寄席・落語

2022/01/22

真打の粗製乱造

ある寄席で、真打の噺家のひどい高座に出会った。高座名だけでは分からなかったが、帰って調べてみて納得がいった。前座、二ツ目の時も下手だと思っていたが、真打になって名前が変わっていたので分からなかったのだ。
三遊亭圓生の「寄席育ち」を読むと、かつては万年前座というのがいた。いつまで経っても二ツ目になれない噺家だ。なかには、二ツ目昇進を打診しても、「私は未だ実力が備わっていません」と本人から断るケースもあったという。
現在の真打制度は、落語協会、落語芸術協会を問わず基本的には香盤順(大まかに入門時の序列順)となっていて、たまに抜擢で昇進するケースを除けば自動昇格だ。
これは、かつて真打昇進をめぐって協会の分裂が起きていたこと、抜擢を受けた人が周囲の羨望で嫌な思いをしていた場合があったこと、といった事情を考慮したものと思われる。
反面、観客の評価や評判を全く無視したもので、専ら内部事情が優先された結果である。
親や祖父が噺家だったからと、まるで噺家を家業に様に勘違いしてる人も見かける。客にとってはいい迷惑だ。
歌舞伎の世界では、かつて名優として名高い人の息子が、あまりに演技が上達せず廃業した例もあるのに。
なかには、もともと噺家に向いてないと思われる人もいるが、それでも一定年数が経てば真打だ。
これでは昇進を目指して努力したり、お互いに切磋琢磨したりする状況が生まれない。
真打になってもなかなか寄席に顔付けされない人や、寄席でトリを取ったのは真打昇進が最初で最後という人もいる。
「名ばかり真打」を量産しては意味がない。いっそ階級制度を廃止したらどうだろうか。
上方落語には階級制度がないが、それで何か不都合なことがあるとは聞いていない。
若手だろうとベテランだろうと、上手い人は上手いし、下手な人は下手だ。肩書などなくても、客はよく知っている。

| | コメント (2)

2022/01/08

客のマナー(三遊亭圓生「寄席育ち」より)

「寄席育ち」の中で圓生が「お客様がたへ」という一項で客のマナーについて、「聞いてくださるお客様がたにも、ある程度の行儀は心得ていただきたい」と述べている。ところが、別の個所では常連の無遠慮な態度が芸人の励みになっているとも述べている。
かつての寄席では常連席というものがあり、枕が置かれていた。常連は足を高座に向けて横になって聞いていた。この客が起き上がって、高座に顔が向くように芸人たちは努力をしていて、それが励みになっていたという。
本当に芸の分かるかたが、未熟なものには冷淡に、まともな芸には行儀良く聞くという、そういうことなら、当人にとっては不愉快なことかも知れないが、それは当人の責任だから仕方ない。
しかし、なかには木戸銭を払ったから貸し切りになったような気分になって、無作法な態度をとる人もいる。他のお客にも迷惑だし、芸人も本気で演る気が失せてしまう。
圓生自身も最前列にそうした無作法な客がいて、途中で高座をおりたことがあるという。
亡くなった歌丸が、ある会で最前列の客が2回続けて新聞を読んでいて、次は高座から文句を言ってやろうと思っていたら、以後はその客は姿を見せなくなったと言っていた。
私の経験でも、国立演芸場の最前列で両足を投げ出して熟睡する女性を見たことがあり、別の日にも同じ人が同じ格好で熟睡していた。寝るのじゃないが、せめて後方の席でと、思ってしまう。
以前の寄席では、気に入らない芸人にヤジを飛ばす客もいたが、さすがに最近はみかけない。一部の例外はあるが、昔に比べ全般的に客のマナーは向上している。

反面こういうこともある。
私がまだ親に連れられて寄席に行きだした頃は、客の反応はシビアだった。今と違って前座に拍手する人は少なかった。
子ども心に、高座に上がってくる時の拍手は期待の拍手、おりる時の拍手は評価の拍手というルールが理解できた。だから名前の通った人が出て来ると拍手は大きく、出来が悪いとおりるときはパラパラになる。逆に、名前が通っていない若手だと拍手は小さいが、良かったとなればおりる時は拍手は大きくなる。だから芸人にとって、拍手で客の反応がつかめたと思う。それが今の様に満遍なく同じ様に拍手していると、客の評価が分からなくなってしまうのではなかろうか。いきおい、受けたかどうか(客の笑いの度合い)が基準になってしまう。
そんな惧れを感じるのだ。
客が芸人を育てるという面と、客の反応が芸人を乗せるという両面があり、正解を導き出すのは難しい。

| | コメント (0)

2022/01/06

芸の行儀(三遊亭圓生「寄席育ち」より)

三遊亭圓生「寄席育ち」が、岩波現代文庫として再刊されたのを機に読み直してみた。
私は落語家や芸能評論家の書いたものをあまり読まないが、圓生と桂米朝は別格だと考えている。この二人は名人の名に相応しいからだ。
米朝は埋もれてしまった過去の多くの作品を掘り起こし、現代に通じるように手を加えて蘇られさせた。米朝を抜きにしては戦後の上方落語の隆盛は語れまい。
圓生は、東京(江戸)落語のあらゆるジャンル-滑稽噺、人情噺、芝居噺、音曲噺など-の作品を高度に演じてみせてくれた。これは同時代の名人と云われる桂文楽や古今亭志ん生も及ばず、他の追随を許さない。
なかには大した芸の持ち主でもないのに、芸談の本を何本も書いたり、高座で得々と芸談を語る噺家もいるが、しゃらくせえ。

この本の中で圓生は「芸の行儀」について述べている。
例えば、旅のマクラを振っておいて、旅の噺をせずに廓の噺に入ってしまう。それから甲の噺のクスグリを乙の噺で使ってしまう。
後から出る演者は、前の演者のネタ帳を見て演目を決めるので、知らずに同じクスグリが重なってしまうことがある。以前はこういうことは「つかみこみ」と言ってやかましく注意していたが、それが段々といい加減になっている。確かにこうした事は寄席や落語会などで度々経験していて、客も反応に戸惑うことになる。
決まったクスグリをあっちへ持っていったりこっちへ持っていったりしてはいけない。落語の公徳心という意味で、そういうことはやってはいけない。
また昔は、あんまり客を笑わせると、おりてから小言を言われた。15分の高座なら2か所か3か所お客がどっと笑うところがあれば良い。のべつまくなしに笑わせるのは、「大道芸」だと言って嫌がられた。
まあ好みにもよるが、笑わせることに力を注ぐようなガツガツした芸は好きになれない。。
噺家は一人で何役も演じるが、その際にあまり強調した声色を使うのも、「八人芸」といって叱られた。
私見だが、東京落語で大事なのは「粋」であって、「粋」を逸脱したような演じ方は「行儀が悪い」ということになろう。

| | コメント (0)

2022/01/04

【追悼】三遊亭圓丈、川柳川柳

Ennjou

昨年末、当ブログが休止中に二人のベテランの噺家の訃報に接した。
新作落語の雄、三遊亭圓丈が11月30日に心不全のため、亡くなった。76歳だった。圓丈の最大の功績は、従来の新作落語には無かった斬新な作品-例えば「肥辰一代記」「グリコ少年」「ぺたりこん」などなどーを作り、新しい道を切り拓いたことだ。
羽織にワッペンをつけたり、ちゃんちゃんこを着ていた姿を思い出す。

 

Senryu

川柳川柳は、11月17日に死去した。90歳だった。
川柳の高座は数々観てきたが、戦中の軍歌と戦後のジャズをつないて演じる「ガーコン」1本だった。これほど一つのネタに拘った噺家は他にいない、歳を感じさせない若々しい声は晩年まで衰えなかった。
川柳が「ガーコン」に拘ったのは、多感な少年期を戦争中に過ごしたことと無縁ではあるまい。
これは、詩人・茨木のり子「わたしが一番きれいだったとき」の世界と重なる。
 わたしが一番きれいだったとき
 あたしの国は戦争に負けた
 そんな馬鹿なことってあるもんか
 ブラウスの腕をまくり卑屈な町をのし歩いた
 わたしが一番きれいだったとき
 ラジオからジャズが溢れた
 禁煙を破ったときのようにくらくらしながら
 わたしは異国の甘い音楽をむさぼった
川柳は今頃は、きっとあの世でもラッパを吹いていることだろう。

合掌

| | コメント (2)

2021/10/12

柳家小三治の俳句

亡くなった柳家小三治の趣味の一つに俳句がある。「東京やなぎ句会」のメンバーで、宗匠の入船亭扇橋(俳号は光石)以下、永六輔(並木橋)、大西信行(獏十)、小沢昭一(変哲)、桂米朝(八十八)、加藤武(阿吽)、柳家小三治(土茶)、矢野誠一(徳三郎)という錚々たる顔ぶれが、毎月17日に句会を開いていた。欠席の場合は代わりに未婚の女性を参加させるという厳しい掟があった。句会40周年を記念した「五・七・五 句旬四十年」という書籍に各人の「自選三十句」が掲載されており、その中の小三治の三十句は、次の通り。
立春や噺家やっとお正月
寒薔薇や鉄の門扉の内に在り
子の数を数え見上げる燕の巣
あらためてまた歩き出す春嵐
種芋の少し芽の出ている風情
天上で柄杓打ち合う甘茶かな
おもひあったことのあるひとと海雲吸ふ
肩ならべ訪ふぶらんこの母校かな
荷風忌や明日から演芸ホールトリ
その奥の闇は動かず夏のれん
とんかつ屋カメラと金魚に凝っている
紫陽花や男同士の遠ざかる
のどによく効くといはれて枇杷の密
打水の女逞し植疱瘡
ごきぶりが音から先にやってくる
硝子戸のむこうへ行きたい雨蛙
雪渓の鉈で割られたる如し
あめんぼう君なら渡れる佐渡島
太るだけ太って短き夏大根
孫帰り風呂場の棚の浮金魚
心太鼻から出でし痛さかな
ほどのよい形にひとつ秋の雲
旧姓に戻りましたと秋めく日
爪の先かくも見事に蝉の殻
テレビ塔4:30の秋茜
鍋料理などつつきたきひとに逢ふ
銭湯を出て肩車冬の月
このところだけ日の差して冬の蝶
風邪声の人空港へ迎え来る
寒雷やちっとも効かぬ強精剤

作品の中のエピソードがいくつか紹介されている。普段は穏やかな宗匠の扇橋が、烈火のごとく怒った句がある。
句会で佐渡島に渡った時に、ジェットホイルという水中翼船に乗船した。今日は船長のサービスということで、ぐるっと円を書いて回って見せた。これを見て小三治が詠んだ句が、
・ここんとここいつも三度っつ回りますとホイル徳
ご存知、落語「船徳」を詠みこんだ句だ。他のメンバーは大笑いだったが、扇橋だけは何故か怒っていた。理由は「不真面目だ」と言うが、小三治としては納得いかなかった。
もう一句、
・旧姓に戻りましたと秋めく日
この時も他のメンバーからは好評だったが、扇橋は顔色を変えて怒り、「何だいこれは、冗談じゃねえよ」「お前はいつもそうだ」と、何か逆鱗に触れたらしいのだが、小三治には理解できなかった。
「何かありゃがったんだな、きっと」と小三治が書いていたが、今頃二人であの時のことを話しあってるかも。

| | コメント (8)

2021/10/10

柳家小三治の訃報

Photo_20211010182101

柳家小三治の訃報。以下、スポーツニッポン新聞社 2021/10/10付記事より引用。
落語家で人間国宝の柳家小三治(本名・郡山剛蔵)さんが7日、心不全のため東京都内の自宅で死去したことが10日分かった。81歳。東京都出身。一般社団法人落語協会は発表した。
落語協会が10日、公式サイトで「当協会顧問の柳家小三治(本名:郡山剛藏)が、令和3年10月7日(木)午後8時、永眠いたしました(81歳)。故人の遺志により密葬にて執り行われました。お別れ会の予定はございません。謹んでご冥福をお祈りいたします」と伝えた。
柳家小三治事務所も「柳家小三治(本名・郡山剛蔵)は令和3年10月7日20時、心不全のため満81歳にて永眠いたしました。生前のご厚誼に深く感謝し謹んでお知らせ申し上げます」とコメントを発表。「最後の高座は10月2日、府中の森芸術劇場での『猫の皿』となりました。亡くなる当日まで次の高座を楽しみにしておりましたので、突然のことでした」とつづり、「この先予定されていた落語会を心待ちにしてくださっていたお客さまには申し訳なく存じます。また長らくご贔屓いただきましたお客さま、関係者のみなさまには心よりお礼申し上げます」と感謝をつづり、「故人の遺志により過日近親者のみにて葬儀を執り行いましたので、通夜および葬儀・告別式は行いません。お別れの会等の予定もございません」とした。
落語協会の柳亭市馬会長は「つい最近まで、元気に高座に上がっている、と聞いていたので突然の訃報に接し只々、呆然とするだけです。落語史に、大きな区切りの線が引かれたのは、確かです。何事にも迎合することを嫌い、派手を好まず、極めて芸人らしからぬ、孤高の噺家でした。個人的には、師匠先代小さん亡き後、芸について口やかましい事を言ってくれるのは、小三治師匠だけだったので、いよいよ心細く、寂しくなりますが、『もうあんなに沢山、薬を飲まなくてもいいんだな。』と思うと、少しだけほっとします。小三治師匠、長い間、お疲れさまでした。本当にくたびれましたねぇ。どうかゆっくり、お休み下さい。有難うございました」とコメントを発表した。

柳家小三治の思い出は尽きない。
中学の時の親友で落語が上手いのがいて、ラジオ番組「しろうと寄席」に出演したが、鐘二つだった。その番組で高校生ながら、連続合格していた凄いのがいた。その天才少年が、後年の小三治である。
師匠の5代目柳家小さん譲りの滑稽噺の名手で、聴いていて可笑しさがこみ上げてくる芸風だった。
小三治の高座は数え切れないほど観たが、私が聴いた最後の高座は、2019年11月14日の「国立名人会」のトリで、ネタは「粗忽長屋」だったが、本人と遺体が対面する場面は正に抱腹絶倒だった。
心より、ご冥福をお祈りする。

| | コメント (0)

第69回「大手町落語会」(2021/10/9)

第69回「大手町落語会」
日時:2021年10月9日(土)13時
会場:日経ホール
<  番組  >
前座・古今亭菊一『雑排』
入船亭小辰『初天神』
柳亭小痴楽『湯屋番』
柳家さん喬『ちりとてちん』
~仲入り~
隅田川馬石『火焔太鼓』
柳家権太楼『心眼』

9月に3回落語会に行く予定だったが、いずれも家族の通院の付き添いなどの事情で断念。直前だったのでチケットを譲ることも出来ず、勿体ないことをした。都内の寄席も、鈴本演芸場が10月下席から通常の営業に戻るようで、ようやく日常に近づきつつある。
大手町落語会は権太楼とさん喬がレギュラーで、これに2-3名の出演者が加わると言う構成になっている。今回は楽しみな顔付けだった。

菊一『雑排』
東大大学院卒だそうで、一昔前なら、親は嘆くだろうなと思われただろうが、今は事情が変わってきたのか。

小辰『初天神』
小辰の様な「上り坂」の噺家を見るのは楽しい。どんな姿を見せてくれるのかと言う、ワクワク感がある。土下座までして父親にねだる金坊の弾け方を演じて、受けていた。
余談だが、柳家の大名跡で長期にわたり空席になっている談洲楼燕枝を、三三か小辰に襲名させたらどうだろうか。ぴっかり☆が来春、蝶花楼を名乗ることだし。

小痴楽『湯屋番』
起き抜けで、人を笑わせる気分ではないと言いながら、熱演していた。小痴楽は明るさと勢いで見せるタイプなので、技術的な点は無視。こういう人も噺家には必要だ。

さん喬『ちりとてちん』
小辰や小痴楽を見て、自分も若い頃は勢いがあったと語っていたが、さん喬の若い頃の録音を聴くと、今とは随分印象が違う。年齢を重ねながら、自分の芸風をどう変えてゆくかは、それぞれの大きなテーマなんだろう。人情噺に定評のあるさん喬だが、私はこの日のような軽い滑稽噺の方を好む。

馬石『火焔太鼓』
肩の力を抜いた「脱力系」の人、長い手を不思議な形で動かすのが特徴、体が柔らかいんだね。1分で仕入れた太鼓が300両で売れて、有頂天になる主の描き方が上手い。人情噺も得意としているのは、師匠譲りだ。

権太楼『心眼』
マクラで、写真家の大森克己が、柳家権太楼の口演「心眼」の一部始終を写し取った写真集「柳家権太楼 心眼」について紹介があり、今渋谷駅の公園通りで写真のパネル展示がされているそうだ。
このネタの色男の盲人と不器量の女房の組み合わせだが、中学時代に隣にあったアパートの大家が正にその通りだったので、私にはリアリティがある。
主人公の按摩の梅喜は、周囲から蔑まれていたが、客に小春という芸者がいてお互い憎からず思っていた。梅喜は賢妻のお竹の献身には感謝する一方、心の奥で小春と深い仲になりたいという欲望を抱いていたのだろう。それが夢の中で現れてしまい、梅喜自身が慄然となったに違いない。罪の深さを感じた梅喜の、「信心はもうやめた。メクラってぇものは妙なもんだね。寝ているうちだけよーく見える」という幕切れのセリフになったと思う。
と、これは私の解釈だ。
権太楼は全く別の解釈で演じたかも知れない。
演者によって、聴き手によって、様々な解釈がされる、そういうネタである。

| | コメント (0)

2021/09/23

漫才「ホームラン」の勘太郎が死去

Kantarou
漫才「ホームラン」の勘太郎(本名・岡本善陽=おかもと・よしはる)が18日午前零時に死去した。 65歳だった。
勘太郎は小野ヤスシに弟子入りし、1982年に三波伸介の弟子であった相方・たにしとコンビを結成。2006年から落語協会に所属し、寄席を中心に活動していた。
相方の「ホームラン」たにしは、「勘太郎は最高にいい奴で、感謝の気持ちでいっぱいです。いつも心で生きています。」とコメントしている。
また大好きな芸人が一人、世を去ってしまった。ここ2,3年、寄席で顔を見なくなって心配していたが、体調が悪かったのだろう。
結婚式の神父の役で、「あなたは神を信じますか? 私は信じません」のギャグはいつ見ても可笑しかった。
合掌

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021/09/01

柳家三三の「無駄と遠回りと」

月刊誌『図書』9月号に、柳家三三の「無駄と遠回りと、行きあたりばったりと」というエッセーが掲載されている。内容のいくつか紹介と、感想を述べてみたい。
三三と落語との出会いは、小学1年生の頃に両親がみていたTVで「文違い」を聴いたのがきっかけだったと。「文違い」は新宿の遊郭を舞台に、女郎と客の騙し合いを描いたもので、落語の中でも凝ったストーリーになっている。およそ子ども向きとはいえないネタだが、三三は噺の世界に引き込まれ、事の成り行きを物陰から息をひそめて見ているような不思議な高揚感があったと言う。落語好きな人には同じ様な経験をした方がいると思う。私も三三と同じ年頃に寄席に連れていかれたが、落語、漫才、講談など全てが面白かった。だから芸人はジャリ(子ども)だと言ってバカにしてはいけない。廓噺だろうと、色っぽい都々逸だろうと、一流なら子どもでもその良さが分かるのだ。
「落語ってやつは演者の人柄が出る。素直な奴の噺は素直だし、ずるい奴の噺はどこかずるくなる。だから落語の技術以上に人間を磨かなくちゃいけない」とは5代目柳家小さんの教えで、一門はその薫陶を受けて心に留めるものが多いと言う。今の落語界をけん引する噺家に、小さん門下の人が多いのはそのせいだろうか。
落語家として入門してから前座までの仕事は、師匠の自宅に通っては掃除、洗濯、電話番、カバン持ちといった雑用がほとんど。合間をぬって着物のたたみ方、太鼓の叩き方、さらにその合間をぬって落語の稽古。加えて寄席での楽屋働きがあり、楽屋の支度から番組進行の調整、太鼓叩きから出演料を渡すといった仕事がある。何より大事なのは、出演する人たちが楽屋入りしてから出番が終えて帰るまでの手伝い。落語家も十人十色で、それぞれ好みが違う。時には、「どこの弟子だ、何を教わってきやがったんだ」と怒鳴られることもあり、その理不尽さに耐えられない人もいる。面白いのが、こうした理不尽が一体なんの役に立つのか、誰も教えてくれない。
高座に上がって落語を演じることは、暗記したセリフをペラペラしゃべることではない。客の反応という外部の要素によって演じ方は左右される。客が自分の噺にどれくらい興味を持っているか、どの程度理解してくれているかを耳や肌で感じ取り、しゃべる速度や言葉の言い回しを常に微調整しながら演じるという、まさに「ご機嫌を伺う」という稼業だ。この相手の様子を察しながら働くという、これが前座の修行時代に経験する師匠やその家族に受け入れてもらえるように、楽屋の師匠がたが気分良く高座に上がれるように最善の手伝いするといった行為が、何年も経って自分自身に還ってきた、これが無駄と遠回りなのだと。落語のプロとアマの違いっていうのは、この辺りが決定的なんだね。以前に古今亭菊之丞が、アマチュアでもプロより上手い人はいるが、時間(5分、15分、30分と指定されても)で演じることが出来るのがプロの証と言っていたが、その通りだろう。
三三は、前座時代に覚えた噺は6席か7席で、師匠の用事や楽屋の仕事に追われて、「落語なんて、覚えてる場合じゃねえよ」といった具合。ネタ下ろしは、一夜漬けどころかその日漬けも何度もあったという。そうした計画性の無さが、今日まで、そしてこれからといった話は、また機会があったら続きを申し上げるそうで、楽しみに待っていましょう。

| | コメント (0)

2021/08/25

志ん朝を見たかい?

先日のある落語会、後ろの席の中年の男性客ふたり。片方の人はネタ別に演者を評価するノートをつけていて、「どのネタでも、結局は志ん朝が一番になるね」と言った。もう片方のちょっと年下と思われる人が「志ん朝を見てるんですか?」と訊くと、「独演会に随分と通ったよ」と答えていた。片方の人は「僕は見てないんですよ」と残念そうに言っていた。
志ん朝が亡くなったのは2001年だから、今年は没後20年ということになる。寄席に若い女性客が目立つようになったのは2000年辺りだったから、志ん朝を知らない落語ファンも増えてきた。だから、志ん朝を見たなんて、ちょっと得意げになるのだろう。
今日の東京新聞に、志ん朝の思い出について二人の人が書いている。
一人は矢野誠一で、志ん朝が昭和の落語の集大成、古典落語の規範を作り上げた、と語っている。志ん朝のノートを見ると、並の精神じゃない、噺家としての規格を自ら作り、そこに自分をはめ込んでいった気がする、とも。素質があったのは勿論のこと、研究を重ねて自らを鍛え上げていたのだ。
もう一人は水谷八重子で、志ん朝とはメディアの企画で、成人式の若者同士として会ってからの長い付き合い。舞台でもよく一緒で、脚本が遅くセリフが覚えられない時に、「舞台より落語を覚えることが多いじゃないの」と訊いたら、「芝居と違って人に迷惑かけねえもん、自分でやりくりすれば、どうにかなる」と言っていた。志ん朝も若い頃は、舞台や、TVドラマからバラエティまで幅広く活躍していた。水谷が朝さま(志ん朝をこう呼んでいる)に、志ん生襲名について尋ねたところ、「落語家の襲名の口上なんて、周りが言いたいことを言うだけ、そんなことやってられるか」と笑い話で終わったそうだ。
矢野が言っているように、志ん朝は芸のピークで亡くなった。私が高座での姿を見て、志ん朝の異変に気付いたのは、当代馬生の襲名披露公演の1999年9月だから、亡くなる丁度2年前。死後、周囲の家族や弟子たちが志ん朝の病気に気付かなかったと語っていて驚いたが、周りがもっと早く気が付いて上げたらと、そこが悔やまれる。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧