ニュース

2017/03/25

不道徳教育講座

初めての小学校道徳の教科書検定が終わり、本来は「考え、議論する」を掲げたはずなのに、文部科学省が検定過程で付けた数々の意見からは、特定の価値観を押し付けようとする姿勢が目立つ。
例えば、
「しょうぼうだんのおじさん」→「おじいさん」理由:感謝する対象として指導要領がうたう高齢者を含める
「パン屋」→「和菓子屋」理由:指導要領にある、我が国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着をもたせる
「アスレチックの遊具で遊ぶ公園」→「和楽器を売る店」理由:指導要領にある、我が国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着をもたせる
時代錯誤もはなはだしいと思えるのだが、これも文科省が政権の意思を「忖度」したものだろう。
その文科省だが、多くの官僚が関連する民間企業に天下りしていたことが問題となっている。
これのどこが「道徳的」なんだろう。
子供たちに道徳を教育する前に、先ず文科省の役人を相手に道徳教育をしたらどうか。

子どもは大人の姿を見て育つ。
先ずは、大人、とりわけ人の上に立つ政治家たちが模範を示さねばならない。
では、我が国の政治状況はどれだけ「道徳的」だろうか、「森友学園」問題で見てみる。

発端は幼児に「教育勅語」を暗唱させるなどの愛国教育を行ってきた同学園が小学校を建設するという計画に始まる。これは安倍昭恵が語っていたように、幼稚園で叩き込んだものが「公立小学校の教育を受けると、せっかく芯ができたものが揺らいでしまう」。この精神を引く継ぐ小学校を建設するというのは、安倍政権側としては渡りに船だったに違いない。日本会議のモデル校に成りえただろう。
どのような「談合」やら「根回し」があったのかは分からないが、とにかく「天の声」が関係者にくだる。
財務省は国有地をタダ同然で払い下げ、大阪府は前例を無視して仮認可を与え、建設計画は着々と進んだ。
証人喚問で自民党の質問者が、この建設計画はあらゆる面で無理があり、最初から実現できないものだったのではと言っていたが、その通りだ。でも、この質問は本質を衝いているだけに、「天に唾する」ものだけど。
この計画の象徴が首相夫人の「名誉校長」就任だ。現下の政治状況において、これは水戸黄門の印籠に等しい。
「よきに計らえ」である。
こうして全ては上手く進んでいたのだ。バレさえしなければ。
ところが、一人の豊中市議が払い下げ価格に疑問を持ち、それを朝日新聞がとりあげた事で事態は一変する。
風向きが変わると関係者はいっせいに、知らぬ存ぜぬを決め込み逃げ始める
具体的な証拠や証言が出てくると、妻が、夫が、担当者がと言って責任逃れをする。
気が付けば、残されたのは森友学園の籠池理事長ただ一人。うさん臭さも手伝って、お前が悪いと集中砲火を浴びる。まあ、不徳のいたす所もあるけどね。
小学校建設は絶望となり、多額の負債を抱え、応援してくれていた知事からは告発するぞと脅される始末。
このまま籠池一人に全ての罪を被せ、私たちは真っ白ですと幕引き出来るのかどうかが、今の段階だ。

これぞ、「不道徳教育」の教材にはもってこい。
道徳を説く人間ほど実は不道徳、というのは昔からだけどね。

| | コメント (6)

2017/03/17

語るに落ちる「昭恵夫人が100万円の寄付否定」

大阪市の学校法人「森友学園」の籠池泰典理事長が発言した「安倍晋三首相から昭恵夫人を通じて100万円の寄付を受けた」が大きな波紋を広げている。
この件に関して昭恵夫人は「寄付した記憶は全くない」と話している。
籠池氏が寄付を受けたと主張した2015年9月の昭恵さんの講演に同行した政府職員も「寄付をするような場面はなかった」と証言しているという。
菅官房長官は、「夫人個人としても寄付は行っていないということだった」と述べた。

この記事から先ず読み取れるのは、昭恵夫人が「寄付していない」と言わず「寄付した記憶がない」と答えたことだ。
これなら万一寄付の事実が出てきても、稲田朋美防衛相と同様に「虚偽ではなく、記憶になかっただけだ」と釈明できるからだろう。
私なら他人に100万円も渡したら一生覚えているが、首相夫人ともなればその程度のことは忘れてしまう事もあり得るのか。
同行した政府職員が「寄付をするような場面はなかった」と証言しているのは噴飯ものだ。そりゃ、いくらなんでも職員の見ている前で金銭のヤリトリはしないさ。例え気付いても気付かぬふりをする、そういう職員でなければ首相夫人の随行は務まらない。

森友学園の疑惑の中心は、財務省が9億5600万円と不動産鑑定士が評価した土地を、埋まっているゴミの処理費用と称して8億2200万円値引きして1憶3400万円で学園側に払い下げたことに端を発する。
既に払ったゴミ処理代1億3200万円を差し引くと、森友学園は200万円で大阪の豊中市に8770平米の土地を取得したことになる。さらに学園には国土交通省から補助金として6000万円が出た。木造体育館への助成だという。
世の中に、こんな美味しい話ってないよね。
しかも財務省は売却金額を非公開とし、報道がされると一転して公開するというドタバタぶりをさらした。
これは臭いと思われるのは当然のことだ。

籠池泰典理事長が用地取得に手をあげたのが2013年。
昭恵夫人が森友学園の幼稚園で「ファーストレディーとして」と題する講演をしたのが2014年4月。
そして2014年から小学校の設立認可、国有地の払い下げへ準備作業が進んでいく。
森友学園が計画する新設小学校は「安倍晋三記念小学校」の名で寄付を募った。名誉校長に昭恵夫人が就任し、夫人の講演には政府職員が同行する。
森友学園で行なった講演で、夫人はこう言っている。
「こちらの教育方針は大変、主人も素晴らしいと思っている。(卒園後)公立小学校の教育を受けると、せっかく芯ができたものが揺らいでしまう」
だから小学校も作るべきと推奨したわけだ。
「主人も素晴らしいと思っている。」この言葉の威力は絶大だ。
安倍首相推薦の小学校と周囲が見たのは当然だ。
小学校の創設のために国有地をタダ同然で取得するには、安倍昭恵名誉校長の権威が絶大な効力を発揮した。

対する財務省の布陣も申し分ない。
2014年7月から2016年7月までの2年間に主計局長・事務次官を務めた田中一穂氏は、第一次安倍内閣の時の首相秘書官だった。
国有財産の管理の元締めである理財局長だった迫田英典氏は安倍首相の地元出身だ。

かくして9億5600万円の土地が、タダ同然で森友学園側に払い下げられたのである。
100万円の金が昭恵夫人側から渡されたのかどうかは23日の国会での証人喚問を待たねばなるまいが、いずれにしろ夫人が大きな役割を果したことは否定できまい。
森友学園への自身と夫人の関与を全面的に否定してきた安倍首相の責任問題が焦点になってゆく。

| | コメント (2)

2016/09/14

【豊洲市場移転】「盛り土」以前の大きな問題

昨日、石原慎太郎元知事が豊洲市場への移転問題でTV出演し、「騙された」と発言したそうだ。
冗談言っちゃいけねぇ、そりゃ「騙した」のまちがいじゃねぇの!
トボケテルのか、それともボケテルのか、いずれにしろ無責任極まる発言だ。まあ、知事がこの程度だったんだから、後は推して知るべし。
組織とイワシは、頭から腐るのだ。
いま市民団体から、土壌汚染を事前に調べすに当時の東京都が東京ガスから1859億円で購入し、その汚染対策費に849億円もつぎ込んだ責任を追及し、高値で購入したのは公金の違法支出だとして「返還」を求める訴訟が起こされている。
その中で石原慎太郎をはじめとする当時の東京都の幹部の責任問題が浮上する可能性もあり、本人としては事前に先手を打ったつもりなのだろう。

一般に土地を購入する際には、様々な注意点がある。
ネットの不動産取引に関するサイトで、「工場跡地」の土地を購入する際の注意点として、以下の記述がある。
【残念ながら、30年前に工場から土へ排出された有害物質は、30年経っても消えません。一旦有害物質が土に排出されると、水や空気と違ってどこかにいってしまうことはありません。公害が世の中ではじめて騒がれ公害対策基本法が制定されたのが1967年。それ以降に、水質汚濁防止法や大気汚染法などが制定されました。つまり、それ以前は有害物質の使用に規制もありませんでした。
現在、工場等もなく、有害物質使用の届出がない土地であっても、過去に有害物質を使用する可能性のある工場等が建っていた土地は、汚染の可能性があるということになってしまいます。 土壌汚染のリスクを把握するためには、現在の土地利用だけでなく、過去に工場等の利用がなかったかを調べることが重要になってきます。
その土地が「工場跡地」の場合は要注意です。工場の種類によっては、後に訴訟問題にならないために出来る限り、土壌汚染調査を実施されることをお勧めします。】

また、土地の土壌汚染の調査費用については、次の様に書かれている。
【自主調査の場合、基本的に売主と買主の話し合いで決定されます。多い事例としては、開発事業者が土地の購入後に、法律や条例で定められた内容よりも厳格な土壌汚染調査を売主に要求するケースが増加しています。また、土壌汚染が発覚した際は、買主が売主に対して汚染土壌の完全浄化・除去を要求するケースが多いのが現状です。】

このマニュアルに書かれている通りに、東京都が土壌汚染調査を行っていれば、今起きている問題の大半が解決できた筈なのだ。
即ち、
・汚染調査費用は東京ガスに請求する。
・この結果に基づき、東京都は東京ガスに対し汚染土壌の完全浄化・除去を要求する。

さらに重要な事は、事前の汚染調査をしていれば、生鮮食品の市場用にこの土地を購入することは有り得なかった。

東京都がこれら初歩的な手続きをせぬまま、いい値で土地を購入したとすれば、責任は免れぬ。
ぜひ、最高責任者だった石原元知事ら幹部を法廷に立たせる必要がある。

| | コメント (2)

2016/08/16

罪を憎んで人を憎まず

たまたまネットの記事を読んでいたら、”川崎中1殺人事件の「鑑定人」が明かす 主犯少年と9回12時間の面会”というタイトルの記事にぶつかった。
「川崎市中1男子生徒殺害事件」は、2015年2月20日に、神奈川県川崎市川崎区港町の多摩川河川敷で13歳の中学1年生の少年が殺害された上に遺体を遺棄された事件だ。事件から1週間後に少年3名が殺人の疑いで逮捕され、2016年に行われた裁判で横浜地裁は3名それぞれに対し懲役の不定期刑を言い渡している。うち1名は控訴したが、残る2名は刑が確定した。
とても痛ましい事件であり、事件現場が私が住んでいる所からそう遠くなかったので、鮮明に記憶している。

「フライデイ・デジタル」に掲載された鑑定人の証言によれば、主犯格とされたAは幼少期から父親からひどい体罰を受けていた。門限を破るなどした時は平手打ちで数回殴る。顔を避けようとした時には顔に蹴りを入れる、ハンガーで殴るなど、常軌を逸した暴行を受けていた。母親は彼をかばったが、外国人だったせいもありAとの言葉のやりとりが十分ではなかった。
「対象希求性」という言葉があり、これは自分を理解してくれる対象を求めるという意味だが、通常の子どもはみな対象希求性を持っているが、Aにはそれを受け止めてくれる大人が周囲にいなかった。
また、A自身も中学生の頃にイジメを受けていた。

もう一人の加害者Bの場合は、母親がフィリッピン人で父親は日本人だが、母親が次から次へと男を変えてきたので、Bは実の父の顔を知らない。その上、母親のネグレクトがひどく、かつては母の親戚がいるフィリッピンに置き去りにされたことがある。その母親は少年審判が終わると再婚し、アメリカに渡ってしまった。
悲惨というより他はない。
以上が、少年らと面会してきた鑑定人の証言だ。

もちろん、こうした家庭環境だからと言って、彼らが起こした犯罪を合理化することはできない。
しかし、事件の背景として彼らの生育環境が強く影響したであろうことは否定できまい。
事件直後は、加害者の少年たちに生きる資格がないだとか、極刑を求めるネット署名まで行われていた。
一般に被害者やその家族が、加害者に対して深い憎しみを抱き、時には報復をしたいほどの衝動に駆られる気持ちはよく分かる。私もその立場に置かれたら、感情を抑えられる自信がない。

しかし、直接関係のない人がなぜそこまで加害者を憎むのか、理解ができない。第三者であれば先ずは事件の経緯や背景を調べ、その上で自身の判断を下すべきではなかろうか。
私には「正義感」とは思えず、むしろ「野次馬根性」に映る。

「罪を憎んで人を憎まず」という言葉がある。辞書で引くと「罪を憎んで人を憎まずとは、犯した罪は憎むべきだが、その人が罪を犯すまでには事情もあったのだろうから、罪を犯した人そのものまで憎んではいけないという教え」とある。
出典として孔子と聖書の言葉があげられていて、洋の東西にわたって同じ思想が語られていたようだ。
私たちは、もう一度この言葉の意味をかみしめるべきではなかろうか。

| | コメント (2)

2016/08/09

保安検査をすり抜けた客が悪いのか

以下はニュース記事の引用。
【新千歳空港で8月5日午後0時10分すぎ、若い女性客1人が国内線ターミナルの保安検査場で金属探知機を通過せず、羽田行きに搭乗して出発するトラブルがあった。この影響で機内や搭乗待合室など、制限エリア内にいた約1000人にのぼる全乗客がエリア外に出され、保安検査がやり直しとなり、欠航や大幅な遅延が発生した。
空港関係者によると、女は保安検査場で搭乗券を読み取り機にかざした際、エラーが出たという。警備員が対応を協議するために離れた隙に、無断で通り抜けた。】

ネットではこの「すり抜けた客」をまるで犯罪者の様に扱う声もあり、上記記事でも「女性」とはせず「女」として、やはり容疑者扱いだ。
でも、ちょっと待ってほしい。
この記事はおそらく空港の保安検査側の視点から書いているようだが、保安検査員は一人ではない。通常は1台のレーンに3人は付いている。仮に一人が席をはずしたとしても、他の検査員は何をしていたのだろうか。誰も制止しなければ客がそのまま通過しても不思議はない。
問題にすべきは、通過していった客ではなく保安検査体制の方だ。

私も以前、大分空港でビックリするような出来事にであったことがある。
保安検査のドアが開いたまま検査員の姿が見えないのだ。中に入ってみるとカーテンの向こうで係員らしき人たちの会話が聞こえた。そこでドアが開いていると大声で教えると慌てて飛び出してきて、私の検査を行った。
もし、黙ってあのまま通っていたら、私も無断で「すり抜けた」ことになるのだろうか。
既に待合室には何人か客がいたようだが、係員たちはそれらの人々を改めて検査をやり直すこともなく、そのままにしていた。多分、自分たちのミスを明らかにしたくなかったのだろう。

1000人もの乗客を再検査したが、肝心の女性客は予定通りの飛行機に搭乗して目的地に到着したとある。
再検査の体制もまた、いい加減だったわけだ。

国内空港の保安検査がズサンであることは、以前、当ブログに国際線保安検査員がコメントしていた。その人によれば、国内は保安員の質が悪いせいだとか。
それはともかく、乗客側を一方的に悪者扱いするのは同意できない。

| | コメント (0)

2016/08/04

「稲田朋美」語録、その耐えられない軽さ

8月3日に発足した安倍再改造内閣で新たに防衛大臣に新任された稲田朋美氏が、国防に関してどのような発言を行ってきたか、一部を順不同で紹介する。
今後はこうした発言に沿って、防衛政策を進めるものと思われる。

「靖国神社というのは不戦の誓いをするところではなくて、『祖国に何かあれば後に続きます』と誓うところでないといけないんです」(「WiLL」2006年9月号)
「祖国のために命を捧げても、尊敬も感謝もされない国にモラルもないし、安全保障もあるわけがない。そんな国をこれから誰が命を懸けて守るんですか」(「致知」2012年7月号)
「長期的には日本独自の核保有を、単なる議論や精神論でなく、国家戦略として検討すべきではないでしょうか」(「正論」2011年3月号)
「真のエリートの条件は2つあって、ひとつは芸術や文学など幅広い教養を身に付けて大局観で物事を判断することができる。もうひとつは、いざというときに祖国のために命をささげる覚悟があることと言っている。そういう真のエリートを育てる教育をしなければならない」(「産経新聞)2006年9月4日付)
「教育体験のような形で、若者全員に一度は自衛隊に触れてもらう制度はどうですか」「「草食系」といわれる今の男子たちも背筋がビシッとするかもしれませんね」(「正論」2011年3月号)
「でも、たとえば自衛隊に一時期、体験入学するとか、農業とか、そういう体験をすることはすごく重要だと思います」「(自衛隊体験入学は)まあ、男子も女子もですね」(「女性自身」2015年11月10日号)
「そもそも韓国は対日本に関しては、国際的常識の通用しない国ですが、その傾向は近年著しくなっています」(「正論」2012年11月号)

稲田氏本人が「私は産経新聞がなかったらたぶん政治家になっていなかった」と語っているように、語録の多くは産経新聞社発行の紙誌に掲載されたものだ。
良い子はマネをしないように!

【補足】
昨日3日のNHK正午のニュースで閣僚予定者の名前が紹介されていたが、その中で稲田朋美だけ初当選以来の「活躍」ぶりだけを映像で流していた。他の閣僚予定者はいずれも名前と写真だけの紹介だった。
おそらくNHKとして、「ポスト安倍」の最有力候補である稲田をヨイショしたつもりだろうが、明らかに公共放送の精神に反する。

| | コメント (2)

2016/08/02

新都知事を出迎えた1000人の都職員は仕事が無いのか?

8月2日、小池百合子新都知事を、都職員1000人が出迎えたという。
水曜日の午前9時半といえば就業時間中だ。彼らは仕事を放り出して、この時間新知事を出迎えたわけだ。
そんなに仕事がヒマなのか?

東京都に限らず、全国の自治体で新しい首長を迎えるとき、あるいは退任する首長を見送る時に、自治体職員が出迎えや見送りをするのが通例になっている。
あの光景を誰もが不思議と思わないのだろうか。
これこそ無駄だ。
出迎えや見送りはは秘書官だけでいいし、勤務中の職員を動員するなどもってのほか。
小池知事殿、「都民ファースト」とは先ずこういう事からだ。

| | コメント (2)

2016/07/31

【都知事選】タマが悪すぎた

7月31日に投開票された東京都知事選は事前の予想通り小池百合子の圧勝に終わった。政治と金にまつわるスキャンダルで2期続けて都知事が途中で交代する事態を受けての選挙だった。しかし「政治と金」では最もキナ臭い小池百合子を選んだことが適切であったかどうかは、大いに疑問の残るところではある。
保守分裂という中で、久々に野党が勝てる選挙だっただけに、残念な結果に終わってしまった。

私は鳥越俊太郎に投票したが、これまた事前の予想通りで惨敗した。
選挙前は有力視され、序盤ではトップ争いと報じられたいた鳥越が、選挙運動が進むうちに次第に失速し破れさった原因はなんだったのか。一口にいえば、タマ(候補者)が悪すぎたからだ。
①鳥越候補が何を訴えたかったのか、何をしたかったのかが、最後まで分からなかった。選挙直前の討論会で、公約の中心を「ガン検診100%」として、思わずのけぞった。本人もこれから勉強すると言っていたが、そのピント外れは最後まで治らなかったように思う。
②前項と関係するが、候補者の必死さが伝わってこない。これが、有権者側から見ると熱意に欠けているように映る。
③やはり年齢と健康状態に不安が解消されなかった。演説の回数や時間が少なかったことから、「やっぱり」と思わせてしまった。
④周囲の声をきくと、鳥越は意外に人気がなかった。私の知り合いでは、なぜ宇都宮健児にしなかったのかという意見が強かった。
⑤その宇都宮弁護士だが、鳥越を勝たせるために立候補を取り下げたと思われていたが、最後まで鳥越の応援に立たなかった。これが野党側も分裂していたのではという疑念を持たれてしまった。
⑥鳥越を中傷するキャンペーンは確かに激しかった。もちろん、その背景には政府や与党のメディア戦略があったのは間違いない。しかし鳥越自身がこうした中傷に毅然と立ち向かう姿勢に欠けていたのも事実だ。

選挙というのは、当たり前だが候補者の姿勢が大事という事を再認識させられる結果と言えよう。

投票日の前日に二つの動きがあり、これも注目される。
一つは、民進党の岡田が次期に代表戦には出馬しないと公表したことだ。今回の都知事選が影を落としたことは否定できまい。野党共闘路線を進めていた岡田の退陣が、今後の民進党の路線に影響するのは避けられまい。
もう一つは、安倍首相が橋下徹ら、おおさか維新の会の関係者との会談を持ったことだ。小池が都知事に当選となると、自民党としては小池に何らかの処分が迫れる。安倍政権として小池とのパイプを繋ぎ止めておきたいという意向と、東京に足場を持ちたいという思惑のおおさか維新側との意見交換が目的ではなかったかと睨んでいる。

新都知事は決まったが、都政は波乱含みの様相を呈するようだ。

| | コメント (6)

2016/07/29

ヘイトスピーチとヘイトクライム

アドルフ・ヒトラー「戦争は不治の病人を抹殺する絶好の機会である」。

ナチス政権下では、身体障害者や精神障害者は社会には「無用」であり、生きる価値なしと見なされた。
第二次世界大戦が終わるまでに、知的障害、身体障害、精神障害のある人は、ナチスの「T-4」または「安楽死プログラム」によって、幼児や児童を含む約20万人が殺害された。

ネットの一部では、このナチスと同様の主張をしている者もいる。
相模原事件はこうした土壌の上に、起こるべくして起きた事件とも言える。
実に恐ろしいことだ。

Photo

| | コメント (0)

2016/07/27

相模原事件は典型的な「ヘイトクライム」だ。

実におぞましい事件が起きてしまった。
被害者の無念やご家族の怒りを思うと、言葉もない。
相模原市緑区千木良(ちぎら)の障害者施設「津久井やまゆり園」で7月26日未明、刃物を持った男が入所者らを襲い、19人が死亡、26人がけがをした事件で、神奈川県警に殺人未遂などの容疑で逮捕された元職員の植松聖(さとし)容疑者(26)が、「意思の疎通ができない人たちをナイフで刺した」と供述していることが県警への取材でわかった。県警は植松容疑者が身勝手な動機から、重度の障害者を狙って事件を起こしたとみて調べる。県警は27日、容疑を殺人に切り替え、横浜地検に送検する。
県警の調べに対して容疑を認め、「障害者なんていなくなればいい」と話しているという。

容疑者は日頃から重度の障碍者を安楽死させよとか皆殺しにするといった意見を周囲にもらしており、犯行の動機が障碍者の抹殺を狙ったものと見てよい。
この事件は「ヘイトクライム」とみなされる。
聞きなれない言葉かも知れないが、 新語時事用語辞典では次のように定義されている。
【人種や宗教などに対する差別意識や憎悪を動機とする犯罪行為の総称。人種や民族、宗教、あるいは障害を持っていることや、同性愛のような特定の嗜好に対する差別や暴力もヘイトクライムに含まれる。】
多種多様な人種が共存する米国では、ヘイトクライムは長らく大きな問題となっている。全米で年間6000件、7000件といった単位のヘイトクライムが発生しているとされている。
日本ではこうした犯罪は極めて稀と考えられてきたが、今回のような大量殺傷事件が起きてしまった。
ネットの世界では、社会的弱者や少数者、あるいは民族への差別的言論が飛び交っている。そうした風潮が、これから日本でも今回のような「ヘイトクライム」を引き起こしかねない。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧