経済・政治・国際

2018/07/22

ならず者国家「イスラエル」

Photo

上の写真(クリックで拡大)は、イスラエルがパレスチナ自治区の周囲に張り巡らせた「壁」だ。
私が現地に行った2005年には未だ建設中だたので、こうした写真が撮れた。左側に立つ人と比べ、いかに巨大な壁であるか分かると思う。
イスラエルの壁は、しばしば「ベルリンの壁」に比する向きもあるが、これに比べたらベルリンの壁などオモチャだ。だって壁を乗り越えて逃亡できたのだから。
こんな壁に囲まれて暮らさねばならない人の身になってよ。まるで監獄の中につながれているような気持になるだろう。

この地には元々パレスチナの人々が住んでいた。そこへ「ここは我々の約束の地だ」と言ってユダヤ人が入ってきて、建国を宣言してしまう。
背景にはイギリスの二枚舌外交やアメリカの思惑、ドイツでのホロコーストといった問題があった。あまり知られていないが、旧ソ連もユダヤ人に対する迫害が酷かったので、イスラエルが出来るとこれ幸いと、多数のユダヤ人を送り込んだ。
こうした大国の思惑がイスラエルの後押しをしたのだ。

それでも当初の方針は、パレスチナとイスラエルの共存だった。
処が、イスラエルはヨルダン川西岸やゴラン高原などの他国の領土を侵食する一方、パレスチナの人々を隅へ隅へと追いやっていった。今や国土の大半はイスラエルが実効支配している。
当然のことながらパレスチナ人は抵抗する。
それに対してイスラエルは、先ほどの様な巨大な壁で囲ってしまった。

写真の「壁」は、パレスチナ自治区のベツレヘムに対するものだ。ベツレヘムといえばイエスの生誕の地であり、多くのクリスチャンが巡礼に訪れる場所だ。
またベツレヘムのパレスチナ人は穏健で知られており、聖地を壁で仕切る必然性などない。
余談になるが、この地の警察官の制服は日本から支給されてもので、日本の警察官と同じ服装。現地ガイドが嬉しそうに紹介してくれたのを憶えている。
ベツレヘムにある生誕教会を世界遺産に登録したことが気に食わず、米国のトランプ大統領がユネスコからの脱退を指示した。
また、トランプはエルサレムをイスラエルの正式な首都と定め、アメリカ大使館を同地に移転させることを決めた。
どこまでパレスチナを虐めれば気が済むのだろう。
「ならず者」同志は気が合うということか。


| | コメント (4)

2018/04/29

最も短い「安倍晋三」評

月刊誌「選択」4月号の巻頭インタビューで、現代史研究家の保坂正康が「政治家の劣化」について答えている。
その中で安倍首相について、次の様に述べている。
「そもそも安倍首相は、本を読む人ではない。言葉に形容詞が多く、根拠を示さない断定調で話す。五分も話すと、同じことを繰り返している。」
毎度お馴染みの漢字の読み間違えも、ここから来ているのだろう。

次いで憲法改正について、保坂は憲法改正自体には反対ではないとしながら、こう続けている。
「安倍首相の発言を聞いていると、日本国憲法を作った先達への畏敬の念が全く感じられない。なぜ、どういう事情で今の憲法が成立したのかという、きちんとした歴史理解がない。こういう人の下で憲法改正はしないほうがいい。」
憲法制定に至る経緯を真面目に見ていけば、少なくとも単純な「押し付け憲法論」など、出てこない。

漢字の読み間違いという点では、これまた度々嘲笑の対象となっている盟友、麻生太郎副総理も同類だ。
同じ雑誌に、先ごろ亡くなった野中広務についての記事があり、その中で次のエピソードが紹介されている。
「野中が首相に凝せられた際、麻生太郎が会合で『あんな部落出身者を日本の総理にはできないわなあ』と言い放ち、そのことを出席者に確かめた野中は麻生に『私は絶対に許さん』と詰問した。麻生はただ顔を真っ赤にしてうつむいていたままだった。」
麻生太郎の失言もしばしば話題にのぼるが、もともとが骨の髄からの差別主義者なのだ。
こうした人物を政権の中枢に置いているのは、実に恥かしいことだ。

| | コメント (2)

2018/01/09

「圧力」が「暴発」を生んだ戦前日本の教訓

米国トランプと北朝鮮金正恩との詰り合いはエスカレートする一方で、それも「お前のかあちゃん出べそ」級の低俗ぶりは世間の顰蹙をかっている。
それが言葉の応酬で済んでいるうちは良いのだが、なにせ二人とも核のボタンを握っているのだから、穏やかではない。

現在、世界の核保有国は北朝鮮とイスラエルを加えれば9ヶ国になる。
ただ、第二次世界大戦後に実際の戦闘で核兵器が使用されたことは一度もない。だから核兵器は使えない兵器とも言われてきた。
核兵器を使用した場合の被害に大きさもさることながら、使用した国は国際的な非難を浴びて孤立するのが避けられないからだ。
通常では使用できないとすれば、恐れるのは「暴発」だ。
追い詰められて自暴自棄になり「暴発」して核兵器を使用する、これが最も怖い。
米国と日本政府は相変わらず北への圧力を強化することの一辺倒だが、過去を振り返れば圧力が暴発を生んだ歴史がある。
他ならぬ、戦前の日本だ。

1941年
7月26日 日本の在米資産凍結
8月1日 石油・ガソリンの対日輸出全面禁止
9月6日 御前会議で天皇は「10月下旬を目途とし戦争準備を完整す」を裁可
10月16日 近衛内閣総辞職
直ちに東条英機を総理とする大命を下す
11月2日 天皇は東条に「戦争の大義名分」を考えるよう命令
11月5日 天皇は「米国との交渉は12月1日深夜をもって打ち切る」を裁可
11月27日 中国とインドシナからの完全撤退を求める「ハル・ノート」が到着
東条はこれを大本営政府連絡会議で米国からの「最後通牒」と報告
機動部隊が択捉からハワイへ向けて出発
天皇の裁可を受けて山本五十六連合艦隊司令長官は真珠湾作戦命令を発す
12月8日 対米開戦

日本はアメリカに勝つ見込みもないまま、戦争は始めても終結させる見通しのないまま、「暴発」 して対米戦争に突入した。
米国の北朝鮮分析サイト「38ノース」は、北との武力衝突が近隣諸国にどれだけの被害、惨事をもたらすかを分析し、北がソウルと東京を核攻撃した場合、最大で死者が210万人、負傷者が770万人に及ぶと見ている。
考えるだに身の毛のよだつような予測だが、こうした攻撃を確実に防ぐ方策はないのが現実だ。
米国と北朝鮮の無益な脅しあいをやめさせ、追い詰められた北朝鮮が「暴発」せぬよう知恵を絞るのが、我が国のとるべき道ではなかろうか。

| | コメント (2)

2017/10/26

小池百合子だけが悪いのか

いま、政界からメディア、世間あげて小池百合子叩き一色の感がある。確かに希望の党をめぐる小池の一連の言動や政治姿勢は叩かれて当然ではある。
しかし、果して小池百合子だけが悪いのだろうか。
以前にも書いたことだが、小池百合子という政治家は、かつて「政界渡り鳥」の異名を持ち、政治家としてこれといった実績は思い出せないが、機をみるに敏であることと、マスコミ操作が巧みなことだけで今日の地位を築いた。思想的にはウルトラ右翼に近い。
政治に関与している人間なら、この程度の認識は持っていただろう。
今回、小池は希望の党を立ち上げ、「この指とまれ」と言って差し出した。その小池人気をあてにして蝟集してきたのが希望の党の候補者たちだ。
それが期待通りにいかず、選挙で後退したからと言って怒っているが、自分たちの見る目がなかっただけのこと。
先ずは、自らの不明を恥じよ。

都知事としても、言うことは二転三転し腰が定まらない。ただただマスコミ受けの言動を繰り返すばかりだ。
小池百合子に統治能力が欠如していることは、今回の騒動でも明らかになっている。
都政の行き先も不安だらけだが、元はといえばこういう人物に投票し、知事にしてしまった都民の責任でもある。
猪瀬、舛添と続けて懲りている筈なのに、都民もいい加減に目を覚めせと言いたい。

| | コメント (2)

2017/10/23

表彰状、前原誠司殿

表彰状
前原誠司殿

あなたは、
今回の総選挙において、
自民党を勝利に導き、
安倍総裁の三選を確実化させ、
憲法改正を加速させることに貢献しました。
ここにその功績を讃え、
表彰します。

| | コメント (2)

「庇を貸して母屋を取られた」共産党

今回の総選挙の結果、解散前議席数と当選者議席数と比べると、立憲民主党の躍進に対して、共産党が大幅に後退したのが目立つ。
今回、共産党は野党共闘を重視し、多くの選挙区で候補者をおろし、主に立憲民主党に対し選挙協力をしてきた。
しかし、この野党共闘や選挙協力の実態はどうかといえば、片側協力という変則的なものだった。
共同候補が共産党以外の候補者だった場合でも、共産党側は熱心に支援していたようだが、共同候補が共産党だった場合、その逆はない。つまりギブだけでテイクが無いのだ。
例えば、立憲民主党の前職が共産党候補の応援に立つことは最後までなかったようだ。
正常な共闘、共同とは到底言えない。
志位委員長はインタビューで立民の躍進を喜んでいたが、立民の枝野党首からは感謝の言葉はなく、それどころか今後の関係についても慎重な物言いだった。
これでは共産党は単なるお人好しだった事になる。
選挙区では協力しながら比例区に力を入れていたようだが、選挙区で立民に入れた人が比例区で共産に入れることは先ず有り得ない。

躍進した立憲民主党だが、果たしてこれからどういう方向に進むのか不明だ。
予測としては、旧民進系の無所属議員や参院に残った民進党議員、場合によっては希望の党に移った旧民進党議員を含む連携や、政党再編に進むかも知れない。
選挙中は護憲という立ち位置だったが、党首の枝野はかつて総合誌に憲法改正試論を寄稿したほどの、元々は改憲論者だ。
投票した有権者の期待に応えられるかは全くの未知数である。

| | コメント (0)

2017/10/19

「半主権国家」日本

小野寺防衛大臣はアメリカ軍が沖縄県・東村で10月11日、不時着炎上事故を起こしたヘリと同型機の飛行を再開したことについて「十分な説明がなく遺憾」だと批判しました。
「安全性に関する米側の判断の根拠について十分な説明が得られていないまま、CH-53Eの飛行が再開されたことは誠に遺憾であります」(小野寺五典 防衛相)
小野寺大臣はこのように述べて、「引き続き詳細な説明を求めている途中だ」と強調しました。
(10月18日JNN/TBS)

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の大型輸送ヘリコプターCH-53Eの炎上事故で、小野寺五典防衛相は13日、機体の安全性が確認されるまで、同型機の運用を在日米軍が無期限で停止することで米側と合意したと明らかにした。防衛省で記者団に語った。在沖縄米軍は運用停止期間を「12日から96時間(4日間)」と発表したが、小野寺氏は「安全確認が最優先だ」と述べた。
小野寺氏によると、12日に在日米軍のシュローティ副司令官と防衛省で会談した際、小野寺氏は「期限をあらかじめ決めるのは適当ではない」と申し入れ、シュローティ氏も同意したという。
(10月13日毎日新聞)

11日午後5時35分ごろ、沖縄県東村高江の米軍北部訓練場付近で「米軍機が墜落し、黒煙が上がっている」と119番があった。沖縄防衛局によると、米軍のCH53大型輸送ヘリコプターが同訓練場近くで事故を起こし炎上した。住民や乗員7人にけがはないという。米軍は「飛行中に機体に火災が起きた」と発表した。現場は米軍施設外の民間地といい、消防や警察が状況を調べている。
CH53は2004年に沖縄国際大に墜落したのと同系統の機種で、1999年には沖縄県沖で墜落し乗員4人が死亡する事故も起こしている。昨年12月には米軍輸送機オスプレイが同県名護市沿岸部で不時着・大破するなど、米軍機による事故が相次いでおり、県民から改めて大きな反発が上がるのは必至だ。
沖縄防衛局や沖縄県などによると、事故を起こしたのは米軍普天間基地(同県宜野湾市)所属のCH531機。7人の乗員にはけがはなく、別のヘリで搬送されたという。
米海兵隊は11日夜、事故機は通常の訓練の飛行中に機体で火災が起き、緊急着陸を余儀なくされたと発表した。原因を調査中としている。
(中略)
沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長は11日夜、東村の事故現場を視察し、居合わせた伊集盛久村長らに「こういう事故が起き極めて遺憾だ。心配をお掛けして申し訳ない」と陳謝した。同局長は、在沖縄米軍トップのニコルソン沖縄地域調整官に「安全確保に十分注意してほしい」と申し入れたとも伝えた。
北部訓練場は日米両政府の合意に基づき昨年12月、約4千ヘクタールが日本側へ部分返還された。オスプレイが使用するヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)があり、日常的に米軍機が飛行している。
(10月12日日本経済新聞)

(前略)
翁長雄志知事は記者団に対し「強い憤りを感じている」と抗議の意を表明、原因究明までの同型機の飛行中止を求めた。
安倍晋三首相は民放番組で「大変遺憾だ。安全第一で考えてもらわなければ困る」と述べ、米側に原因究明と再発防止を申し入れるよう指示したと明らかにした。これに関し、防衛省沖縄防衛局が在沖縄米軍に申し入れを行った。
(10月11日共同通信)

以上は、2017年10月11日に沖縄県東村高江で起きた米軍へり墜落事故に関する記事を遡行して掲載したものだ。
事故後の日本政府の対応とその結果をまとめると、次の様になる。
1.事故の発生を受けて11日、安倍首相は遺憾の意を表し、米側に原因究明と再発防止を申し入れるよう指示した。
2.沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長は11日夜、在沖縄米軍トップのニコルソン沖縄地域調整官に「安全確保に十分注意してほしい」と申し入れた。
3.小野寺五典防衛相は13日、機体の安全性が確認されるまで、同型機の運用を在日米軍が無期限で停止することで米側と合意したことを明らかにした。
4.墜落炎上事故を起こしたヘリと同型機の飛行を再開したことについて18日、小野寺五典防衛相は「安全性に関する米側の判断の根拠について十分な説明が得られていないまま、CH-53Eの飛行が再開されたことは誠に遺憾」と述べて、「引き続き詳細な説明を求めている途中だ」と語った。

米軍側は、日本政府が求めた事故の原因究明と再発防止については無視し、機体の安全性が確保されるまでは事故と同型機の飛行を無期限で停止するという合意を一方的に破って、飛行を再開したということになる。
つまり日本政府の上に米軍がいるわけで、これでは主権国家とはいえまい。

事故にあった高江村は、米軍施政下のベトナム戦争当時に「ベトナム村」と呼ばれる軍事施設があった。
村内にベトナムに模した小屋が建てられ、徴用された幼児を含む村人がベトコンの恰好をさせられ、海兵隊員がこれを掃討する訓練が行われたいた。
その高江に今、米軍ヘリパッドが作られている。
「今回、北部訓練場の全体の51%にあたる使用できない土地を日本政府に返還するが、その代りに、新しい訓練施設を使った非常に効率的な訓練が可能となる」
(米海兵隊「戦略ビジョン2025」)

| | コメント (0)

2017/10/09

安倍首相に、先ず自身の「ファクトチェック」を

以前に見たコント集団「ザ・ニュースペーパー」の一場面を思い出した。
テーブルの上には新聞各紙が並べられていて、その前の椅子に安倍首相に扮した芸人が次々と新聞を手に取って読み始める。
「ああ、産経、いいこと書いてますね」などと言いながら機嫌よく読み進める。そのうち「朝日?」と、今度は手に取った朝日新聞をポーンと後ろに放り投げる。

昨日行われた日本記者クラブ主催の党首討論会でのことだ。
党首討論会で朝日新聞の坪井ゆづる論説委員が、今年7月の予算委員会で、安倍首相が加計学園の獣医学部新設計画を知ったのは今年1月20日だったとした発言について質問した時だ。
安倍はこの問いに直接答えず、「まず、朝日新聞は八田(達夫・国家戦略特区ワーキンググループ座長)さんの報道もしておられない」と返した。
坪井が「しています」と反論すると、
「ほとんどしておられない。しているというのはちょっとですよ。アリバイ作りにしかしておられない。加戸(守行・前愛媛県知事)さんについては、(国会で)証言された次の日には全くしておられない」と述べ、坪井は再度「しています」と反論した。

これについて朝日新聞は、八田の発言に関しては獣医学部新設の決定プロセスを「一点の曇りもない」とした答弁や、「不公平な行政が正された」とする見解を掲載していたと言う。また、こうした国会での発言も含め、10回以上、八田の発言や内閣府のホームページで公表された見解などを掲載してきたとも。
加戸については、閉会中審査が開かれた翌日の7月11日と25日付の朝刊で、国会でのやりとりの詳細を伝える記事で見出しを立てて報じ、「時時刻刻」欄で加戸の発言を引用したと言っている。

こうした事実関係は少し調べてみれば直ぐに分かることで、もし調べていないなら軽々に発言しないことだ。
また、朝日の報道について批判するなら他紙との比較も必要だ。
冒頭のコントじゃないが、自分の気に入らない新聞はあまり読まないか、あるいは印象だけでものを言うから、こういう発言になるとしか思えない。
第一、党首討論会で特定のメディアに逆質問したり批判したりするのは、宰相として自らの器の小ささを天下に示すようなものだ。
「ぜひ国民の皆さんに、新聞をよくファクトチェックしていただきたい」と安倍は呼びかけていたが、その前に自身の「ファクトチェック」が必要だ。
(敬称略)

| | コメント (0)

2017/09/30

民進党から希望の党への持参金

以下、「YOMIURI ONLINE」9月30日付の記事より引用。

【希望の党の小池代表(東京都知事)が、民進党からの入党希望者に提示する条件案が29日、わかった。
集団的自衛権の行使を限定的に認める安全保障関連法の容認や消費増税凍結への賛成などに加え、民進党から支給された政党交付金の提供も求める方針だ。
(中略)
提供された政党交付金は選挙資金に充てる方向だ。

つまり民進党から希望の党に入党する際には、持参金を持って出ることが条件とされている。
そして、その資金は希望の党の選挙資金になるというものだ。

政党交付金は政党助成制度に基き公布されるが、その「政党助成制度」について総務省のHPには以下の様に示されている。

【政党助成制度は、国が政党に対し政党交付金による助成を行うことにより、政党の政治活動の健全な発達の促進及びその公明と公正の確保を図り、もって民主政治の健全な発展に寄与することを目的とした制度です。】

つまり政党交付金というのは国から政党に対して支給するものであって、議員個人に支給するものではない。
民進党が解党したのなら、交付金の残金は直ちに国庫へ返納するのが筋だろう。
YOMIURIの記事が正しいなら、移籍する議員をトンネルにして民進党から希望の党に渡ることになり、「公明と公正の確保を図り」という政党助成制度の精神に反する。
こうした資金移動は違法ではないらしいが、法律に違反しなければ何をしても良いというなら、安倍晋三と同類である。

こうした不透明な資金移動が行われぬよう、私たち納税者は監視の目を強めねばなるまい。

| | コメント (2)

2017/09/29

小池ニハマッテ サア大変

民進コロコロ 転ガッテ
小池ニハマッテ サア大変
自民ガ出テキテ 今日ハ
維新モ一緒ニ 治メマショ
(「どんぐりころころ」)

希望の党から衆院に立候補予定の元文科相・中山成彬は、28日のツィッターに
「安倍首相の交代は許されない」
と投稿している。
(「産経ニュース」の記事より)
希望の党は、まあそういう党だってことだ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧