フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ブログの墓標 | トップページ | 蓮舫は東京をどうしようとしているのか? »

2024/05/30

蝶花楼桃花が31日間連続口演

蝶花楼桃花が、7月に池袋演芸場で31夜の連続独演会を行う。
「桃花 31夜」と題して31日間ネタおろしを含む、異なる演目を披露するという。
落語家の中には、これだけ演じる力量がある人はいるだろうが、問題は31日間客が入るかどうかだ。それだけの集客力があるかだ。
現在の桃花の人気から充分にいけるという確信があるのだろう。
何せ、真打昇進後4か月で寄席のトリをとったのは、落語協会では最速の記録だ。
前座でデビューしたのは2007年、当時は春風亭ぽっぽの高座名でネタは「平林」を演じたが、上手い女流が出てきたなという印象で、当ブログに感想を載せた。
私は元々女性は落語家には向かないという信念があったが、桃花と同じ時期に前座でデビューした立川こはる(現在は立川小春志)の二人を見て、考え方を変えた。
2011年、二ツ目に昇進し「春風亭ぴっかり☆」に改名。寄席や落語会で何度か高座に接したが、古典を磨くという姿勢は好ましく感じた。そして着実に力をつけてきた。
2022年3月下席より真打に昇進して「蝶花楼桃花」に改名した。
残念ながら、その頃から当方は体調を崩し、寄席や落語会にも行けない状態になった。従って蝶花楼桃花になってからの高座は未見である。
何時の日か、健康が戻れば桃花の高座を見たいと願っているが、難しそうだ。

« ブログの墓標 | トップページ | 蓮舫は東京をどうしようとしているのか? »

寄席・落語」カテゴリの記事

コメント

小朝ブログによれば、ネタおろしのものは
師匠が吹き込んで渡しているそうです。
いずれにせよ、大胆な企画ですね。後年の語り草になりそうな。

管理人様、くれぐれもお大事に。

福さん
31日間毎日ネタおろしを演じるというのは、かなり覚悟が要るでしょうが、敢えて挑戦する桃花の姿勢を評価したいです。

私も憑き物が落ちたように寄席やホールから遠ざかっていましたが、福さんのコメントに刺激されて、ひさしぶりに末広亭に行きました。
桃花が中取り、懐かしくみました。

佐平次さん
透析の看護師からいきなり「落語って古典芸能なんですか?」と訊かれました。落語の話など一度もしたことがないのに。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブログの墓標 | トップページ | 蓮舫は東京をどうしようとしているのか? »