フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 関東大震災と亀戸事件 | トップページ | 門田隆将という「作家」 »

2023/09/03

(続)この演者にはこの噺

前回より対象者を少し拡げて選んでみました。
演者と『演目』、()内の数字は「代目」を表しますが一部は省略しています。

桂かい枝『堪忍袋』
桂吉朝『質屋蔵』
桂文華『近日息子』
三遊亭圓歌(3)『坊主の遊び』
春風亭一朝『淀五郎』
春風亭小朝『牡丹灯篭よりお札はがし』
桃月庵白酒『松曳き』
隅田川馬石『明烏』
入船亭扇橋(9)『麻のれん』
入船亭扇辰『匙かげん』

« 関東大震災と亀戸事件 | トップページ | 門田隆将という「作家」 »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

過日、馬石の丁寧な「居残り佐平次」を聴いて感心しました。
「明烏」は現役では三三と柳朝と思っておりましたが、馬石にも遭遇したいと存じます。

台風、くれぐれもお大事に。

福さん
馬石は「明烏」で芸術祭大賞を受賞しています。何を演じても上手いもんです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関東大震災と亀戸事件 | トップページ | 門田隆将という「作家」 »