フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 私の好きな曲(邦盤) | トップページ | 材料には罪はない~プラスチック、アスベスト »

2023/09/24

私の好きな曲(洋盤)

好きな曲を集めてみました。今回は洋盤です。
リストアップしたところ、大半の曲がスタンダード・ナンバーになりました。
()内は日本語のタイトル、グループ名の定冠詞「The」は省力しています。
太字は特に好きな曲です。

Ames Brothers「Moonlight Serenade」(ムーンライトセレナ-デ)
Andrea Bocelli 「Quizas Quizas Quizas」(キサス)
Andy Williams「The Shadow Of Your Smile」(いそしぎ)
Barbra Streisand「Woman In Love」(ウーマンインラブ)
Barry Manilow「Copacabana」(コパカバーナ)
Beatles 「While My Guitar Gently Weeps」 (ホワイルマイギタージェントリーウイープス)
Bee Gees「Massachusetts」(マサチューセッツ)
Billy Joel「Honesty」(オネスティ)
Bing Crosby「Siboney」(シボネ-)
Bobby Darin「Mack the Knife」(マックザナイフ)
Bonnie Guitar「Dark Moon」(ダークムーン)
Carol Sloane「hush-a-bye」(ハッシャバイ)
Carpenters「Yesterday Once More」(イエスタデイワンスモア)
Celtic Ladies「Greensleeves」(グリーンスリーブス)
Cesaria Evora「Besame Mucho」(ベサメムーチョ)
Chase Webster「Moody River」(涙のムーディリバー)
CLAUDIO VILLA「La novia」(ラノビア)
Diamonds「Little Darlin'」(リトルダーリン)
Domenico Modugno「Nel Blu Dipinto Di Blu」(アルディラ)
Eagles「Hotel California」(ホテルカリフォルニア)
Edith Piaf「Sous le Ciel de Paris」(パリの空の下)
Edmundo Rivero「El choclo」(エルチョクロ)
Ella Fitzgerald「Misty」(ミスティ)
Elvis Presley「Can't Help Falling In Love」(愛さずにはいられない)
Engelbert Humperdinck「QuandoQuandoQuando」(クアンドクアンドクアンド)
Frank Sinatra「Strangers In The Night」(夜のストレンジャー)
Harry Belafonte「Venezuela」(恋のベネズエラ)
Marceau Camille「Jambalaya」(ジャンバラヤ)
Jerry Vale「Al- Di- La」(アルディラ)
John lennon「imagine」(イマジン)
Jose Carreras「Ah! Maria, Marí」(マリアマリ)
Julie London「Cry Me A River」(クライミアリバー)
Kingstone Trio「Where Have All The Flowers Gone」(花はどこへ行った)
Mamas & The Papas「California Dreamin'」(夢のカリフォルニア)
Matt Monro「Love is a many splendored thing」(慕情)
Maurice Chevalier「I love Paris」(アイラブパリ)
Michael Martin Murphey「Red River Valley」(レッドリバーバレー)
Nat King Cole「too young」(トウヤング)
Patti Page「Lover Come Back To Me」(恋人よ我に帰れ)
Paul Robertson「Oldman River」(オールドマンリバー)
Pedro Infante「Cielito Lindo」(シェリトリンド)
Peggy Lee「journy gitter」(ジャニーギター)
Perry Como「The Rose Tattoo」(薔薇の刺青)
Peter, Paul and Mary「Blowing in the Wind」(風に吹かれて)
Platters「Twilight Time」(トワイライトタイム)
Queen「Bohemian Rhapsody」(ボエミアンラプソディ)
Righteous Brothers「Unchained Melody」(アンチェンドメロディ)
Simon & Garfunkel「The Sounds Of Silence」(サウンドオブサイレンス)
Brothers Four「The Green Leaves Of Summer」(グリーンリーブスオブサマー)
Four Lads「Istanbul」(イスタンブール)
Tony Bennett「I left my heart in San Francisco」(想い出のサンフランシスコ)
Yves Montand「Les Feuilles Mortes」(枯れ葉)
Д.Хворостовский「Очи черные」(黒い瞳)

« 私の好きな曲(邦盤) | トップページ | 材料には罪はない~プラスチック、アスベスト »

音楽」カテゴリの記事

コメント

「エラ・イン・ベルリン」は名盤で愛聴しています。
「ミスティ」が会場を切なく染め上げます。

福さん
エラの歌唱は素晴らしく選曲に迷いましたが「ミスティ」を採りました。「マックザナイフ」もエラでしょうが、遊び心のボビーダーリンの歌唱を選びました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の好きな曲(邦盤) | トップページ | 材料には罪はない~プラスチック、アスベスト »