ウェブログ・ココログ関連

2018/07/01

「低能先生」の増殖

先日、ネットで「低能先生」と揶揄された男が恨みを一方的に抱き、「ネット炎上」を長年ウォッチし「ブログトラブル110番」として警告していた人を刺殺するという、衝撃的な事件が起きた。これも加害者の男が掲示板の書きこみで、他者をやたら「低能」呼ばわりしていたから名付けられたもので、逆恨みもいいところだ。
ネットで情報を発信している者にとっては他人事とは思えない事件である。

当ブログの様な弱小サイトにも、暴力的な言葉でネチネチと攻撃してくる者がいる。
共通した特長として、冒頭から人格攻撃を仕掛けてきて、自分の主張だけを一方的に送り付けてくる。反論には一切耳を貸さず、却って逆上してくるのだから始末に負えない。

当ブログを開設したのは2005年2月で、ブログ元年と呼ばれた年だ。
実は、その以前に別のブログをスタートさせていたのだが、ある記事が元で外部から集中攻撃を受ける羽目になってしまった。
それは某国会議員が弁護士の資格を悪用して起こした犯罪が起訴された事件をとりあげたものだった。その後の裁判で有罪が確定したので、私の記事に誤りはなかった。
処が、記事を公開して間もなく、非難のコメントが毎日舞い込んできた。
どうやら、その国会議員が拉致被害者を救援する活動をしていたようで、そういう人物を批判するのはけしからんというわけだ。
推定だが、コメントの大半は「救う会」(北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会)のメンバーだったと思われる。
文面はだいたい決まっていて、出だしは「お前はバカか」で始まる。ちょっと丁寧になると「あなたは最低の人間です」。後は最後まで非難の言葉が続く。中身は判で押した様に同じ文面で、組織的なものだった。
こちらも当初は返信コメントをしていたが、途中からとてもまともな議論が出来る相手ではないと察し、放置することにした。
しかし、非難コメントは日々送られ続けてくると、さすがに嫌気がさしてきて、結局このブログは閉鎖した。

後で調べてみたら、あるブログで某脱北者の証言をとりあげて信用できないと書いたところ、当方の数倍もの規模の非難コメントが寄せられていたことが分かった。こちらも内容からして恐らくは「救う会」関係者とみられる。
後日、この脱北者の証言は虚偽だったことが判明しており、記事は正確だったのだ。
こうした荒しともいうべき非難コメントに耐え切れなかったのか、このブログも閉鎖に追い込まれてしまった。

ここから分かった事は、彼らの意図は自分たちの意に沿わないサイトへ集中攻撃を浴びせ、サイトを閉鎖に追い込むことを目的にしていたということだ。
彼らの目的が分かった以上は、そうはいかの金玉とばかり、今のブログを再開して今日に至っている。
その後も何度か非難コメントが集中して寄せられるケースがあったが、当方も対処する方法を学んできているので、大きな問題は発生していない。

しかし、他者攻撃型の異常な人間が増えている状況の中では、いつまた被害を受けるか分からない。今回の様にリアルな被害に至ることも頭に入れておく必要があろう。
ネットは匿名だが、永年記事を書いていればある程度どんな人物なのか、時には住居や本名、家族さえも推測可能となる。
一方、他者を攻撃する側は匿名を担保しているので、そこが怖い。
リアルな被害を防ぐ意味からも、ブログの管理人は出来るだけ個人を特定されぬよう留意することも必要かも知れない。

| | コメント (0)

2018/04/15

皇室とネガティブキャンペーン

約1ヶ月ほどブログを休載していたが、意外にアクセス数が落ちていなかった。
原因は、ある記事にアクセスが急増していたからだ。
その記事は2009年に書いた”皇室の危機(3)「『皇位簒奪』の仕掛人」”というタイトルの記事だ。
当時、雅子妃の状態をめぐって次の天皇には皇太子は相応しくなく、秋篠宮に皇位継承すべきという意見がネットに溢れていた。

「簒奪」とは皇位(王位)を奪うという意味で、日本の歴史の中でも山ほどあった。
この記事では、昭和天皇の時代に起きたいくつかの事件をとりあげ、決して遠い過去のものではないことを例証している。
そして記事ではこう警告している。
「秋篠宮を天皇に」と主張し、「反皇太子キャンペーン」を展開している人々に対し、皇太子こそが正当な後継者だと主張する人も必ずいる筈です。
そうなると、お互いの正当性をぶつけ合うことになり、やがては双方のネガティブキャンペーンがエスカレートしていくでしょう。

いま眞子さんの婚約をめぐって、本人と相手に対して激しい非難の声があがり、それが秋篠宮家に対する批判にまで拡がっているようだ。
どうやら先の記事が、今日の事態を予測したものと受け止められ、アクセスが集中したものと見える。
天皇の代替わりを目前に、こうしたネガティブキャンペーンがさらに激しくなるかも知れない。

9年前の記事を改めて読んで、かつてはちゃんとした記事も書いていたんだなと、ここのとこのテイタラクを少し反省。


| | コメント (2)

2017/09/25

200万アクセスに

画面右側のアクセス数カウンターを見たら、今日で200万を超えていました。
プロバイダーによってカウントの仕方も違うし、広告掲載をしていないので収入にはつながらない。
だからどうって事もないんですが、長い間続けてきた結果だという事ぐらいですか。

毎回、大した事も書いてないので、お暇があったらお立ち寄りください。

管理人敬白

| | コメント (0)

2016/10/31

2016年10月人気記事ランキング

10月の記事別アクセス数のTOP10は以下の通り。

1 平成落語ブームって、どこが?
2 新宿末廣亭10月中席・夜(2016/10/11)
3 時間稼ぎのマクラは迷惑だ
4【ツアーな人々】消えた添乗員
5 五街道雲助一門会(2016/10/14)
6 #68人形町らくだ亭(2016/10/26)
7 #21東西笑いの喬演(2016/10/15)
8 客をナメチャいけません-「六代目柳家小さん襲名披露公演」
9 落語家の「実力」って、なんだろう?
10 #449花形演芸会(2016/10/29)

10月は落語関連が圧倒的に強く、10本中9本にのぼった。残りの1本は4位の旅行関連で、ランキングの常連。
1位は「平成落語ブーム」をとりあげたものだが、メディアでの報道を見るかぎりでは底の浅さが目に付く。実態はブームとはほど遠い。
3位の落語の「マクラ」だが、時間稼ぎとしか思えないダラダラしたマクラは勘弁してほしい。マクラも落語の一部なんだから。
8,9位は過去の記事で理由は分からないが、毎月コンスタントにアクセスを集めている。
他は皆ライブの感想だが、何故か最も客の入りが悪かった新宿末廣亭10月中席・夜の記事にアクセスが集まったのは意外だった。

なお、毎月末に記事別のランキングを紹介してきたが、この10月をもって終了する。

| | コメント (0)

2016/10/04

9月の人気記事ランキング

遅まきながら、2016年9月の記事別アクセス数TOP10は以下の通り。

1「睦会~柳家喜多八ゆかりの演目で~」(2016/9/2)
2 鈴本演芸場9月中席・昼(2016/9/12)
3【ツアーな人々】消えた添乗員
4 #69扇辰・喬太郎の会(2016/9/18)
5「小満ん・馬石・文菊 三人会」(2016/9/21)
6 ポール牧の自殺
7 そもそも空港での「液体物持込」検査が無意味だ
8【豊洲市場移転】「盛り土」以前の大きな問題
9 鈴本演芸場8月下席・夜(2016/8/29)
10 #12ワザオギ落語会(2016/9/17)

内訳は落語が6本、旅行が2本、政治1本、その他1本。

先ずは、築地市場移転問題について。
今回の騒動の「そもそも」を言い出すと、東京ガスの跡地に市場を建てるというところからきている。当時の石原慎太郎都知事の片腕だった浜渦武生氏が交渉にあたり、2001年2月に東京ガスと話をまとめたと言われている。いうのは有名だが、その交渉の前に臨海副都心開発の旗振り役をしていた今沢時雄港湾局長が、2000年から東京ガスに顧問として天下りし、そのご取締役に就任していた(現在は退任)という事実に着目する必要がある。豊洲は都の港湾局の管轄下だ。
当初から土壌汚染が分かっていたにも拘わらず、東京都が東京ガスから買い取った理由は、この辺りにあるのだろう。
そうでもないと、あまりに不自然な土地買収の説明がつかない。
これから豊洲市場の問題を議会で審議するのであれば、出発点となった土地売買に関係した幹部たちの喚問は欠かせない。

空港での液体検査についての記事も根強い人気だ。煩雑な割には、国によって液体の定義が異なっているなど、極めていい加減なのだ。
その空港で買った液体物なら機内持ち込みがOKとなっているが、では空港内で販売の液体物はどうやって検査しているのだろう。とても全量検査しているとは思えない。
保安検査自体も国によって空港によってバラバラだ。非常に厳しい国もあれば、かなりユルイ国もある。テロ防止対策なら、同じ基準で行わなければ意味がない。
ポケットの中のハンカチやティッシュペーパー、紙幣までも全部出すように言われ、ベルトと靴も脱がされ、更に全身の透視検査までやる空港に出会うと、いっそうその感を深くする。

落語関係では1位の”「睦会~柳家喜多八ゆかりの演目で~」(2016/9/2)”のアクセスが断トツだった。喜多八を惜しむ声は未だ根強い。
9位の”鈴本演芸場8月下席・夜(2016/8/29)”は、先月分のアクセスを合算すればかなり上位にいっただろう。客席はガラガラだったのに。

数年前に書いた”ポール牧の自殺”に注目が集まったのは理由が分からない。

| | コメント (0)

2016/09/01

2016年8月 記事別アクセスランキング

当ブログの8月のアクセス数TOP10は、以下の通り。

1 鈴本演芸場8月中席・夜(2016/8/19)
2 東京四派若手精鋭そろい踏みの会(2016/8/12)
3 柳家小満んを扇辰・喬太郎がふたり占め(2016.8.17)
4【都知事選】タマが悪すぎた
5 春風亭小朝独演会(2016/8/23)
6 鈴本演芸場8月上席・夜(2016/8/1)
7「稲田朋美」語録、その耐えられない軽さ
8【ツアーな人々】消えた添乗員
9 #67人形町らくだ亭(2016/8/25)
10「不倫」で世間が騒ぐ理由がわからない

8月は全体にアクセス数が多く、通常の月であればランク入りしたような記事も、今回は圏外になった。
10本の記事の内訳は、落語関係が6本、時事問題が3本、旅行関係が1本(例月の常連記事)となった。
8月は珍しく鈴本の上中下席それぞれに出向き、上中席がランクインし、下席も月末で月を跨がなければ入っていただろう。
2位は人気者が顔を揃えていたもので、3,9位はいずれも小満んを中心とした会。
5位の小朝の会は、菊池寛の小説を落語化するという企画が注目されたのだろう。
4位の時事問題では、7月末に行われた都知事選で野党候補が惨敗した件をとりあげたもので、最大の原因が候補者がお粗末だったことを指摘したもの。野党各党がきちんと総括していない点も気になる。
7位は、内閣改造の目玉大臣である稲田朋美の過去の言説をとりあげたもの。薄っぺらな中身だということ。
10位は、今年やたら流行った不倫報道に疑問を呈したもの。基本的は夫婦間の問題であって、他人がとやかく口を出すべきではない。

毎月、月末をむかえると今月も終わりかと思うのだが、8月末だけはその思いがひとしおだ。どうやら、学生時代の夏休みの終わりに味わった空疎な思いが、未だに脳に沁み込んでいるらしい。

| | コメント (0)

2016/08/04

2016年7月人気記事ランキング

7月は3分の2の期間が休載だったので、ランキングの意味は薄いと思われるが、アクセス数のTOP10は以下の通り。

1 【ツアーな人々】消えた添乗員
2 柳家三三独演会(2016/7/19)
3 2016年上半期佳作選
4 花形演芸会(2016/7/24)
5 三田落語会「一朝・三三」(2016/6/25)
6 落語家の「実力」って、なんだろう?
7 そもそも空港での「液体物持込」検査が無意味だ
8 鈴本演芸場7月下席・昼(2016/7/27)
9 皇室の危機(2)「『秋篠宮を天皇に』大合唱」
10 【ツアーな人々】当世海外買春事情

1,10位は旅行関連で、ランキングの常連。7位も旅行関連だが、夏休みシーズンを前にして、空港での無意味な保安検査に関心が集まったようだ。
2,3,4,5,6,8位はいずれも落語関係だが、6位だけは随分と前に書いた記事に注目が寄せられたようだ。
9位も、だいぶ前に書いたものだが、天皇退位が話題になって再び注目が集まったようだ。掲載当時は皇室典範の改正が国会でとりあげられていて、こうした声もネットでは少なくなかった。

| | コメント (0)

2016/07/21

2016年6月人気記事ランキング

遅まきながら、6月の記事別アクセスTOP10は以下の通りとなった。

1 「笑点」利権
2 落語家の「実力」って、なんだろう?
3 国立演芸場㋅上席(2016/6/4)
4 花形演芸会スペシャル~受賞者の会~(2016/6/19)
5 #44三田落語会「一朝・三三」(2016/6/25)
6 【ツアーな人々】消えた添乗員
7 #5吉坊・一之輔二人会(2016/6/13)
8 強きにおもね、弱きをたたく
9 芸協真打昇進披露興行in池袋(2016/6/17)
10 柳家喜多八の死去

1位は、落語家(まともな落語が出来ないのもいるが)が出演するバラエティ番組「笑点」にまつわる利権について書いたもので、彼らの中には推定で年間1億円台を稼ぐ一方、寄席だけは食っていけない落語家の存在について言及した。
2位は、だいぶ以前に記事にしたものだが、何故か今ごろになってアクセスを集めた。この問題は、落語ファン10人に訊けば10通りの答えが返ってくるだろう。
3,4,5,7,9位は、いずれもライブの感想。落語はライブが全てと思っているので、それ以外のことはあまり興味がない。
10位は先月に続き喜多八の追悼記事が入った。喜多八ロスという言葉があるようだが、それだけ多くのファンから惜しまれている証左だ。
8位には久々に政治ネタがランクインした。直接的は舛添問題を扱ったのだが、昨今のマスメディアやネットの一部に強くみられる傾向、
・権力には迎合
・弱者たたき
・付和雷同
・道徳ファシズム
に警鐘を鳴らしたものと自負している。
惜しくも次点となってしまったが「書評『あたらしい憲法草案のはなし』」がアクセスを集めたここと合わせて、とても嬉しい。

| | コメント (0)

2016/06/01

2016年5月の人気記事ランキング

5月の記事別アクセス数のTOP10は、以下の通り。

1 柳家喜多八の死去
2 落語家の「実力」って、なんだろう
3 #22三田落語会「さん喬・喜多八」(2012/10/27昼)
4 春風亭一朝一門会(2014/5/8)
5 小さん孫弟子七人会(2016/5/5)
6 小三治と喬・文・朝(2016/5/14)
7 #27大演芸まつり「芸協二ツ目特選」(2016/5/4)
8 #27大演芸まつり「落語協会五月まつり其の二」(2016/5/8)
9 【ツアーな人々】消えた添乗員
10 #68扇辰・喬太郎の会(2016/4/28)

好きだった噺家の死は、親友を失ったような気分になる。同じ思いの方も多かったのだろうか、1位の喜多八の訃報には1000人を超える方からアクセスがあった。いかに多くのファンから愛されていたかを如実に示している。
3位も過去の喜多八の高座に関する記事だが、癌の手術から復帰してとても元気な時期で、「前は虚弱体質なんてアザトイことを言ってけど、これからは瑞々しく行こうと思う」と語っていた。
喜多八の「粋」には東京の山手の香りがした。マクラで、吉原が無くなったのは良かったと言うのを何度か聞いた。こういう事をズバッと高座で言う噺家は喜多八以外にはおるまい。男だからといって誰もが女性を買うのを好むわけではない。
談志が亡くなった直後の高座で、いきなり「談志って、落語、下手でしょ」と客席に語りかけて驚かせた。談志ファンが聞いたら目をむきそうだが、こういう本音をシラっと言える所に喜多八の真骨頂があると思う。
そう、談志も先代圓楽も、決して上手い噺家ではなかった。ただ、それと噺家として魅力があるかどうかは別問題だ。2位に「落語家の「実力」って、なんだろう」という数年前に書いた記事がランクインしたが、これは永遠のテーマかも知れない。
噺が上手いというのは大事な要素ではあるが、それだけで落語家の実力が計れるわけではない。そこが落語という芸能の難しさであり、また奥の深さだと言える。
今月は常連と言える9位を除けばいずれも落語関係の記事だった。4位の「一朝一門会」はこの一門の充実ぶりの反映であろうし、7位の「芸協二ツ目特選」は今の芸協若手の人気ぶりを示している。

| | コメント (2)

2016/05/03

2016年4月人気記事ランキング

4月の記事別アクセス数のTOP10は以下の通り。

1 一之輔に言いたい事
2 鈴本演芸場4月中席・昼(2016/4/15)
3 #43三田落語会・昼「権太楼・喜多八」(2016/4/23)
4 #4一之輔・文菊二人会(2016/4/6)
5 「夢一夜~一之輔・夢丸二人会~」(2016/4/1)
6 平成27年度花形演芸大賞受賞者
7 【ツアーな人々】消えた添乗員
8 【ツアーな人々】当世海外買春事情
9 #65人形町らくだ亭(2016/4/4)
10 「たとえば野に咲く花のように」(2016/4/8)

内訳は落語・寄席関連が7本、旅行関連が2本(いずれも常連)、そして劇評が1本となった。
落語・寄席関連の7本の内5本に一之輔の名が見える。とりわけ1位となった「一之輔に言いたい事」に多くのアクセスが集まった。この記事は一之輔が何度か客席でメモを取ることを非難する様な言い方をするので、それを咎めたものだ。コメントでは共感するという意見と、周囲も気になる場合があるとの指摘もあった。余計な音を立てないなどの配慮は必要だろう。
3位は落語会の中身より喜多八の健康状態への関心が集まったものと思われる。ランク外になったが、喜多八が出演した過去の落語会へのアクセスも多かったからだ。
10位に劇評が入ったのは嬉しい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧