スポーツ

2021/09/27

「大横綱」になれなかった白鵬

大相撲で長く第一人者として活躍した第69代横綱白鵬(36=本名白鵬翔、モンゴル出身、宮城野部屋)が現役引退の意向を固めたこと報じられている。今後は宮城野部屋付きの親方として後進を指導する意思を持っているとのこと。近く引退届を日本相撲協会に提出するなど、具体的な手続きに入る見通し。
白鵬は右膝のけがや新型コロナウイルス感染で昨年7月場所から6場所連続休場。進退を懸けた今年7月の名古屋場所では15戦全勝で復活優勝を遂げた。しかし関係者によると、右膝の回復が遅れ、進退について熟慮していたという。
白鵬は、2001年春場所初土俵。右四つでの寄りや投げなど多彩な攻めを武器にスピード出世を果たした。新大関の06年夏場所で初優勝。07年夏場所後に昭和以降3番目に若い22歳2カ月で横綱に昇進し、15年にわたって史上最長の84場所在位。10年には同2位の63連勝をマークした。
そして何より、史上最多の優勝45回を誇り、通算1187勝、幕内1093勝など数々の史上1位記録を樹立した記録は立派というしかない。
だが、大相撲ファンとして白鵬を「大横綱」と呼ぶのは躊躇せざるを得ない。この人ほど毀誉褒貶の多かった人は他におるまい。優れた点は先に挙げたような数々の記録で、今後これらを破るのは容易ではない。
その反面、
・立ち合いでレスリングのエルボーの様な、相手の顔面目掛けての肘打ちを多用したこと
・勝負の決まった後のダメ押し
・懸賞金を受け取った後のガッツポーズ
・優勝インタビューの最後に観客とともに行った三本締め
・土俵入りや仕切りの際の雑な柏手(かしわで)の打ち方
など、角界のリーダーとして相応しからぬ行動が度々問題視され、横審からも苦言を呈されていた。
こうした行動を事実上放置してきた相撲協会にも大いに問題があった。もっときちんと指導していたら、歴史に残る「大横綱」として名が刻まれたことだろう。
そこが残念だ。

| | コメント (0)

2021/07/28

「大相撲」に未来はあるか

7月に行われた大相撲名古屋場所、TV観戦して感じたのは観客の入りの悪さだ。コロナ禍という事情があるにしても、空席が目立つ。収容人数を半分に制限してもチケットが売れてないのだ。それも溜り席、マス席、椅子席とまんべんなく空いている。
今年の3月場所に、久々に国技館で観戦したが、この時もガラガラだった。マス席では、後から5列は殆んど人が入っていなかった。椅子席もパラパラ。明らかに不人気なのだ。
この調子では、コロナが終息して定員に戻しても観客は増えていかないだろう。
原因の一つは、ここのところ横綱不在が慢性化していたことがあるだろう。3月場所も、事前の予想では白鵬と鶴竜の両横綱が出場しそうだと言うことでチケットを買っていたのだが、見事に肩透かしにあった。

気になるのは肝心の相撲協会に危機感がないことだ。
以前から白鵬は東京五輪まで現役を続けることを公言していた。過去のインタビューで、五輪の開会式で土俵入りしたいと語っていた(実現はしなかったが)。この1年の本場所を欠場し、7月場所から復帰したのもその計算からだと思われる。看板力士とはいえ、協会はこうした我が儘を許してきたのだ。
どんなスポーツでも言えることだが、とりわけ大相撲には美しさが求められる。処が白鵬は、横綱土俵入りでの不格好な腕の動きから、 塵手水(ちりちょうず)では柏手(かしわで)がマトモに打てないし、取り組みでは反則技を繰り出し、勝てばガッツポーズとやりたい放題だ。どこを取っても美しさのカケラもない。
横審から再三にわたり注意を受けているのも拘わらず、協会は本人に改めさせようとしない。これでは容認しているとしか思えない。
こんな状態を続けていれば、ファンはどんどん離れていくし、人気は落ちる一方だ。
相撲協会がよほど褌を締め直していかないと、大相撲に未来はない。

| | コメント (0)

2021/07/24

その通りとなった「呪われた五輪」

たびたび失言をくり返し批判を浴びている麻生太郎だが、時には鋭いことも言う。昨年3月の参院財政金融委員会で発言した「呪われたオリンピック」もその一つ。
麻生によれば、五輪は「40年ごとに問題が起きた」という。1940年冬の札幌五輪と同年夏の東京五輪が日中戦争のために返上。1980年のモスクワ五輪では西側諸国が旧ソ連のアフガニスタン侵攻に抗議しボイコットし、変則的な大会になった。その40年後の2020年の東京大会はコロナ禍で1年延期というわけだ。
2020東京大会は、最初からケチがついていた。
・2015年ー新国立競技場のデザインが予算オーバーで白紙撤回
・2015年ー五輪のエンブレムが盗用疑惑で白紙撤回
・2019年ー竹田JOC会長の五輪招致の際の買収疑惑
・2021年ー組織委員会の森会長が女性蔑視発言で辞任
・2021年ー開会式と閉会式の演出を統括する佐々木宏が女性タレントを侮辱する発言で辞任
・2021年ー開会式の音楽担当の小山田圭吾が過去のイジメを理由に
辞任
・2021年ー開閉式のショーディレクターの小林賢太郎がホロコーストを題材にしたコントを理由に解任
7月23日に開会式が行われたが、この先どんな問題が発生するかは未だ分からない。

菅首相や安倍前首相は何かというと、前回の1964年東京大会での感動を持ち出す。「あの熱狂を再び」というわけだ。確かにマラソンのアベベ、女子体操のチャスラフスカ、そして女子バレーボールの日本チームの優勝は印象に残っている。職場のオッサンたちが晩酌を片手に、TVに映るチャスラフスカの艶技に鼻の下をのばしながら見入っていて奥方に叱られた、そんな話題が賑わっていたっけ。
今と違うのは、当時はオリンピックを無邪気に楽しんでいたこと。高度成長期にあって、日本が東洋で最初の開催国になったという誇らしさもあった気がする。
しかし、現在はオリンピックの様々な負の側面や裏側が明らかになり、以前のように国民あげて歓迎する空気は一新された。それは何もコロナ禍の大会に限ったことではない。巨額の金が動き、公金がIOC幹部やその周辺に流れている仕組みを多くの人が気付き始めている。
高圧的なIOC、安心と安全をただただ念仏の様に繰り返す政府、内部統制の取れない組織委員会、存在感の薄いJOCや東京都。
不祥事の噴出はその結果に過ぎない。
「呪われたオリンピック」はその通りとなった。

| | コメント (2)

2021/07/20

白鵬のマナー違反に対して、そろそろ手を打つべきだ

大相撲名古屋場所は、白鵬ー照ノ富士による9年ぶりの全勝対決を白鵬が制し、最後の最後に盛り上がりをみせた。
7月19日に行われた横綱審議会では、照ノ富士の横綱昇進が全会一致で承認され、来場所からは久々に東西両横綱の番付が見られる。
その一方で、横審では白鵬の土俵上での振る舞いについては、苦言が呈された。
矢野弘典委員長は、照ノ富士戦での肘打ちのようなかち上げや張り手、ガッツポーズなどを例に挙げ、「見苦しく、どう見ても美しくない。勝つためには手段を選ばないという思いを抱いた人が多かったのではないか。長い歴史と伝統に培われてきた大相撲が廃れていく」と厳しい言葉で批判。「協会で指導してほしい」と要望した。
山内昌之委員は、「13、15日目はもうあり得ない。ほとんど最低のレベルの相撲じゃないですか。横綱としては特に。私は名古屋場所、千秋楽を正面で見ていたのですが、終わった後のガッツポーズとか雄たけびとか鬼の表情とか。あれはなんだい。全然問題外でしょ。なにも語ることはないですよ。横審の全員が厳しい意見でしたよ。理事長からも厳しく、14、15の相撲について呼び出して注意するそうです」と語った。
横審の意見を受けて、理事長から白鵬に厳重注意するだろうが、従来通りで本人は意に介さないだろう。何故なら、白鵬からすればルールを破っているわけじゃないと思っているからだ。見苦しいだの美しくないだのという主観的な言い方では通用しないのだ。
根本的な解決法として、次の提案をしたい。
①規則で張り手は認めているが、拳で相手を張ることは禁じられており反則負けとなる。これを準用して、肘打ちと、相手の顔面目がけてのかち上げを禁じ手として、反則負けとする。
②土俵上でガッツポーズや雄たけびをあげた際には、その場で(観客の前で)審判が注意する。
以上は、全ての力士に対し共通で適用する。
白鵬独自の問題としては、サポーターを巻いた手でかち上げをするのは、止めさせた方がいい。
白鵬のマナーについては、大相撲を国技(神事)と見るか、スポーツとしての格闘技と見るかによって、評価が分かれる。相撲協会があくまで伝統にこだわるなら、力士たちに根本的な考え方を教育することだ。

| | コメント (0)

2021/07/13

そんなバッハ!

中国人民の皆さん!、エッ、違うって? ここはどこだっけ、ああ日本か、区別がつかないんだよね。
まあいいや、同じ黄色人種だもん。オリンピック、ガンバリマショー!

| | コメント (0)

2021/07/11

「東京五輪」選手やボランティアへの抗議・嫌がらせは、やめよう

強行される東京五輪への抗議活動が活発になっているのは当然のことだ。
しかし、出場選手や大会ボランティアに対して抗議や嫌がらせする事態も起き、先日は聖火リレー参加者に液体をかける事件もあった。これらは行き過ぎというより、全く無意味だ。彼らは大会開催についてなんら決定権を持たないからだ。悪いのはアの人とスの人と、IOCと組織委員会だ。
抗議する側としては「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」という心境かも知れないが、とんだ「お門(おかど)違い」というものだ。
話は変わるが、大会ボランティアに対して組織委員会が、ユニホーム姿で競技会場に来るよう指示が出されている。会場に更衣室がないというのが理由だそうだ。ボランティアの人の更衣室ぐらい準備してやればいいのに。更衣室の他に、「街に祝祭的な彩りを与えて欲しい」という狙いがあるという。これじゃまるで「チンドン屋」代わりだね。
どうも組織委員会というのは上部にはヘイコラする癖に、目下の人間にはまるで奉公人扱いだ。

| | コメント (0)

2021/06/23

安心安全はどこへ行った「東京五輪」

菅首相は東京五輪開催について「安心安全」であることをくり返してきたが、既にそれに反する事態になっている。
6月19日にウガンダ選手団が来日し、空港検疫で9人中1人が陽性と判定された。ところが、残る8人はそのまま入国し、バスで合宿先の泉佐野市に移動してしまった。政府によれば、検疫所では濃厚接触者の判定は行わず、受け入れ先の自治体で行うという方針だったと言う。しかし、受け入れ先の泉佐野市では濃厚接触者の調査についてはっきりとしたルールが定められていなかった。また、自治体が陽性となって隔離されている選手への聞き取りも出来なかった。泉佐野市の保健所が8人を濃厚接触者と判定したのは6月22日であり、19日から22日までは空白期間になってしまった。選手団は来日から2週間の7月3日まで宿舎に待機するよう求められた。
コロナ感染の水際対策にもうボロが出ている。
これから大会に参加するために、9万人といわれる選手が来日する予定だが、こんな状態で感染予防ができるものだろうか。
ウガンダ選手団は全員がワクチンを2回接種し、出国の検査では全員が陰性だったということ。つまり、ワクチン接種によって感染は完全には防ぐことは出来ないということ。どの変異株のウイルスなのか、接種したワクチンがどの製品なのかによっても、その組み合わせで感染リスクが異なるからだ。
開催中止や無観客という声はいつのまにかすっ飛ばし、1万人を上限とするといいながら、大会関係者は別枠にとか、生徒の見学者も別枠とか、実際には人数制限は骨抜きだ。
選手村で酒を提供するとかしないとか世論におされて迷走し、入村時に持ち込める酒量は1人当たり5リットル、さらにIOCが要求しているウーバーイーツの利用が認められれば実質無制限だ。
宴会禁止と言っても、選手村は個室だけはなく8人が生活する大部屋もある。実際には監視も注意もできない。
コンドームを選手にお土産として配るというのも意味不明だ。
こんな東京五輪は、やはり中止すべきなのだ。

| | コメント (2)

2021/06/20

後は野となれ山となれ「東京五輪」

6月17日の菅首相記者会見は、直接的には10都道府県に発令中の緊急事態宣言について、沖縄を除く9都道府県は20日の期限をもって解除するという内容だったが、実際のテーマは東京五輪を観客を入れて開催することの宣言だった。
記者からの質問で、コロナ禍での開催のリスクと、それでもなお開催する意義について問われたが、菅首相まともな回答は避けてしまった。
有観客で開催すれば、感染リスクの増加は避けられない。なぜなら、これを否定すれば今までの感染対策はなんであったかを問われるからだ。その上でなお「これこれこういう理由で」開催すべきだと明快に答えるべきだったが、その「これこれこういう理由で」が最後までウヤムヤに終わってしまった。
とにかくやってしまおう、後は野となれ山となれ、が本音か。
観客の上限について会見では明確な数字が示されなかったが、今までの流れで1万人という数になる見通しだ。
処が、東京オリンピックの開会式の観客について、大会組織委員会などは、2万人を上限に検討していることがわかった。
その内訳は、次のように想定しているらしい。
スポンサーなど大会関係者への販売:4000人
IOCや国会議員といったセレモニー関係者:6000人
パッケージツアー+一般販売:1万人
つまり、観客は1万人だが、開会式だけは特別枠で1万人をプラスするということ。
既に1万人という上限は取っ払ってしまってる。
更に、もし無観客にすると開会式のスタンドは、セレモニー関係者とスポンサー関係者だけになってしまい、国民の反発を招きかねない。
そう考えれば、最初から無観客という選択肢はなかったわけだ。
菅首相は会見で感染拡大を防止するために、「観客は常時マスクをすることが求められ、大声の応援は禁止される。直行直帰も大事だ」と発言した。
マスクや大声は制限できるかも知れないが、直行直帰はどうチェックするつもりだろうか。GPSを装着させるのか? 一般客はともかく、IOC役員や各国の議員ら、スポンサー関係者らにも守らせることが可能だろうか。
出来ないことは分かっているさ。
始まってしまえば何とかなるさ。
全て後は野となれ山となれ。

| | コメント (0)

2021/06/02

女子アスリートの草分け「人見絹枝」

1896年に第1回オリンピック大会が開かれるが、参加は男子に限られた。創設者のクーベルタン男爵が「女子が参加するのは不快。女性がすべきことは出産。」という考えの持ち主だった。1900年の第2回大会でようやくテニスとゴルフに限って女子の参加が認められ、以後少しずつ競技が拡がったが、陸上競技だけは最後まで閉ざされていた。これに反発したアリス・ミリアが、万国女子オリンピック大会を主催する。この黎明期に活躍したのが人見絹枝で、彼女の功績は日本にとどまらず、世界においても大きく評価されている。
月刊誌「選択」6月号に、その人見絹枝の栄光と悲劇に関する記事が掲載されており、要点を引用する。
人見は1907年に岡山県の農家に生まれ、学業優秀で難関の県立岡山高等女学校に進む。学業の傍らテニスを始めるが、その顧問の教師から、競技陸上大会に出て欲しいと頼まれる。このことが人見の運命を決めてしまう。断りきれず参加すると、いきなり走り幅跳びで日本最高記録を出して優勝してしまう。
人見の志望は、高等師範に進み教師になることだったが、周囲の説得に負け、二階堂体操塾(後の日本女子体育学校)に入学。在学中に陸上大会に出場すると、三段跳びで世界記録(非公認)を樹立するなど、次々と日本記録を更新していった。賞賛を浴びる一方で、「日本人女性がはしたない」「伝統を破壊する気か」といった手紙がいくつも届いた。こういう輩は今も昔も変わらない。
卒業後は、大阪毎日新聞社の記者になり、1926年の第1回万国女子オリンピック大会に出場。外国選手との交流の中で、周囲は記録にこだわらず純粋にスポーツを楽しむ姿を見て、これが理想だと思った。だが日本では記録こそが大事なのだ。人見はそれを知っていた。100ヤード走3位、円盤投げ2位、走り幅跳び1位、立ち幅跳び1位と、超人的な活躍が始まった。周囲からは「ワンダフル人見」の賛辞が贈られた。
1928年のアムステルダム大会でようやく女子陸上競技が正式種目になった。人見はこの大会で100mの金メダルを期待されたが失速、思いつめた人見は急遽800mに出場、死のレースを制して銀メダルを獲得した。
1930年の第3回万国女子オリンピック大会には後輩女子5名を引き連れて参加。しかし彼女たちの旅費を稼ぐための募金イベントに忙殺され、無理を重ねていた。それでも60mで3位、走り幅跳びで1位、やり投げで3位、3種競技で2位となった。大会後も海外との交流試合が続き、人見は休むことが出来なかった。
ようやく帰国の途についたが、その船の中で日本からの新聞報道や手紙を読み、愕然とする。「期待はずれ」「出発の時、あれだけ大きなことを言って出かけたクセに情なくないのか。ベールをかぶって帰ってきなさい」。
あれだけ頑張ってもまだ満足してくれないのかと、人見は日記にこう書く。「なにが故国ぞ! なにが日本ぞ!」「日本選手が実力以上に働けないのは、あまり故郷の人が勝負にとらわれ過ぎるからである。罪深き世の人よ」。
帰国時に、人見の心身は限界に達していた。それでも無理を押して挨拶回りや講演にでかけ、ついに倒れて絶命する。24歳の若さだった。世界中の女子アスリートが、その早過ぎる死を嘆いた。
オリンピックをメダルの数と国威発揚しか考えない状況は、今も昔も変わらない。さらに商業主義にまみれたオリンピックを、この辺りで見直したらどうか。

| | コメント (0)

2021/05/29

五輪招致活動で日本はどんな約束をしてきたんだろう

今年に開催予定の東京オリンピック・パラリンピックについて、コロナ感染拡大が続く中で、国内外に開催反対の声が強まっている。
これに対して特にIOC理事会の幹部らから、こうした声を無視し、日本を見下した様な発言が繰り返されている。彼らの言動がむしろ反対論に火をつけているかの様だ。
では、それほどIOCの幹部は愚かで無神経な人物が揃っているのだろうか。
五輪招致は国を挙げての取り組みだった。当時は何とか日本での開催実現のために、IOC幹部らにあの手この手の「オイシイ話」をしてきたのは想像に難くない。
五輪開催地を決めるとき、賄賂でIOC委員を買収しないと当選できないことは、周知の事実である。現にJOCの竹田恒和前会長は、IOCの委員を280万シンガポールドル(約2億2000万円)で買収した容疑でフランス司法当局の追及を受け、竹田会長もJOCも金を払った事実は認めている。
これも氷山の一角であろう。
札束をちらつかせながら揉み手をしてきたなら、IOC幹部がつけあがるのも当然のことだ。彼らが約束通りの「オモテナシ」を要求してきても、日本側は諫めることも反論することも出来ないのだ。
五輪招致活動の中で生じたIOC幹部と日本政府との主従関係がそのまま続いているとしたら、あながちIOCだけの責任とは言えないかも。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧