内を流れる川の上流にあるダム2つが決壊し、大洪水が人々や建物を襲った。統一政府の不在でダム補修が滞り、被害が拡大した可能性が指摘されている。
また早期警報・防災システムが適切に運用されていなかったことも被害を拡大した要因という指摘がある。警報があれば事前の避難で犠牲の大半を防げていただろうと思われる。
今回のリビアの洪水被害は、直接的には地中海のハリケーンを指す「メディケーン」という低気圧が大雨をもたらしたものだが、被害がここまで拡がったのは「人災」が原因だ。
私は2005年7月にリビアを訪問しているが、遺跡の数々に目を奪われた。ローマ遺跡が残存状態といい、スケールといい、他国を圧倒していた。
現地ガイドの説明では、教育費は大学まで無料、家賃も安く、福利厚生も充実しているとされていた。豊富な石油資源を背景にした豊かな国という印象だった。
街の至る所にカダフィ大佐の肖像画が飾られていて、T-シャツにはカダフィの写真がプリントされていたのが印象的だったが。
しかし、2011年にカダフィの独裁政権に反対する反政府勢力と政府軍との間に内戦が勃発し、国内は混乱状態となった。
カダフィ独裁政権による人権弾圧が国際問題となるに従い、米国とNATOの一部の国が内戦に介入し、米英仏を中心とした多国籍軍がカダフィ政府軍への空爆を開始した。
やがてカダフィが殺害され、内戦は一応反政府側の勝利となった。
その後、親カダフィ勢力およびイスラム国の台頭を招き内戦は現在まで継続し、現在に至っている。
もともとリビアは、反目しあいがちな多数の部族をカダフィが巧みに統制することによって一国家として成立していた。カダフィというタガが外れてことにより、部族間や都市間の対立が激しくなり、収集がつかなくなっている。
「独裁=悪」という西側の常識は、常に成り立つわけではない。
最後まで責任を負えないような支援や介入は、却って相手国を不幸にすることを肝に銘じておかねばなるまい。

« 祝!阪神タイガース2023年セ・リーグ優勝! | トップページ | 私の好きな曲(邦盤) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 祝!阪神タイガース2023年セ・リーグ優勝! | トップページ | 私の好きな曲(邦盤) »